2020年03月11日

「第9期生・卒塾作文」そのK

【Mくんの卒塾作文:私の人生の1/5を過ごしたかけがえのない場所】


私は中学1年の夏くらいに

入塾させていただきました。

星輝進学スクールに入る前は

町にある小さな個人経営で

私しか通っていない塾で

数学を教わっていました。

しかし、あまり成績が伸びずにいたので

もっと熱心でさらに手厚く、

一週間に教えてもらえる回数が多い塾を

探したいと思い、

小松市にある塾のブログを

母と一緒に見ていました。

そこで、

塾名が素晴らしく

家から遠くも近くもない距離にある

星輝進学スクール

という塾を発見しました。



ブログ上で

過去の卒塾生たちの体験談や

勉強だけではない学びについての話、

成績が上がって合格した

などの文を見て、

すぐ母に体験の申込みを

してもらいました。

早くこの塾に入りたい

という私なりの強い意思があったので、

夏期講習から参加したいと

母に伝えました。



塾に入ってすぐの私は

Yくんの隣で授業を受け、

分からない所は

Yくんが教えてくれました。

英語が好きになってきて、

熱心な授業を聞いていくうちに

定期テストでも

点を取れるようになってきました。



ですが、数学については

私が努力もせずに

諦めている状態だったので、

全く成績は上がりませんでした。

もしあの時の自分に会いに行けるのなら、

グーでぶん殴って

「もっと勉強しろ!!!!!」

って言ってやりたいです。



先程までが中学1年の話なので、

これから中学2年の時の話を

していきたいと思います。

中学2年の時は

部活が忙しくなってきて

疲れたということを口実に

なかなか勉強しませんでした。

その状況を見かねた両親が

塾にいって自習をさせるために

送り迎えをしてくれましたが、

私は全くやる気がありませんでした。

今振り返ってみると

あの時の自分は本当に

『クソガキ』

でした。



中学2年の時の話は

良いものではないので、

メインの中学3年の話を

しようと思います。

中学3年になって

模試を受けるようになり、

1回目の結果が返ってきた時

すごく悪かったのを覚えています。
(努力していないので当たり前…)

けれど、

塾では模試の対策をしてもらえて

成績はグーッと伸びました。

しかしそれは

先生の予想した問題が

たまたま模試に出ていただけで、

自分の努力の結果ではないことに

気がつくのも時間の問題でした。



当然、先生の予想が外れることもあって

ガタンと成績が落ちることもあり、

母親に叱られたこともありました。

その時から

私は数学から逃げずに取り組もう

と決意しました。

やり始める時期が遅くても

何とかなるという言葉を

自分に言い聞かせてエンジンをかけ、

スタートできました。

「後悔先に立たず」

とはよく言ったもんだと思います。



模試対策が終わると、

今度はいよいよ入試対策です。

実際の公立高校の入試問題を使って

テストをして

先生が全ての答案用紙を

チェック・採点&添削して下さいます。

最初の入試問題では

運よくA判定をいただき、

少し浮かれました。

しかし私は

これまでの自分とは変わったので、

努力を止めませんでした。

判定は

A→C→A→C→A…

となるような感じで

今もグラついていますが、

頑張っているので

合格したいと思っています。

内容が急に飛んだりしていますが、

私の体験は以上です。



最後に…

今まで優しく教えて下さった先生、

送り迎えやサポートをしてくれた両親、

共に学んだ仲間に

感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にありがとうございました。



3月26日(木)開講『春期スタートダッシュ講座』受講生募集中!!

星輝進学スクールの HPはこちらです
http://www.seiki-shingaku-school.com/
posted by ほりA at 12:35| Comment(0) | 卒塾作文

「第9期生・卒塾作文」そのJ

【Tさんの卒塾作文:報われるまで】


私は中学1年生の時に

この塾に入りました。

一度止めたのですが、

中学3年生の夏期講習から

この塾に戻りました。

約1年ぶりに戻ってきた私を

先生や塾の仲間が

私に自然に接してくれて、

とても嬉しかったです。

また、私は夏期講習を通じて

勉強に対する考え方が変わりました。



私は、

「努力は必ず報われる。」

と思っていました。

けれど、

塾でたくさん勉強しても

塾へ自習に行っても

なかなか努力が報われる実感がなく、

模試でも思うような点数が

取れませんでした。



「私が塾に行っていなかった間、

周りの人たちはこの塾で

一生懸命勉強していたのだから

仕方がない。」

そんな風に思ったこともありました。

けれど、

やっぱり誰にも負けたくなくて、

「努力が報われるのを待つ。」

のではなく、

「報われるまで努力しよう!」

と思いました。



そこから私は

なるべく勉強する時間を増やそうと

自習に行ったり、

今までは学校でおしゃべりをしていた

休み時間に勉強をしたり、

家でも夜まで勉強するようになりました。



また、

冬期講習や

大晦日の年越し大特訓では

自分の全力で勉強に取り組む

と目標を決めて実行することができました。

気持ちに体が追い付かなくなって、

勉強が嫌になってしまったことがあったけれど、

私が諦めずに勉強を続けられたのは

先生や仲間、家族のおかげだと思います。



今、私は受験に対して

あまり不安を持っていません。

落ちるのは嫌だけれど、

今日まで私が続けてきた努力は

どんな形でもきっと

報われると思っているからです。

不安な気持ちでいるより、

当日は笑顔で今までの自分を

信じられるようにしたいです。



そして、

良い結果を持って

先生や仲間、家族に

お礼を言いたいです。





3月26日(木)開講『春期スタートダッシュ講座』受講生募集中!!

星輝進学スクールの HPはこちらです
http://www.seiki-shingaku-school.com/
posted by ほりA at 11:26| Comment(0) | 卒塾作文

「第9期生・卒塾作文」そのI

【Mくんの卒塾作文:星輝進学スクール】


私は9月頃にこの塾に入塾しました。

この塾に入ったきっかけは

友達がすでに通っていたことと、

上の学年の知り合いがこの塾に通い

小松高校に合格していたので、

この塾でなら絶対に

志望校に合格できると思い、

以前通っていた塾では

あまり成績が伸びなかったこともあって

この塾に入りました。

最初は他の人たちとうまくやれるか

心配でしたが、

意外と塾の雰囲気が温かかったので

安心しました。



私は1回目と2回目の

模試の結果がとても悪く、

入塾して初の3回目の模試も

あまり良い結果がでないだろう

と思っていましたが、

前回よりも数十点上がっていて

とても驚いたし、

この塾ってすごいなと思いました。

次の模試でも

さらに数十点上がっていたので

いつの間にか余裕が出ていました。



その後の勉強は

最低限のことしかしなくなり、

自習にあまり行かずの毎日でした。

だから、次の模試では

点数が大幅に下がってしまいましたが、

それでも今までの生活習慣を

変えずにいました。

そして次の模試でも

点数が下がったことで

ようやく危機感を持ち始めました。



その頃は冬期講習が始まるころだったので、

この冬で変えていかなければならない

と強く決心しました。

そして、1日の学習時間を

冬休み中は7時間以上にし、

たまっていた問題集にも

大急ぎで取りかかりました。



そして、年越し大特訓では

寝なかったのでとても疲れましたが、

24時間やりきった達成感は

すごかったです。

このイベントでは

差し入れなどがその日のうちに

食べきれないくらい多くあり、

私たちは色んな人に

支えられているんだと

強く感じました。



しかし、このイベントで

自分の弱さも

見つかったと思います。

このイベントの途中で

理科と英語のテストがありました。

私はあまりそれらについて

勉強していなかったので、

何回も再テストを受けました。

そして、最後の再テストとなった時、

私は

「もう大丈夫だろう。」

と見直しをほとんどしませんでした。

すると、ミスが見つかり

最後まで合格できなかったので

とても悔しかったです。

私の詰めの甘さが見てとれたと思います。



一応、

全教科大急ぎで終わらせた問題集も

イベント中はあまり手を付けずにいましたが、

新年度の授業で

「直しが甘い!」

と先生から指摘を受けました。

やはりまだ勉強への意識が

低かったのだなと感じました。



でも、

冬休みが終わってすぐの模試では

冬の頑張りがあったおかげか、

点数が上がっていて

とても嬉しかったです。

しかし、

小松高校にはあと一歩だったので

もっと頑張ろうと思いました。



そして、1月末には

私立の入試がありました。

私は小松大谷を推薦で受けましたが、

そこでは入試の成績に応じて

ランク付けされるという制度があります。

去年受験生だった人から聞いた話では

「Aランク以上だったら

 小松高校は問題ないけど、

 Bランク以下だったら

 ちょっとヤバイかも…。」

ということでした。

親との相談もあり、

Aランク以上だったら

小松高校を受けるという話になりました。



しかし、問題が起こりました。

結果を見るとBランクとなっていました。

私の頭の中は真っ白になりました。

だから、いろんな人に相談しました。

学校の先生は、

「それは大谷の結果だから

 気にすることはない。」

と言い、

親は

「仕方がない。」

と言い、

塾の先生は

「志望校は変えてもいいけど、

 緊張の糸だけは切らすな!」

と言いました。

私は塾の先生の意思に従い、

志望校は下げるが

緊張感だけは切らさないことにしました。



ここからは今まで以上に

勉強するようになりました。

すでに過去問演習が始まっていましたが、

最初は点数が取れずにいましたが、

それでも徐々に300点越えが

当たり前になってきましたが、

どの教科も点数の上下が激しく、

安定しませんでした。

この問題を完全に克服することは

難しいと思いますが、

残りわずかな日を大切にし、

後は当日の運に頼ろうと思います。



私は入塾してからの7ヶ月間は

とても密度の濃い時間だったと思います。

自分の甘さやさぼり癖が

よく分かりました。

過去を悔やんでも仕方ないと思いますが、

もうちょっと早くから

本気になって勉強していれば

第一志望校だった小松高校に

余裕を持って受験できたかもしれません。

でも、自分が行くことになる高校で

最後まで諦めずに頑張って

良い成績を取りたいです。

そして、毎年

「実りある年になった。」

と実感できるようになりたいです。



3月26日(木)開講『春期スタートダッシュ講座』受講生募集中!!

星輝進学スクールの HPはこちらです
http://www.seiki-shingaku-school.com/
posted by ほりA at 11:07| Comment(0) | 卒塾作文