2020年04月01日

第9期生(令和2年度入試)・合格体験記☆彡

【小松高校に合格】

私は小学5年生の時に入塾しましたが、

その時は小松高校・普通科に

合格できると思ってはいませんでした。

小松高校に合格できたのは、

私の親や先生などの

様々なサポートがあったおかげだと思います。


この塾に入って良かったと思えることは

たくさんあります。

最初の頃の私は

先生から出された宿題もあまりやらず、

やったとしても内容の薄いことを

たくさんしていました。

だから成績はあまり良くありませんでした。

そんな私このことを先生は叱ってくれました。

その時はあまり感じませんでしたが、

今はとても有り難いことなんだなと思っています。


中学3年生になってからは

とても時間が早く経ち、

夏休みは私の大好きな野球を

一切しませんでした。

冬休みではより真剣に

勉強に取り組みました。

その時に蓄えた知識は

入試までの残り2週間となった時に

とても頼りになりました。


先生や親にはとても感謝しています。

先生は私のダメなところには

一生懸命注意してくれたり、

良いところはさらに

伸ばすようにしてくれました。

親には私の勉強や体調の

サポートをしてもらいました。


私は最初この塾に入る時は

いやいや来ていたけれど、

中3になっていくにつれて

毎日自習に来て

勉強をすることができました。

この塾に入って良かったと思いました。

ありがとうございました。


小松高校合格・Mくん☆彡



【合格の裏側】

僕は小松高校理数科に合格しました。

僕は中学3年生の7月まで

理数科を目指していました。

しかし、夏休みになると

「理数科に入ってついていけるのかな?」

という不安が募り、

理数科を諦めていました。

それでも、

きっぱりと諦めることができず

いつも理数科か普通科かで

迷っていました。


2月末、

僕は一回目の願書を

普通科で書きました。

しかし、

親との相談もあって、

2回目の願書は

締め切りの1日前に

併願科に書き換えました。

僕は志願変更をしようと思った日に

堀江先生に電話をかけました。

僕ははじめ

「何でもっと早く言わないんだー!!!」

と怒られると思っていました。

しかし、先生は

僕の志願変更について

一切怒ることなく、

「がんばれ!」

と励ましてくださいました。


それから僕は改めて気を引き締め、

理数科合格を目標に

さらに勉強を頑張るようになりました。

でも僕は、

石川県総合模試で

理数科はいつも努力圏でした。

最後の模試でも努力圏でした。

しかも、今年は理数科の志願者が

62人もいて、

3人に1人が落ちてしまう状況でした。

だから僕は

合格は不可能に等しい

と思っていました。


そして迎えた入試本番。

1日目は国・理・英、

2日目は社・数のテストを受けました。

1日目も2日目も

先生が今までに教えてくださったことが

そのまま出題されたり、

その応用問題が出題されたことで

どんどん点数を稼ぎ、

合格をつかみ取ることが

できたのだと思います。


僕は塾の先生、家族、学校の先生、友達など

たくさんの方々に支えられてきました。

これまでの支えが1つでも欠けていれば

合格はできなかったと思います。

支えてくださった方々には

本当に感謝の気持ちでいっぱいです。


僕はこれから

社会で役に立てる人間になれるよう

高校でもさらに研鑽を積み、

日々精進していくことを誓います。

今まで本当にありがとうございました!!


小松高校合格・Sくん☆彡



【受験を終えて】

入試1日目は少し緊張しましたが、

自分のペースで解くことができました。

2日目は数学が全くできませんでした。

今までできていた問題も解けなかったので

テスト中に合格できないかもしれない

と思いました。


合格発表まで不安でしたが、

自分の番号があった時はほっとしました。

その時はあまり嬉しいとは

思いませんでしたが、

先生に報告するうちに

実感が湧いてきました。

合格できたのは

先生のおかげだと思います。

先生が例年より多く過去問を使って

前日までたくさんのことを教えてくれたので、

自信を持って本番に臨むことができました。

また、理科では

自分や先生が予想した単元が出るのか

楽しみでした。(実際に出たものもある)

数学が解けずに焦っている時も

いつも時間ギリギリまで

授業をしてくれる先生の姿が浮かび、

まだ諦めてはいけないと思い

最後まで見直しをしたり

難しい問題に挑戦したりすることができました。


小松高校に合格しましたが、

テストの点数は良くありませんでした。

直前に解いた過去問の点数とは

全然違って驚きました。

私はギリギリで合格したのだと思います。

すでに他の生徒とは

差がついてしまっているのだと思います。

志望校に合格したからといって安心せず、

中学校の復習もしておきたいです。


高校受験は先生のおかげで

乗り越えられたと思います。

高校の勉強は大変だと思いますが、

自分の力でも

成長していけるようになりたいです。

そのために先生が指摘してくれたことを

忘れずに勉強したいです。


私は高校受験を通して

家族や友人など色々な人たちに

支えられていたことを実感しました。

色々な人たちが助けてくれたことを

無駄にしないような

高校生活を送りたいです。


小松高校合格・Mくん☆彡



【大きな前進】

僕はたった今、

小松高校の合格発表に行ってきました。

普通科の掲示板を見ると

僕の受検番号はちゃんと載っていました。

1年前の僕の状況を思い返すと

この結果を手にすることは

できなかっただろうと思います。


試験当日と合格発表の日、

僕はあまり緊張しませんでした。

自分でも不思議なほどに

心に余裕を持つことができました。

それは、1年間

小松高校合格

そして

その先の目標に向かって

一生懸命努力できたからだと思います。

だからこそ、

どんな解答を書こうが

どんな結果になろうが

全てを受け入れる

心の準備ができました。


試験前日に

先生が解説して下さった問題に似たものが

本番に出て、

大きな自信にもつながりました。

「これ、昨日やったやつだ!」

と声に出してしまいそうになるほど

驚きました。


僕は合格していることが分かった時、

喜びを感じたのと同時に

周囲の人への感謝の気持ちを

伝えなければと思いました。

これは先生が教えて下さった

人間として大切なことです。

僕は父や母、学校の先生や堀江先生に

笑顔で

「ありがとうございました。」

と言えることに

大きな喜びを感じています。

1年間本当にありがとうございました。


小松高校合格・Hくん☆彡



【合格とこれからの生活】

この1年間勉強を頑張ってきたが

無事合格することができて

よかったと思う。

塾で教えてもらったことを

本番でも活かすことができたし、

それがあったからこそ

合格することができたと思う。


合格発表直前では

とても緊張していた。

だから、

自分の受検番号を見つけた時は

とてもホッとしたのを今でも覚えている。

でも、

ここで気を抜いてはいけない。

これからいよいよ高校生となる。

勉強も難しくなっていくし、

これからどんどん忙しくなっていくだろう。

高校での生活を充実したものにするためにも、

今のうちにできることをやっておく必要がある。

そういったことをちゃんとやってから

高校生活を始めていきたい。


小松高校合格・Sくん☆彡



【できるようになったこと】

私は毎日努力し続けることが苦手です。

けれど、この塾に通って自習をしていると

少しずつ勉強し続けることができるようになって、

家で勉強する時間も増えました。


特に頑張ったと言えるのは

最後の1週間だと思います。

全力で取り組めるように、

「あと1週間!」

「終わったら遊べる!」

など、

自分へのご褒美をたくさん用意して

全力で勉強しました。

少ない時でも10時間は勉強しました。

これは、これからの生活への自信に

つながっていると思います。


受験当日、

私は今までの勉強や

先生、周りの人からの言葉を思い出しながら

問題を解きました。

できない所もあったけれど、

自分の力を出し切れたと思いました。

終わった後は

「全力を出せてよかった。」

の気持ちでいっぱいでした。

そして結果は…、合格。

塾に通わず1人で勉強していたら

つかめていなかった結果だと思います。


私は人としても成長できたと思います。

努力を続けること

感謝すること

競い合うこと

など、本当に多くのことを学び

自分のものにできました。

これは一生モノの思い出で

私の宝物になったと思います。


これからは高校生として

今までの経験を活かして

これから通う小松高校を

私にとっての

いい高校にしていきたいです。

今まで本当にありがとうございました。


小松高校合格・Tさん☆彡



【夢の実現へ】

志望校に合格できて本当に良かった。

自分が幼いころから憧れていた

小松高校生になれるからだ。


でも、その前に

自分を応援してくれた人たちに

感謝したい。

自分1人だけの力では

合格することができなかったと思うからだ。

今までの人生の中で1番期待され

励ましてもらったように感じる。

それに応えられるようにと

必死に頑張ることができた。

結果で応えることができたので

少しほっとしている。


しかし、これからの3年間を

無駄にしないようにしたい。

入学できることを目標にせず

卒業して有意義な時間を過ごせた

と実感できるように努力していきたい。

また、今よりも厳しい大学受験で

自分の行きたい大学に行けるように頑張りたい。


これから受験する後輩に伝えたいことは、

「がむしゃらに勉強しろ!」

だ。

見栄えがよくなくても

自分に自信がつくまで

ただひたすらに勉強してほしいと思う。


小松高校合格・Sくん☆彡



【とても長かった道のり】

星輝進学スクールに入ったのは

中学3年の10月頃でした。

入塾してすぐに

石川県総合模試の過去問をしたのを

とても覚えています。

最初は200点も取ることができなくて

小松高校は厳しいかなと思っていましたが、

諦めずに勉強しました。


過去問や実力テストや模試を受けましたが、

最後まで点数が伸びず、

模試ではずっと努力圏でした。

しかし、2月の後半からは

急に点数が伸び、

入試の過去問では

小松高校のボーダーを

越えることができるようになりました。

ボーダーを越えたことは

とても自信になりました。


受験当日は

心は緊張していませんでしたが、

身体がとても緊張していました。

しかし、手応えは

2月後半の過去問くらいはありました。

いつも通りの力を出し切れたと思いました。


合格発表当日は

とても緊張しました。

発表される時間が来ないかを

何度も時計を見ながら待っていました。

最初に掲示板を見た時に

自分の番号があって

とても安心しました。


この結果を得られたのは

この塾に出会えたからだと思っています。

この塾に入ってからは

特別な用事がない限り

毎日自習に行っていました。

毎日自習に行くことができたのは

両親のおかげだと思っています。


今思うと

入塾してから合格発表までが

長いようでとても短かったです。

この塾に入って先生には

勉強以外にも

社会で生きていく上での大切なこと

なども学びました。

合格までの道のりを作ってくれた先生には

感謝しかありません。

面白い先生や塾生と過ごすことができた日々は

一生の思い出です。


最後に、

点数が全然足りなくても

毎日努力すれば

点数が徐々に上がっていくことを実感できたので、

これからも努力を重ねて

この塾で学んだことを活かしていきたいです。

今までありがとうございました。


小松高校合格・Tくん☆彡



【合格して】

自分は今まで合格するために

一生懸命勉強してきて、

その勉強してきたことを

本番で出せたのでとても良かったです。

受験前日は急に自信がなくなって

あまり眠れませんでした。

1日目のテストが難しかったので

2日目の前日もあまり眠れませんでした。

けれど、2日目は

自分なりに力を出し切ることができて

とても満足しました。


合格した今、

心がとても楽になったし、

これから高校生になるということに対して

頑張ろうという気持ちがあります。

自分の受検番号が書いてある紙を見た瞬間に

今まで頑張って良かったという気持ちや、

いろんな気持ちが湧いてきて

嬉しいという気持ちだけでは表せないほど

嬉しい気持ちです。

先生や周りの友達や親など、

今まで支えてくれた人に

感謝したいと思います。


小松高校合格・Sくん☆彡



【入試・合格発表を終えて】

私はこの塾に長い間通っているわりには

塾内で大した成績を残せていなかったな

と感じます。

自分自身、後悔したくなかったし

今まで一緒に頑張ってきた塾生と

合格したいという気持ちで

入試に挑みました。

金沢の高校を受けるため

誰一人知り合いもいなくて、

自分にとってはとても集中して

当日を迎えることができたと思います。


1日目の国・理・英の3教科は

書けなかったところもあったけど、

いつも通りだったと思います。

理科では入試前日に塾で解いた問題と

類似した問題があったり、

先生が予想していた単元があったりと、

結構驚きながら解きました。


2日目の社・数は

とても難しかったなと感じました。

数学は普段解けるような問題でつまずき、

時間をかけてしまいました。

でも、今まで教わったことを思い出し

書けるところはしっかり書けたと思います。


家に帰り自己採点をした時、

とても点数が低くて

これは無理だと思いました。

だから、合格発表までの1週間は

緊張していたけど、

あまり結果のことは考えていませんでした。


そして合格発表当日、

母が金沢まで車で送ってくれ、

一緒に掲示板を見に行くと

自分の受検番号があり、

安心と嬉しさでいっぱいになりました。

色んな人に報告しに行くと

「これから大変やけど頑張れ!」

と言われ、

とても大変になるのだなと思わされました。


こうやって合格でき、

自分の憧れの高校に通えることが

とても嬉しいです。

この塾でたくさんのことを学びました。

その学びを

高校へ行き、社会へ出た時も思い出し、

これからも頑張ろうと思います。


金沢二水高校合格・Hさん☆彡



【受験を通して】

私は正直、合格できると思いませんでした。

私は最初、違う学校を志望していました。

なので、学校の先生には面談で

「難しい。」

と言われました。

塾でやっていた過去問も

最初は点数が上がらず、

どうしようと思いました。


私は中学1年生の時は

あまり勉強しなかったのですが、

そのことを後悔しました。

私は何から勉強すればいいか分からず、

とりあえず塾で配られたワークをやろうと思い、

2回目をしました。

すると、少しずつ

問題を解くことに慣れてきて

理解できるようになってきました。


私立入試が終わり

ひとまず安心したけれど、

自分は志望校のボーダーに届かず

悩んでいました。

そんな時に先生に

国語の作文や記述などを見てもらい、

自分の間違いの癖などが分かり

作文などでも点をとることが

できるようになりました。

その時ぐらいから

少しずつ点数が上がり、

理解できる問題が増えていきました。


私が学校の先生に

「難しい。」

と言われたのに、

ここまで頑張って来れたのは

塾や他の塾生のおかげであると思いました。

他の塾生が頑張っているから

自分も頑張らないといけない

などの気持ちが芽生え、

諦めずに頑張ることができました。


最後に、

私が受験を通して思ったことは

親に感謝しなければいけない

ということです。

月謝や送り迎えなど

親の力がなければできなかったし、

そもそも高校に合格できなかった

と思うからです。

私が

「合格した。」

と言ったら、

「おめでとう。」

と言って喜んでくれました。

これからも感謝を忘れず、

高校でも勉強を頑張りたいです。

また、先生に教えてもらったことを

忘れずにしていきたいです。

3年間ありがとうございました。


小松明峰高校合格・Oさん☆彡



【自分のために】

僕は志望校に合格して安心しました。

初めは安心できるほどの点数には届かず、

2学期の中盤になっても

点数に変化がなかったので、

このまま入試を受けて合格できるのかと

不安で自信が持てませんでした。

だけど、自習に毎日行っていたことが

自信を持つきっかけとなりました。


僕は物事を続けて行うのが苦手でした。

勉強も例外ではなく、

習い事のあった日は勉強もせずに

寝てしまうことが何度もありました。

習い事を休む頃になってから

毎日塾に行きました。

自分にとって楽なことではなかったけれど、

用事のある日以外は塾に通い続けました。

他の賢い塾生たちに比べると

勉強時間は少なくて

集中力もあまり続かなかったけれど、

「自分のために。」

と思い、頑張りました。

苦痛だとは思いませんでした。


何かを続けることは苦手だったけれど、

自習に毎日来ることで

自信を持つことができました。

お昼の長い授業が終わってからも

教室を開けてくださった先生には

感謝しかないです。

ありがとうございました。


小松明峰高校合格・Iくん☆彡




【ありがとう】

私は小松明峰高校に合格しました。

受験が終わった後は

自信に満ちあふれていましたが、

合格発表の直前は

落ちているんじゃないかと

とても不安な気持ちでいっぱいでした。

だから、1月に塾の先生からもらった

合格のお守りを握りしめ、

ずっと祈りを捧げていました。

また、私には

首席で合格する

という目標があったため、

そのプレッシャーとも闘っていました。

合格発表の時

友人と2人で行きましたが、

2人とも合格していたので

嬉しかったです。


こうして私が

高校に合格できた喜びを書いている今、

いろんな思い出がよみがえってきました。

9月に入塾し、

緊張が解れないまま

授業を受けていた自分の姿、

模試の点数が良くなってきて

余裕の表情だった自分の姿、

危機感を感じて

急いで勉強をしだした自分の姿、

受験まであと少しの時に

自分を追い込んでいた姿など、

思い返せばたくさんの思い出があり、

それらは未熟だった私を

大きく成長させたと思います。


小松明峰高校に合格した今、

喜びに満ちあふれていますが、

ここからが本番だと私は思います。

ずっと喜びに浸っているままでは

前へ進めないと思うので、

すぐに気持ちを切り換えて

新たな学校で

新たな仲間と

新たな生活を

送りたいと思います。


今まで支えてくださった全ての人へ…

ありがとうございました。


小松明峰高校合格・Mくん☆彡



【合格発表で】

私は今日の合格発表までの数日間、

どういう結果になるのか

不安で仕方がありませんでした。

不合格だったら

これからどうしたらいいのか

見せられる顔がなくなる

という風にたくさん考えました。

合格だった時のことを考えようとしたけど、

ダメだった時は自分がばかばかしくなるので

考えられませんでした。


そして、合格発表当日。

私は朝、

なかなか起きられませんでした。

高校に着くと

合格発表の準備をしていました。

その時、掲示板が公開されました。

私は遠くから見ていたのですが、

叫んで喜ぶ人もいれば

辛そうな顔をして帰っていく人もいました。

どの姿を見るのも初めての経験でした。

ほんとに一瞬の出来事でした。

ドキドキしながら掲示板を見に行くと、

しっかり自分の受検番号がありました。

その時、理解に時間がかかりましたが、

ほっとしました。

ここ最近まで肩にあった重りが

一気に消えたような感覚でした。


今まで色々あり、

少しサボってしまうこともあったけど、

頑張って来れたので

自分に誇りを持てた気がしました。

塾では先生が

入試に出そうな問題を

予想してくれました。

それらを家で復習したところ、

本当に本番で出てビックリしました。

図形の問題はしっかりできたので

よかったです。


自習もほぼ毎日行って

勉強もしっかりしたので

これらを無駄にしないようにしたいです。

合格してとりあえず安心しましたが、

これからはより自立が求められるので

自分で決めて

自分でしっかりやっていきたいです。


小松明峰高校合格・Kくん☆彡



【受験を終えて】

3月に入り

やっと受験への実感が湧いてきました。

しかし、今まで受けてきた模試や

入試の過去問の結果がパッとせず、

苦手な教科も克服できていなかったため、

なかなか勉強へのやる気を

持つことができずにいました。

目標としていた高校を諦めて

余裕のある高校に志望校を変えたことで

さらにやる気をなくしていきました。


コロナの影響により

塾の授業時間が大幅に増え、

長い時間、

他の塾生と共に勉強しました。

それにより他の塾生が

自分と比べられないくらいの努力をしており、

そういう人たちが良い結果を出すことができる

ということを知りました。

他の塾生の姿を見て

自分も勉強へのやる気を取り戻すことができ、

最後まで頑張ることができました。

受験当日は

先生からもらったメッセージカードを

ポケットに入れて受験に臨みました。


1教科目の国語は

緊張せずに取り組むことができました。

いつも時間がなく

古文を解くことができませんでしたが、

古文まで解くことができ

良いスタートをきることができました。

2教科目の理科は

文をしっかり読めなかったところはあったものの、

勉強したことを活かして

解くことができました。

3教科目の英語は

今までで一番できませんでした。

一番苦手な教科であり、

受験前に克服できなかった

という悔しい気持ちがあったため、

もっと勉強したいと思いました。

1日目は英語で悔しい思いをしましたが、

後悔なく終わることができました。


4教科目の社会は

時間配分をしっかりできませんでしたが、

これまでよりはスムーズに

問題を解くことができました。

5教科目の数学は最後の教科であり

とても緊張しました。

しかし、授業でたくさんの知識を蓄えたので

落ち着いて問題を解くことができ、

できる問題とできない問題を

見分けることができました。

ミスや読み間違いで

点数につながっていない部分も

あると思うけど、

自分が今まで学んできたことを出しきって

問題を解くことができました。


短い時間だったけど、

この塾に通ったことで

たくさんのことを学び

自分の力にすることができました。

まだ不足していることがたくさんあるので

これからも勉強を続けていき、

高校でも様々なことを学びたいです。

今までありがとうございました。


大聖寺高校合格・Yさん☆彡



【合格して思ったこと】

受験する学科が定員割れしていたとはいえ、

最初僕は心配でした。

なぜなら、

僕は点数に波があり怖かったからです。

さらに、1年生・2年生の時は

勉強が嫌いでサボってきたから、

その時に身につけなかった問題が出たら

どうしようと思っていました。

だから、1年生・2年生の時に

身につけなかった問題を

徹底的に復習しました。

そして、目標に向けて

自分なりに頑張りました。


そして入試の日…。

思っていたよりもスラスラ解けて

少し自信が出てきたが、

不安の方が大きかったです。

そして、

その不安を持ち込んでしまったせいか

面接ではテンパって

変なことを言ってしまった時

不安しかありませんでした。


合格発表を見に行って

無事に第1志望に受かったのを見た時

とても嬉しかったです。

さらに、点数を聞きに行くと

自分の中では高い点数が取れていて、

よく頑張ったと思いました。

学力を維持するために

今後も勉強しようと思いました。


高校では授業も機械の実習も

たくさん学んで身につけて、

実習では資格をたくさんとって、

生活に活かせるようにしたいです。

毎日目標を設定して

その目標に向けて頑張りたいです。


部活動でも目標を設定して

その目標を達成できるように

技術と筋肉をつけて

監督の言ったことに素直に取り組んで、

最終的には

チームの頼りになる人になりたいです。


日常生活では

日頃の感謝を忘れずに

親や友達、困っている人がいたら

助けてあげたりお手伝いをしたり、

規則正しい生活をしたいです。


高校生になっても

挨拶と努力と感謝を忘れずに

高校生活を歩んでいきたいと思います。

良い高校生活が送れるように

今から準備をして

最初に出だしからズッコケることなく、

スムーズにいけるようにしたいです。


小松工業高校合格・Yくん☆彡





「成績アップ、小松高校・上位校合格ならおまかせください!!」

星輝進学スクールの HPはこちらです

http://www.seiki-shingaku-school.com/

新規入塾生(新小1生〜新中3生)募集中です☆彡


posted by ほりA at 17:40| Comment(0) | 合格体験記

第9期生(令和2年度入試)・合格体験記(保護者様より)☆彡

【奇跡は起きた!合格までを振り返って】

知人の紹介で

息子は小学5年生の時に

「小松高校合格」

を掲げている

この星輝進学スクールに入塾しました。

私の迷いはありませんでした。

「小松高校合格!」

ただ、当時から息子は

少年野球に入っており忙しく、

泣きながら学校の宿題や塾の宿題をこなしている、

ただやるだけで精一杯の状態でした。


中学生になっても

その状態は変わりませんでした。

野球に没頭し、

何となく試験前にワークをこなす…。

いつになったら

『やる気スイッチ』

が入るのか?

ただただ心配の毎日でした。


中学3年になり、

少し定期テストでは

点数が取れるようにはなってきましたが、

基礎がぐらついているのか

実力テストになると

満足な点数はとれませんでした。


入試が近づくにつれ、

勉強はしていると感じられるものの、

点数はどんどん落ちていき、

模試の結果も努力圏。

私の心は揺らぎました。

不安しかありませんでした。

本当にこのままの志望校でいいのかと

何度も何度も息子に確認しました。


しかし、そのたびに息子は

「小松高校に行くんや!」

と揺らぎない回答。

行ける高校ではなく

行きたい高校に向かって

努力し続けることができたのも

堀江先生の叱咤激励があったからこそ

と感謝しています。


コロナウイルスの影響で

学校が休校になり動揺もしましたが、

最後の最後まで面倒を見ていただき

ありがとうございました。

先生、本当にお世話になりました。


最後に、息子へ…

小松高校合格はゴールではありません。

スタートです。

合格までの苦しい経験が

これからの人生の力になるよう

願っています。


小松高校合格・Mくん(保護者)☆彡




【星輝進学スクールとの出会い】

無事に志望校に合格することが出来て、

今は家族でほっとしています。

こうして今を過ごせているのは

堀江先生をはじめ、

一緒に頑張って勉強した

塾生の皆さんのおかげです。


中学2年生の終わり、

今まで通っていた個別塾から

別の塾に変えることを検討していた時のこと…。

最初は大手の塾を考えていましたが、

偶然に星輝進学スクールの看板が目に留まり、

気になってネットで調べてみました。

指導方針や塾長からのメッセージを見て

良い感触を受けたので、

話を聞いてみたくなり電話しました。

そこで、驚くべきことが…!

堀江先生の声や話し方が

息子が長年通っていた空手の先生と

そっくりだったのです。

「ここだな。」

と思いました。

きっと息子に合っているだろうと

直感が働いたのです。


通い始めると、

小学校時代からの友人も通っていて

他の中学校の子とも仲良くなって

自宅でも塾の話題が増えました。

楽しく通った塾でしたが、

年越し大特訓を境に

塾の雰囲気が変わったと息子が話しており、

周りのみんなの受験に対する姿勢に比べて

遅れをとっている(気持ちが出遅れている)

時期もあったようです。

自主学習に参加する時間が減り、

家にいる間勉強している姿が見えず、

堀江先生にも集中を欠いていると注意され、

心配になった時期もありました。


そして、

いよいよ受験が差し迫った時…。

志願変更締め切り直前に

志望を変えると言い出し、

まず堀江先生に相談しました。

堀江先生の反応を聞いて、

私は安心して志願変更に

賛成することができました。

その後、堀江先生・本人・母の

3人で話し合い、

志願変更するなら気を引き締めて

勉強に向き合わなければいけない

ということを再確認しました。

それから勉強への姿勢が変化し、

志望校合格に向けての

息子の真剣さを感じるようになりました。


入試後も試験の出来に

不安を抱いていた息子の

精神的なフォローをしてくださって、

親にもできない関わりを

していただいたと思っています。

本当に感謝申し上げます。

星輝進学スクールで学んだ時間は

息子のよい思い出、

人生の支えになると思います。

本当にありがとうございました。


小松高校合格・Sくん(保護者)☆彡




【合格おめでとう!成長を感じた1年半】

堀江先生、

1年半という短くも長い、

そして私たち親子とっても充実した

内容の濃い時間を過ごさせていただき

本当にありがとうございました。


学校の課題も遅れがち、

自己表現も苦手…

と、不安な要素を抱えての入塾でした。

きっと塾の先生も

対応に困ることがあるのではないか…

と危惧しておりました。

実際、宿題をしてこないことも多く

手を焼いていたことと思います。


私が悩んでいることを

こっそり相談させていただいた時も、

親身になって話を聴いて下さり、

先生も息子に対して

様々なアプローチを試して

対応して下さいました。

たくさんのご迷惑やお手数を

おかけした私たち親子でしたが、

最後まで見捨てることなく

ご指導いただけましたこと、

大変感謝しております。


今回、志望校合格という結果を

得ることができました。

ここがゴールではなく、

これからさらに大変な生活が

待ち受けています。

「ここで教えたことは

 高校入試を乗り切る

 ということだけではなく、

 高校入学後も自分の力で

 十分にやっていけるように

 育てたつもりです。」

という先生のお言葉…。

その言葉と学んできたことを胸に

この先の困難を

乗り越えていってほしいです。


入試前にいただいた一人一人への

手書きのメッセージカード…。

先生の温かい気持ちと応援を

このような形にまで

していただいたのを目にした時、

目頭が熱くなりました。

そして、そのメッセージカードを

制服の胸ポケットに忍ばせていたのを

たまたま見つけた時、

思わず号泣してしまいました。

この子は先生の想いと応援を胸に

試験に挑んできたのかと思うと、

はっきりとした意思表示は最後まで

できなかったのかもしれませんが、

「ちゃんと先生に心を開いていたのだろうな…。」

と感極まりました。

学力だけでなく心も成長できた

1年半だったと思います。

卒塾生として胸を張れる人になれるよう、

これからも成長していってほしいです。


星輝進学スクールと堀江先生の

さらなるご活躍を

お祈りいたしております。

本当にありがとうございました。


小松高校合格・Mくん(保護者)☆彡




【息子のブレない気持ちを信じて】

星輝進学スクールへは

小6の3月から入塾しました。

大手の塾とも考えた時もあったのですが、

最初に堀江先生と

面談させていただいた時の印象と

息子の様子と少人数であるということで

入塾を決めました。


実際、3年間通塾して

集中力のない勉強が苦手な息子でしたが、

1・2年生の頃は

「塾に通う」

「中間・期末テストで点数を取る」

を目標としていたようです。

そして、

受験生という3年生になった当初も

なかなか腰が上がらず、

私たちはやきもきし、

「志望校を下げた方が…。」

とさえ思いました。

そんな中でも堀江先生は

息子の入塾の時に話していた

「小松高校へ行く!」

という言葉を信じて下さり、

「最後まで諦めずに。」

と言われたので、

私たちも息子のブレない気持ちを

信じてきました。


受験とは

勉強することももちろんですが、

メンタルの強さ

ブレない信念

も合格のためには必要なことだと

改めて感じました。

無事合格でき、

将来へのステップを

1つ進むことができました。

堀江先生には

息子の3年間を支えて応援して下さり

感謝しております。

ありがとうございました。


小松高校合格・Sくん(保護者)☆彡



【堀江先生と出会えて】

合格の知らせを受けた時は大変嬉しく、

安堵の気持ち・感謝の気持ちで

いっぱいになりました。


中学3年の夏休み、

周りの同級生は受験勉強に入っている中、

息子は毎日の部活動や

学校・塾(以前通っていた)での

たくさんの宿題に追われ、

成績も志望校合格には程遠く、

精神的・体力的にも疲れていました。

本人も一体どうすればよいのか

分からない状態でした。


2学期に入って間もない頃

不安感が増したのか、

「このままでは自分がダメになる。

 別の塾に行きたい。」

と口に出すようになりました。

でも、あと入試まで残り4ヶ月…。

どこの塾がよいのか探していた時、

「神様は息子を

 見放していなかったのでしょうか…?」

と思えるほどの

星輝進学スクールとの出会いでした。


前の塾では

自習に行くこともためらっていた息子が

自ら自習へも毎日通い、

受験勉強に対しての意識も変わり、

以前とは全く違うものになっていくのが

目に見えて分かりました。

しかし、努力がなかなか成績に反映せず、

最後の最後まで点数が伸び悩み続けて

毎日どんなに悔しく不安な気持ちを

持っていたかと思います。


そんな中、

先生はいつもお声をかけて下さり

その温かさに救われ、

どんな時も背中を押して頂いたことで

諦めずに挑戦できたのだと思います。

もう少し早く先生の塾へ通わせてあげていれば

また違った受験生活を送れたのに

と悔いが残ります。


入塾して5カ月足らずと短かったのですが、

先生や仲間の皆さんと出会い、

毎日塾に行くことが楽しく、

共に歩ませて頂いた時間は

きっと本人の宝物となり、

一生忘れないでしょう。

最後まで諦めずに挑戦した小松高校。

合格をつかみ取った時の気持ち、

みんなに支えられてここまで来た

という感謝の気持ちを忘れずに

ここからが新たなスタートとして

頑張っていくことを信じています。


本当なら息子が高校生になっても

指導していただきたいくらいです…。

堀江先生と出会い幸せな息子です。

感謝の気持ちの言い表しようもありません。

本当にありがとうございました。


小松高校合格・Tくん(保護者)☆彡



【息子の頑張りと成長】


まず初めにお礼を言わせて頂きます。

4ヶ月という短い期間でしたが、

先生ありがとうございました!!


10月下旬、

塾へ行くことに

前向きではなかった息子を連れて

体験授業に行った日のことが

昨日のことのように思い浮かびます。

私が一方的に決めてしまったので、

「嫌がって勉強しなくなったらどうしよう…。」

と不安に思っていましたが、

体験授業の後、

「授業が分かりやすくて、面白かった!!」

という言葉を聞き驚きました。

あんなに前向きではなかったのに、

入塾してからは自習の日も含め

1日も休まず通い続け、

志望校に絶対合格したいという気持ちが

日に日に強まったように感じました。


先生のご指導のおかげで

自分にも自信がついてきたようで、

入試当日は不安よりも

合格できる自信の方が

大きいように感じました。

そして…、志望校合格!!

短期間でこれまで成長できたことは

これからの息子にとっても

良い財産になったと思います。

また新たな目標に向けて

頑張ってほしいです。

本当にありがとうございました!!


小松高校合格・Sくん(保護者)☆彡



【4年間お世話になりました】

娘が入塾したきっかけは

一つ上の息子がお世話になっていた事、

そして小学生の頃から

「金沢の高校に行きたい!」

と志望校の決めていたので

一緒に行くことを勧めました。


最初は人見知りが激しくて

先生にはかなり

気を遣わせてしまいました。

今では信じられないですが

懐かしい思い出です。


中学になってからは友達もでき

楽しく塾には通っていましたが、

なかなか成績が上がらず

何度も志望校を変えることも

話していましたが、

本人の意思は強く

心配な日々が続きました。

そんな時でも

志望校を変えず頑張れたのは

先生の叱咤激励のおかげです。


合格発表を一緒に見に行き

娘の受検番号を見つけた時の感動は

忘れられません。


塾を4年間続けて来れたのは

この塾の仲間の存在

頑張って合格していく先輩たちの姿

などもありますが、

一番大きかったのは

いつでも勉強できる環境と

いつも親身になってくれた

先生の存在です。

本当に4年間

ありがとうございました。


金沢二水高校合格・Hさん(保護者)☆彡



【我が子の成長】

先生、塾生の皆さんに感謝します!

何事にもやる気を表に出さない子ですが、

初めて目標に向かい進んでいる

我が子の姿を見ることができました。


入れる高校に進学できればよい

という気持ちで

2年ちょっと通塾していた娘が、

中学3年の夏期講習あたりから

自宅での学習時間も増え

自習にも自主的に行くようになり、

何か変わってきたなぁ

と感じるようになりました。


2学期に入り

自分の実力以上の高校に志望校を変え、

成績も徐々にですが上がっていきました。

おそらく、

努力すれば結果もついてくると

本人が実感したと思います。


この努力が出来たのは

先生からの熱意あるご指導を受け、

塾生の皆さんが日々頑張っている姿を

目の当たりにして

刺激を受けたからでしょう。

この3年間、

本当に色々な経験をして

我が子の成長を感じられました。

大変お世話になり、

ありがとうございました。


小松明峰高校合格・Oさん(保護者)☆彡




【悔しさと大きな自信を胸に】

息子は9月に入塾しましたが、

それまでも

兄の友人や自分の先輩や同級生が

星輝に入っていて、

星輝のことは

よく知ってはいたと思います。

それでも以前の塾に通っていて、

中3の春に

「星輝に入らないの?」

と聞いた時も

今の塾で良いという答えでした。


しかし、夏期講習の時に

「今の塾、やっぱり変えたい。」

と言い出しました。

春頃にその塾の塾長が変わり

先生たちと生徒の私語が多く

集中できないという事と、

成績も思うように上がらない

という理由でした。

「塾を変えるならすぐにでも変えないと!」

という時期で、

本人の希望もあり

星輝に入ることになりました。


星輝については

様々な話を聞いてはいましたが、

最初は不安も大きかったのではと思います。

年内に終わらせる問題集も

「年内なんて絶対ムリ!」

と言っていましたが、

12月に猛然と進め始めて

終わらせたことには驚きました。

そのままの勢いで

入試まで頑張ってほしかったのですが、

塾以外、家での

勉強の少なさにじれったい思いで、

「もっと本気でやれば

 もっと出来る力が絶対にあるはず!」

と言っていました。


「小松高校を受験したい!」

という気持ちはあったはずですが、

「そこへ必ず行くんだ!」

という信念を持ってはいなかった

という気がしています。

時々、

「松高行って何するのか?

 何のために行くのか?」

と言っていて、

「高校で目標を見つけた時、

 松高なら選択肢が広がる。」

など話していましたが、

納得はできなかったのかもしれません。


入塾面談の時から先生が

「志望校は松高から下げずに

 頑張ったほうが良い。」

と言っていた事は

ずっと心にあったと思います。

志望校を最後に明峰に決めてからも

気を抜かずに勉強していたのも

先生の言葉があったからだと思います。


先日、入試の点数を確認して

「この点数なら

 松高に入れたかもしれない!」

と分かった時、

初めて悔しい思いを

したのではないかと思います。

この時の悔しさを

ずっと忘れないでほしいです。


兄からは

「どの高校へ行くかということより、

 高校で何をするかが1番大切だ。」

と言われていましたが、

この先後悔しないよう

頑張ってほしいです。

自分でも絶対無理だと思った

年内に終わらせるべき

問題集を終わらせたことや

年越し大特訓を皆で乗り越えたことは

大きな自信になったと思います。



この塾では先生に

勉強以外のことも沢山教えて頂き、

とても感謝しています。

「こんなに熱意のある先生がいるんだな…。」

といつも思っていました。

この経験はこれからの人生にも

必ずプラスになると思うし、

私自身にとっても

この半年はとても勉強になりました。

本当にありがとうございました。


小松明峰高校合格・Mくん(保護者)☆彡





【息子が成長した中身の濃い1年】

この1年間、

本当にありがとうございました。

無事、明峰高校に合格することができて

息子共々感謝の気持ちでいっぱいです。

ちょうど1年前、

息子は以前から別の塾に通っていましたが、

伸び悩んでいて

今後のことを考えた時に、

お隣の方から星輝進学スクールを

紹介していただきました。


体験に行くとすぐに

「ここに行く!」

と、その場で入塾を決めました。

前の個別式の塾とは違い

星輝はみんなで目標に向かっていく事、

1人じゃないという安心感、

そして何より楽しいと言っていました。

だから、

休みたいと言ったことがありませんでした。

星輝でたくさん学び、

たくさん経験し、

色んな話を聞いて話して、

メンタルもずっと支えてもらって、

とても中身の濃い

成長した1年になったと思います。


先輩のお母さんから聞いたのですが、

「塾は安心のお守りだよ。」

って言われた事が

今本当に身にしみて分かります。

試験前、

親子で不安になってしまった時も

今まで塾でこれだけ頑張ってきたから

“絶対に大丈夫!!”

って息子にも自分にも言い聞かせました。

もし不安になったら

「塾長の顔を思い出して。」

と試験の日も送り出しました。

私たち親子の力強いお守りでした。

ありがとうございます。

それから、

突然の学校休校という事態に

塾の時間を大幅に増やして対処して下さり

心から感謝しています。



今、息子の笑顔を見られるのは

星輝進学スクールの塾長のおかげです。

1年間お世話になりました。

本当にありがとうございました。


小松明峰高校合格・Kくん(保護者)☆彡




【兄弟2人とも最後まで頑張れました】

合格発表の日、

本人から結果を聞くまで

ドキドキで仕事も手につかなかったのが

昨日のことのように思い出します。


長男も通わせていただいて

次男も同じように行きたいと

お世話になりましたが、

入塾当初は

どうしても兄弟を比べてしまい、

全く勉強しない次男にイライラを

ぶつけてしまったこともありました。

(本人はマイペースにやっていたそうですが…)


先生の授業が

楽しく分かりやすかったので

最後まで頑張れたと

兄弟2人とも話していたのを

思い出します。

ありがとうございました。


これから

自分で決めた高校で自信を持って

また目標を探して

頑張ってほしいと願っています。

長い間本当にお世話になりました。


小松明峰高校合格・Iくん(保護者)☆彡




【貴重な時間を過ごせました】

入塾したのは中学3年生の10月。

3年生になってから

何回か塾に行くことを勧めていましたが、

なぜか塾に行くことを嫌がり

自分なりに勉強をしていました。

嫌がっていた理由は

プライドだったそうですが…(笑)


部活を引退するまでは

部活中心の生活で

進路のことも考えられず、

引退した後も

なかなか志望校が決まらずに

何となく勉強をしていた中、

ようやく第1志望を小松高校と決めた時、

「やっぱり塾行った方がいいかなぁ?」

と言ってきたので、

それならと

「去年まで息子がお世話になった

 堀江先生に、娘も…。」

と思い、入塾させてもらいました。


周りの子は何年も前から

塾に来ている子ばかりで、

ちゃんとついて行けるか

塾に馴染めるか心配でしたが、

塾の雰囲気が良かったみたいで

いつも帰りの車では

塾でのことを楽しく話しながら

帰っていました。


勉強の方は思ったより伸びず

ギリギリまで悩みましたが、

不安なまま小松高校を受験することを諦め、

大聖寺高校を受験することに決めました。

少し気が抜けたところがありましたが、

塾に行くと

みんな受験に向けて

勉強している姿を見て、

「自分も頑張らないと!」

という気持ちになれたと思います。


娘は

「高校でどれだけ頑張って

 勉強するかが大事なんだ!」

とよく言います。

自分で選んだ高校で

中学で思うようにできなかった勉強を

どれだけ頑張ってくれるか

今から期待したいと思います。


堀江先生には昨年に引き続き

今年もお世話になり

ありがとうございました。

勉強はもちろん、

それ以外のことも教えていただきました。

5ヶ月という短い期間でしたが、

先生と塾の仲間と

受験までの貴重な時間を

最後まで一緒に過ごせて

良かったと思います。


大聖寺高校合格・Yさん(保護者)☆彡




【葛藤の日々を乗り越えた末の合格】

合格の知らせを聞いた瞬間、

これまでの日々が

走馬灯のように思い出され

感慨深いものになりました。

息子にとっても私にとっても

色々ここまで来るのに

本当に葛藤の日々でした。


前に通っていた教室の先生の勧めもあり、

「この塾でならやっていける。」

という息子の言葉で入塾を決めました。

しかし、思春期のあおりをまともに受け、

周囲の言葉が

全て息子には屈折して聞こえ、

分かっているのに

思いと裏腹に

認められない葛藤が続き、

一時期は塾に行くことさえ

危ぶまれることも多々ありました。


もう無理なのかと

親の私が諦めかけたことも何度もあり、

退塾させようか

あるいは

退塾するように言われても仕方ない

と覚悟しながらも、

堀江先生には何度となく

相談させていただきました。


先生は親身になって聞き入れ、

息子ともじっくり向き合い、

息子自身にどうしていくのかと

自分で道を決めていくチャンスを

何度も与えてくれました。

周囲の子よりは

なかなか勉強に身が入らず、

誰よりも先生に

気苦労をかけてしまったかもしれません。


でも、勉強はもちろんのこと

そうやって熱く子供1人1人に向き合い、

その子の特性をしっかりつかんで

最後の進路決めまで

じっくり考え指導してくださったおかげで

今の合格をつかみ取れたのだと思っています。

また、勉強以外でも

精神的な成長もさせていただきました。


今後もその学びを活かしながら

自分の道をしっかり見つめて

頑張ってほしいと思います。

3年間本当にありがとうございました。


小松工業高校合格・Yくん(保護者)☆彡






「成績アップ、小松高校・上位校合格ならおまかせください!!」

星輝進学スクールの HPはこちらです

http://www.seiki-shingaku-school.com/

新規入塾生(新小1生〜新中3生)募集中です☆彡


posted by ほりA at 17:26| Comment(0) | 合格体験記

2019年04月16日

第8期生(平成31年度入試)・合格体験記☆彡

【志望校合格】

僕は志望校に合格することができて、

とても良かったです。

中学校1年生の時から塾に通い始めましたが、

あの時は自分が小松高校に合格できるとは

思ってもいませんでした。


中学3年生の受験直前期、

初めは全然点数を取ることができなかった過去問も、

だんだん点数が取れるようになり、

自分が苦手だった教科の点数も上がってきました。

最初は平均点以下だった英語も少しずつ伸びてきて、

受験当日ではとても良い点数を取ることができました。

たくさんミスをして

とても不安だった数学もそこまで悪くなく、

全体では過去問でも

取ったことのない点数が取れたので、

とても嬉しかったです。


僕は中学校1年生の時、

この塾に来て本当に良かったと思います。


小松高校合格・Yくん☆彡



【息子の成長】

塾に通い始めた頃のことを思い出すと、

息子は本当に成長したなぁと感じます。

1年生の1学期のテストがあまりに悪く、

「このままいったらどうなるんだろう…?」

と思っていた時に、

たまたま見た星輝のチラシ。

「こんな成績で進学塾なんて…。」

と思いながら

夫に電話してもらったことを思い出しました。


息子は塾に行くことにはやる気があったけど、

家で宿題をするということができず、

塾に行く時間のちょっと前に思い出し、

ギリギリまでやって結局できずに忘れていくと。

あまりにも酷かったのか、

先生と3人で話したこともありました。

それ以来、ちょっとマシになったのかな?(苦笑)


だんだんと塾に行くことにも慣れて、

いつも

「ちゃんと宿題した?」

と聞いていたのが、

いつの間にか聞くこともなくなり、

自分なりに勉強するようになり、

自分から塾に行くようにもなりました。

本当はもっと塾に行きたかった時も

あったと思いますが、

家の都合で行けなかったり…。

その時は家で勉強すると言いながら、

したりしなかったり…。

部活の遠征などで授業に行けなくて

ご迷惑をおかけすることもありましたが、

別の日に教えていただいたりして、

本当に有り難く思います。


勉強も理解できずに

嫌になるかと思いましたが、

理解して分かって好きになったようでした。

特に数学は、問題が解けることで

だんだん楽しくなっていたと思います。

苦手な英語も、ちょっと遅かったですが

入試の1ヶ月くらい前に

長文が読めるようになったことを

息子は私に自慢げに話してきました。


最初から最後まで、

第1志望は小松高校できましたが、

親としてはずっと

「本当に大丈夫なのか?」

という思いはありました。

塾でのテストの結果も、

石川県総合模試も、

いつも努力圏。

でも本人は、

「次のテスト頑張る!」と、

いつも前向きだったので、私は

「自分が行きたいと思う高校を受験して、

 ダメやったらダメやった時。」

と、最後の方はよく息子と話をしていました。

入試前の特訓は本当に良かったと思います。

最後のテストでようやくボーダーラインを越えて、

それでだいぶ自信がついたのではと思っています。


先生にはたくさん塾生がいるのに、

最後までお付き合いしていただいて

感謝しております。

小松高校合格で

少しは恩返しできたかなぁと思います。

色々気にかけて下さって

本当にありがとうございました。


小松高校合格・Yくん保護者☆彡



【今の気持ち】

合格発表当日、

小松高校に行くまでめちゃくちゃ緊張しました。

合格と分かった時は嬉し過ぎて飛び跳ねました。


最初、この塾に入った時は

本当に小松高校に行けるか心配でした。

模試を5回受けてきて、

1回目から4回目までは

小松高校の合格判定は努力圏で、

正直焦っていました。

でも、最後に受けた模試で

可能圏になったことは大きな強みになりました。


先生は、自分が分からない所を

しっかり教えてくれました。

最後の最後まで

私たちのことを応援してくれました。

本当にそれも強みになりました。

私は小松高校を受験することを諦めなくて

本当に良かったです。

めちゃめちゃ最高な気分です。

これからも勉強を頑張り、

目標に向かって前進していきたいです。


小松高校合格・Hさん☆彡



【最初で最後の高校受験】

中2の冬休み、

何人かの友達に誘われて

6箇所の塾へ体験に行きました。

最後に体験授業を受けて娘が選んだのが

星輝進学スクールでした。


入塾当初、志望校を受験するには

芳しくない成績でした。

「合格したいなら塾に来るだけでなく、

 家でも時間を上手く使って

 自主的に苦手分野に取り組むように。」

と言われたにも関わらず、

長らくテレビ・ゲーム・SNSに費やす時間が

少しも減らない娘の家での様子に、

バトル&ストレスの日々でした。


そんな中、

一緒に入塾した友達がやめた時は、

「私もやめる。」

と言い出すのでは…と危惧していましたが、

「私はやめない!」

と男子ばかりの塾生の中、

しばらく女子1人でも通い続けました。

とは言え、中3の夏休み、

はたまた冬休みに入っても、

“受験生”の自覚はあるのか?!

と思う状況で、

模試の判定も毎回努力圏。

今の実力で入れる高校でいいから、

塾もやめればいいと娘に話したこともありました。


堀江先生にはお手紙やお電話で

娘の様子を相談…、

と言うより愚痴に近かったかもしれませんが、

その都度、励ましやアドバイスをいただき、

娘に対しても前向きな言葉をかけて下さり、

見守ってくださっていることを知り、

ありがたいと思い、

気持ちの整理をしたりしました。


楽しみにしていた年末大特訓は、

娘にとっても親にとっても

思い出深いイベントでした。

これを機に、

娘の気持ちが変わったように思います。


学校の三者面談では、

「志望校受験は厳しい。」

と言われていたけど、

娘は最初から最後まで

一度も志望校を変えませんでした。

やっと2月以降、

家でも“受験生”の顔つきになって

頑張りだしました。


堀江先生、

入塾以来ずっと娘の気質を

いいように見て下さり、

信じて応援し続けて下さり、

ありがとうございました。

お陰様で娘は、最後には頑張る力になり、

チャレンジできる自信を

持つことができたのだと思います。

娘が迷いなく志望校受験を決めたことを、

「勇者ですね。」

と言ってくださったことは、

一年近く色々な思いをしてきた私自身、

我が子を見直す気持ちになれ、

ほんのり嬉しくなりました。

また、中学3年生までが対象の塾であることに触れ、

「可能な限り塾生と高校3年間の分も

 充実した関係が築けるよう努力したい。」

との思いで指導しておられると聞いて、

尚、星輝進学スクールの堀江先生と

ご縁があって良かったと思っております。

親子共々大変お世話になりました。

娘の

「小松高校へ行きたい。」

との難関突破を叶えることができ、

本当に良かったです。


娘は入学してからも大変でしょうが、

これまでの粘りと意志を持って、

素敵な高校生活を過ごせるよう

努力してほしいと思います。

1年とちょっとの間でしたが、

本当にありがとうございました。

感謝!


小松高校合格・Hさん保護者☆彡



【この1年間で努力したこと】

私は第1志望だった

小松高校に合格できたことに、

今でも大きな喜びと驚きを感じています。

入試直前までは特に緊張することもなく、

いつも通りで本番もいようと思っていました。

けれども、いざ受験会場に行ってみると、

とても多くの受験者がいたことや、

待ち時間の静けさに圧倒されました。

そして、少しばかりか緊張しました。


1日目の試験が終わった後は

少し不安が残りましたが、

無事最後まで問題を解ききることができ、

2日目も心残りすることなく解くことができて、

ある程度良い結果が出せると思いました。

合格発表までの1週間、

少し不安はあったものの、

試験では自分のできる

精一杯のことを出し尽くせたので、

自信もありました。

あの時は、

落ちたらどうしようという不安よりも、

合格したいという思いの方が

強かったと思います。

そして合格したことが分かった時、

とても喜びました。

今でも信じられないくらい、

合格したことに驚いています。

そして、やっと肩の荷を下ろすことができ、

心の底から安心することができました。


受験では全員が

第1志望の高校に受かるとはできません。

だからこそ、合格するために

この1年間この塾で頑張ってきました。

私はこれからも

この塾で学んだことや経験を活かして、

高校でも頑張りたいです。


小松高校合格・Hくん☆彡



【堀江先生、感謝!!】

小松高校合格の報告に伺った時の

堀江先生の喜び方を見て、

本当に心配していただいていたんだ

と思いました。

中学1年生の頃から

小松高校を目指していた息子でしたが、

なかなか成績も伸びずの状態でした。


星輝進学スクールには

中学3年生から入塾させていただきました。

前の塾では先生と合わずに

やめてしまいましたが、

堀江先生とはとても相性が良かったのか、

夏休みからは自習も含め、

ほぼ毎日塾に通いました。

おかげで学習する習慣が

身についたと思います。


レベルの高い高校に行くと、

勉強することが当たり前だ

という人がたくさんいて、

そのことでいい刺激になってくれればいいな

と思っています。

小松高校に入れたことは

ゴールではありません。

これからが色々な意味で

スタートになっていくと思います。


星輝進学スクールは1年間だけでしたが、

とても充実した時間が過ごせたと思います。

本当なら息子が高校生になっても

指導していただきたいくらいです…。

堀江先生には大変お世話になりました。

ありがとうございました。


小松高校合格・Hくん保護者☆彡



【合格までの道のり】

合格発表で自分の番号を見つけるまでは

緊張しましたが、

見つけてからは

合格できて嬉しいと思いました。

合格するまでの道のりで、

中学1年生の時に周りの人の影響もあり、

小松高校を目指すようになり、

最初の頃はあまり点数が良くなかったです。

ですが、両親が叱咤激励してくれたおかげで、

中学2年生の時に部活を頑張りつつ

勉強を頑張ったことで

大きく成績が伸びました。


中学3年生の時に

星輝進学スクールに入って、

3年生の学習内容を先にすることで、

定期テストでさらに良い点数を

取れるようになりました。

初めての模擬試験では“可能圏”で、

少し不安になっていました。

しかし、塾長が励ましてくれて

嬉しかったです。


2学期からは入試必勝講座があり、

それを通して公立入試の問題について

色々なことを知り、

どのような対策をすればよいかなどを

学ぶことができました。

しかし、秋はスランプに陥って

点数が下がってしまったことがありましたが、

塾長や家族に励ましてもらい、

入試に対して不安はありませんでした。

そのこともあり、

入試直前では調子を取り戻して

点数が上がりました。

そして、入試当日は少し緊張しましたが、

入試が始まったら緊張せず、

いつもの調子で受けることができて

合格しました。

ここまで来れたのも、

この塾と両親のおかげだと思っています。


最後にアドバイスですが、

入試だからといって不安にならず、

前向きに地道に努力をしていくことが大切です。


小松高校合格・Mくん☆彡



【息子の思い出の塾】

初めは塾の授業についていけるか

心配でしたが、

先生の授業は分かりやすく、

楽しかったようで、

心配もすぐになくなりました。


それに加えて、

年末大特訓という

大晦日からのお泊り勉強が

一番の思い出になったようでした。

「24時間勉強?!そんなにできるの?!」

と初めは思いましたが、

「私も子供の頃にこんな塾があったらなぁ…。」

と、息子がうらやましかったです。


受験イコール猛勉強ではなく、

先生と世間話などをして、

テストの点数が下がった時でも、

次は頑張る気持ちになれるよう

精神面でも支えて下さり、

本当に感謝しております。

息子が合格した時は、

「先生の言ったことを

 きちっと守ったから合格できた。」

と言っていました。

色々とご迷惑をかけたと思いますが、

本当にありがとうございました。


小松高校合格・Mくん保護者☆彡



【星輝進学スクールで大きく成長できた】

僕は必死に勉強をして、

何とか小松高校に合格しました。

テストの結果は347点であり、

あまり納得はいってないけど、

得意な英語で苦手な国語を

ある程度カバーできたので、

その点に関しては

とてもよくできたと思いました。


僕が勉強を必死に始めたきっかけも、

9月のテストで

いい点を取れたからであるし、

そのテストでいい点を取れたのも

星輝進学スクールで

勉強を頑張ったからです。


僕が入塾したのは

中学2年生の3月であり、

春期スタートダッシュ講座を終えた時点では

入塾するかどうか迷っていました。

ですが、今思うと、

入塾していなければ

絶対に後悔していたと思います。

僕は勉強だけでなく、

成長するきっかけなどを与えてくれた塾長に

本当に感謝をしています。


高校に行ったらできれば塾には行かず、

自分の力で勉強をし、

塾長にいい報告ができるように

頑張ります。

1年間でしたが、

本当にありがとうございました。


小松高校合格・Yくん☆彡



【小松高校合格までの道のり】

息子は星輝進学スクールに、

中2の3月から通い始めました。


最初は、

「明峰のアドバンスに入れたらいいなぁ。」

「自分でしっかり勉強できるようになるといいなぁ。」

と思っていました。


息子が星輝進学スクールに

通い始めてすぐに、

「ここの塾で勉強したら、

 小松高校へ行けるって確信した。

 でも僕は明峰に行くけどね…。」

と言いました。

堀江先生の授業が

分かりやすくてそう思ったようです。

でも、まだその時は、

小松高校に行こうと思っていませんでした。


夏休みになって、

長い時間塾で勉強し、

充実した夏休みを過ごしました。

しかし、8月下旬のテストでは

成績が思うほど上がらず、

「あんなに勉強したのに、無駄やったなぁ〜。」

なんて言っていました。

ところが、

9月下旬の確認テストで成績が上がり、

学校での順位も上がりました。

そこから勉強のスイッチが入り、

意欲的に勉強を始めました。

元々、数学と英語は得意でしたが、

理科と社会があまり得意ではありませんでした。

9月下旬から、

理科と社会の整研を

全部ノートにまとめて勉強し直しました。

家にあった模試の過去問の理科と社会を

繰り返しやりました。

すると、理科と社会でも

点数が取れるようになってきました。


実力テストでも少しずつ順位が上がり、

最後の実力テストでは

過去最高順位までいきました。

塾での過去問演習でも、

小松高校のボーダーを超えるようになり、

普段通りに受験すれば大丈夫

と思えるようになりました。

入試直前の2ヶ月は、

「今日は模試の理科と社会を

 もう1回ずつやって、

 社会の年代を見直そう。」

とか、毎日自分で考えて勉強しました。


勉強のスイッチが入ったこと、

自分で考えて勉強できるようになったこと、

堀江先生の指導のおかげです。

土曜日や夏休み、冬休みに長い時間、

勉強を見て下さったおかげで、

家でも長い時間

勉強できるようになったのだと思います。

年末大特訓で24時間勉強したのも、

やりきったという満足感でいっぱいでした。


「新幹線はか〜り〜あ〜げ〜。」

「いか、たこ」

など、

堀江先生に教えてもらったことを唱えながら

家でも勉強していました。

勉強を頑張れるようになったのは、

まさに堀江マジックです。

そして、楽しく勉強できたこと、

いつも一生懸命に教えて下さったこと、

本当に感謝しています。

息子はきっと、

小松高校でも勉強を頑張り続けます。


小松高校合格・Yくん保護者☆彡



【高校受験を終えて】

私にとって受験は初めてのことであり、

多くの心配がありました。

試験は一度きりなので、

今まで以上に勉強し、

自信をつけることが大切でした。

しかし、勉強してもすぐに結果は出ず、

繰り返すことが必要で、

苦しい時がありました。


最後の模試では、

第一志望であった小松高校の判定は

“再検討”で、とても落ち込みました。

ですが、入試直前にはすでに迷いはなく、

自信のある自分がいました。

うまく精神的に乗り越えることもでき、

本番では力を出し切り、

自分の中ではかなりの高得点を取って

合格することができました。


合格したことを知り、

たくさんの人の期待に応えられたと

安心しました。

しかし、この高校入学は

ゴールではなくスタートだと常に思い、

高校、大学、そして社会人になっても

今までに学んできたことを活かして、

これから先につなげていきたいです。


小松高校合格・Uくん☆彡



【御礼】

日増しに春らしい陽気となってまいりました。

堀江先生にはますますご清祥のことと

お喜び申し上げます。


この度、息子が

無事に受験を終えることができました。

お陰様で小松高校に合格することができ、

本人も家族もとても喜んでおります。

これもひとえに、

堀江先生の厳しくも温かいご指導のおかげと

心より感謝いたしております。


塾の皆さんと、

愛情のこもったカツカレーや差し入れを食べての

年末大特訓を過ごしたことや、

バスケの試合や運動会へ応援に

来てくださった事、

いつも熱い先生に出逢えて、

高校受験の思い出の1つとなりました。

1年間本当にお世話になりました。

ありがとうございました。


小松高校合格・Uくん保護者☆彡



【高校受験は新たなスタート】

私は小松高校理数科に合格したのは、

本当にこの塾に通っていたおかげだと思いました。

入試1日目、

私は苦手だった国語と

得意だったはずの英語で

とても苦戦しました。

自分でも焦ってはいけないと

分かっていても、

問題が全く解けず、

集中して文章を読むことができませんでした。


1日目が終わってから少し落ち込みました。

でも、もう過ぎてしまったことだったので、

私は気持ちを切り替えて

2日目に挑むことができました。

そのおかげで、2日目では

自分の実力を出すことができました。

特に2日目の数学では、

塾での成果を出すことができたと思います。

私が合格できたのは、

この数学のおかげだと思います。

国語・英語で

かなり点数を落としてしまったけど、

数学でカバーできました。


でも、

「受かった。」

と喜び、浮かれて

勉強を放棄することは間違いだ

ということは自分でもはっきり分かっています。

実際、私は

今までの過去問を解いてきた時の

合計点数と比べたら、

今年は喜べない点数だったし、

国語は過去最低点数でもありました。


高校受験で合格したことは、

ゴールではなく新しいスタートです。

なので、私は今のままではいけないと実感して、

浮かれずに、

「これからもっと勉強を頑張ろう!」

とやる気を出すことができました。

新しい高校生活で、

よいスタートを切れるように

春休み中頑張っていきます。


私はこれから受験する人たちには、

合格したからといって

浮かれてほしくないし、

不合格だからといって

自分を責めたり

自棄になってほしくもないと思います。

高校に入ってから、

自分の努力次第で

周りの人に抜かされたり、

追い越すこともできます。


なので、私も努力を重ね、

周りの人を追い抜いて、

高校でもトップを目指したいです。

この塾に入って本当によかったです。

ありがとうございました。


小松高校合格・Kくん☆彡



【姉弟2人の思い出の塾】

「勉強しろ。」

とは絶対に言わないでおこうと決めて、

子供たちには言ってきませんでした。

(私自身、勉強をあまりしてこなかったので)

良い高校や大学を出たからといって

人生成功するとは限らないからな!!

と、半分は負け犬の遠吠えみたいなことも

言っていました。

でも、姉のM時も今回の弟Hの時も、

合格が分かった瞬間、

「これで今日からぐっすり眠れる〜!!」

と、心の中で嬉し泣きしていました(笑)


姉Mの高校受験までの過程は、

ほぼ本人主導で進んでいきました。

中学2年生の冬、

「塾行きたい。」

と言い出したので、

ちょうど新聞の折込に入っていた広告を

2枚用意して、

電話して…と、

ここまでは覚えているのですが、

あとは本人が自分で考えて

入塾を決めたと思います。


親として、

「勉強は教えられないけど、

 食事と送迎くらいは

 ちゃんとやればいいかな。」

程度で考えていたのですが、

「ほぼ毎日授業だけでなく自習を

 夜10時までやるのー?えぇー?!」

といった感じで、

「眠たいわ〜。疲れたわ〜。」

と思いながら駐車場の車の中で

待っていることもありました。


姉M自身あまりイベント的な事は

好きではなかったはずなのに、

年末大特訓にはやる気MAXで、

「あなたいつからそんなキャラになったの?

 案外イベント好き?」

と思いながら、

余計なことは口に出さないで、

受験まで姉M主導で、

私はひたすら指示を待って動く

という状態でした。


で、一方、弟のHはというと、

中学3年生の夏は遊びまくり。

受験の空気感0(ゼロ)でした。

(一応、勉強机の前の壁に、

“第一志望 小松高校理数科 合格!”

とは自筆で書いて貼ってありました。)

寒くなり始めた11月頃、

「このままやと理数科無理やわ…。」

と弟Hがポツリ。(遅っ!!)

「じゃあ塾行ってみる?」

「どうすっかな〜?」

「無料体験授業行ってみたら?」

「…う〜ん…。」と…。

あんた、一体何がしたいの?どうしたいの??

みたいな感じでした。


決め手は姉Mの、

「友達作りに行くんじゃないんやぞ。

 行くんなら他の塾より星輝に行け!!」

という言葉でした。

無料体験授業を受けて即、星輝デビュー!!

その後も、

「すげー集中できる!」

「今度のテストで1位取れるかも。」

と言うかと思えば、

「今回のテストの点数ゴミや…。」

とか

「もう理数科やめる。」

「もし普通科やったらモチベーション保てんわ…。」

などなど、メンタル激弱発言連発で、

私の方が参ってしまいそうでした…。


今まで勉強してこなかった親として、

気の利いた事を言えるはずもなく、

「小松高校行けるだけでもすごくない?」

「理数科にこだわらなくてもいいんじゃない?」

と、できるだけ心が

重くならないようにするのが精一杯でした。


入試では、数学で

自分の納得がいく戦い方ができ、

星輝で特訓した成果も実感でき、

弟Hも(ギリギリ)理数科に合格できました。


堀江先生!!

本当にありがとうございました!!

姉Mと弟Hの

大学受験の報告もさせていただきます。


小松高校合格・KさんKくん姉弟保護者☆彡



【塾で得られた人生における学び】

僕は星輝進学スクールで、

人生における

受験の重要性や大変さを学びました。

この学びを忘れずに、

この先の人生を

過ごしていきたいと思います。


最初は勉強が嫌で嫌で、

受験なんかやりたくなかったけれど、

問題を解くことで得られる快感を

次第に覚えていき、

本番でも楽しんで

問題を解くことができました。

結果は無事に志望校に合格でき、

今は達成感で一杯です。

本当にありがとうございました。


小松高校合格・Sくん☆彡



【成長】

僕はこの塾に入って

勉強はもちろん、

色々な面で成長できました。


僕が最初に塾に来た時、

とても楽しいと思いました。

なぜかと言うと

たくさんの難しい問題を解いた後、

先生が丁寧に深いところまで

解説をしてくれたからです。

そのことによって

たくさん理解できて、

勉強が本当に楽しい

と初めて感じることができました。


学校では教えてくれなかったことや

初めて知ることがたくさんあって、

この塾に来てよかったなと

強く思いました。

周りの塾生たちは

みんなとても頭がよくて

負けたくないと思ったり、

会話をあまりしなくても

お互いに刺激し合って

とてもよい環境で勉強ができたな

と思いました。


この塾で一番思い出に残っていることは

年末大特訓です。

正直最初の頃は

年末大特訓はキツイだろう

と思っていました。

しかし、やってみると

全然辛くなくて

楽しんで勉強ができました。

気がつけば時間が結構経っていて、

本当に充実した時間だったな

と感じました。

年越しの時には

クラッカーでその瞬間を楽しんだり、

みんなで初日の出を見て

写真を撮ったりして、

今思えば最高な時間だったと思います。

やり終えた後には達成感があり、

とても気持ちがよかったです。


この塾に入ってから

成績がとても上がりました。

何度も過去問をして

少しずつ慣れてきて

細かい所のミスなども減ってきました。

そのちょっとしたミスが減ったことでも

成績がとても上がりました。


僕は最初、

自分の志望校には

点数が全然足りていませんでした。

しかし、点数がとても上がっていって

志望校に合格することができました。

僕は本当にギリギリだったけど、

先生から言われたことを意識して

ミスをできるだけ少なくすることで

何とか合格できました。


先生には本当に感謝をしています。

僕が勉強をしたいと思ったのも

先生のおかげだし、

本当にたくさんのことで

僕を変えてくれたと思います。

この塾に来なかったら今頃は

勉強を全然していないと思います。

だからこの塾に来て

本当によかったです。


これからも

色々な壁に当たると思いますが、

この経験を活かして乗り越えたいです。

今まで本当にありがとうございました。


石川高専合格・Tくん☆彡



【やらされモードからやる気モードへ】

入塾してから今まで、

あっという間でした。

入試対策への目的で

通い始めたのですが、

最初はなかなか

勉強の習慣が身につかず

不安でいっぱいでした。


先生からは目標達成への

意識の無さをズバリ指摘され、

そこから少しずつ

本人のやる気や真剣さが出てきました。

やらなければ成果は出ない。

当たり前ですが、

やらされモードから

やる気モードへ切り替わった途端、

ものすごいスピードで

課題への取り組みが始まりました。


また、よい刺激でもあった

同じ塾生たちとの問題の解き合いで、

自信や達成感が生まれ、

楽しめるようにもなってきました。


根気よく短期間で

内容の濃い指導をして下さった先生には

大変感謝しています。

この塾での経験がなかったら、

志望校には合格していなかったと

本人も言っていますし、

私もそう思います。

本当にありがとうございました。


石川高専合格・Tくん保護者☆彡



【信念】

僕は小松明峰高校に

合格することができました。

合格するまで、友達に

「無理だろ。」

とか言われたり、

1.36という高い倍率を見て

頭を抱えたり、

模試で合格圏にいかなかったりなど、

色々な困難がありました。


そんな困難な状況でも、

僕が合格できたのは

先生のおかげです。

僕が志望校を変えようか

迷っている時に、

先生が

「絶対に志望校は変えるな。

 変えるとお前は頑張らなくなる。

 今は辛いかもしれないけど、

 膝を曲げている時だから、

 いつか高くジャンプできる!」

という言葉をかけてくれました。

だから僕は志望校を変えませんでした。


そして、先生の言葉を聞いてから、

より一層努力をしたことで、

入試本番では

今までの模試や学力テストで

取ったことのない

300点以上を取ることができ、

小松明峰高校に合格できました。


この受験を通して、

僕は他人からどれだけ反対されたり、

自分が設定した目標が高くても、

自分の信念を曲げることなく

突き進んでいくことの大切さを知りました。

だから、高校生活でも

この受験から得られた物を大切にして、

自分の夢を叶えます。


小松明峰高校合格・Nくん☆彡



【堀江先生へ】

中3の夏期講習から8か月間、

お世話になり、

ありがとうございました。

夏期講習で自分の実力が分かり、

諦めるかなと思いました。

夏期講習が終わってからも

休むことなく星輝に通い、

年末大特訓を越えられたのは

友達がいたからだと思います。


問題が分からずに、

家では部屋の床を足で蹴り、

壁には5つも穴が開きました(苦笑)

時折、

「問題、自分で解けた。

 先生の教え方、分かりやすい!!」

と大きな目を輝かせて言ってくれると、

私まで嬉しくなりました。


学校では

「諦めれば?無理じゃない?」

と友達に言われたようで、

「(勉強しなくてもできる)友達が

 うらやましい。

 頭のよい家に生まれたかった。」

と息子から言われ、

どう言ってよいのか分かりませんでした。

成績はぐんと上がりましたが、

目標としている所には

まだ届かずにいました。


2月の終わりに、先生から

「卒塾作文をブログに載せました。」

とお電話をいただき、

切った後にすぐ見ました。

「あの時、息子が言ってたことって、

 こんな気持ちからやったんだ。

 何でもっと息子の話を

 聞いてあげられなかったのか…?」

と思い、泣けました。


まだ学校では、友達から

「諦めたら?」

と言われていたようで、

「学校へ言おうか?」

と聞くと、

「合格して見返してやる。」

と、数ヶ月前より強くなっている

息子がいました。

私は

「友達は心配してくれているんだね。」

と息子に伝えました。


私自身、受験直前で

志望校を下げたので、

息子が(志望校に挑戦しようとする中で)

不安から逃げたくなる気持ちが分からず、

息子は

「俺の気持ち分かるか?分からんやろ!!!」

と言って自暴自棄に。

私は

「分からないし、今日の塾の帰りに

 先生からアドバイスを聞くまでは

 家に帰らないから。車で待っている。」

と息子に伝えました。

先生が(塾に入った瞬間の息子の様子を見て)

そのことを察して下さり、

不安な気持ちを取り除くために、

息子に色々と話して下さいました。

倍率が出て、

志望校を変えようか悩んでいる

本人と私の背中を押して

支えて下さいました。

あの時、志望校を変えていたら、

人生を振り返った時に

一生後悔したと思います。


2月ぐらいから

毎日の送迎が楽しかったです。

ドラマの話、

学校での話、

友達のこと、

勉強のこと…。

素直で楽しく話せました。

とても濃い時間でしたが、

私も星輝進学スクール卒塾です。

ありがとうございました。


小松明峰高校合格・Nくん保護者☆彡



【合格発表を終えて】

合格発表前日の夜、

私は色んな気持ちになりました。

不安というものが大きい中、

自分が志望校に合格しているのを

想像していました。

私立の時とは違って、

自信があったのだろうと思います。


そして今日、合格発表当日、

少しの不安と大きな期待を胸に、

志望校に足を踏み入れました。

何だか、

「周りの人など関係ない。」

「自分は大丈夫だ。」

という強い気持ちになれて、

心強くなりました。

自分の番号を探して見つけた時の喜びは、

きっと永遠のものになると思います。


この塾で学んだことは

勉強だけではありません。

人としての在り方、

仲間と競い負けた時の悔しさ、

その後の仲間を信じる大切さ、

努力をすることの素晴らしさ、

努力をしても伸びない時の考える力。

受験にはもちろん、

日頃の生活やこれからの高校生活に

役立つものばかりです。

本当にありがとうございました。

大嫌いだった勉強を

自分と向き合うためのものに

変えてくれたこの塾の仲間たち、

そしてこの塾の先生への感謝は

一生涯のものになりました。


これから私は新たな道を進みますが、

ここでの出来事は

新たな道に進む勇気をくれました。

私の背中を押してくれました。

人生を変えてくれました。

この塾に通えなくなるのは

とても残念ですが、

ここで過ごした夏休みから今までを

私は忘れません。


小松明峰高校合格・Nさん☆彡



【たくさんの感謝を胸に】

中学1年生の春は

成績が上位だった娘ですが、

部活に熱心になり過ぎ、

気づいた時には

成績は学年の中位に下がり…。

でも娘は、

「私は部活に全てをかけてる。

 部活を中途半端な気持ちでできない。」

と豪語し、

成績不振を全く気にしていない様子でした。


しかし、中学3年生の夏、

運動部の友だちが部活を終えて

受験に気持ちを切り替える姿を見て、

7月末のコンクールまで

部活をしていた娘は

さすがに焦ってきたようでした。

そして、友だちに誘われ

星輝進学スクールへ。


夏期講習に行き始めた

娘の第一声が、

「勉強すごく楽しかった。」

私は

「すごい。よかったね。」

と言って、

目の前が明るくなったのを

覚えています。

それからは

星輝に通うのが楽しそうで、

成績も上がり、

「出来なかったことが出来ると嬉しい。」

と笑顔で話す娘を誇らしく感じました。


また、娘が楽しみに、

そして不安な思いで参加した

年末大特訓では、

堀江先生と塾の仲間、

保護者の方々の差し入れなどのおかげで

何とか頑張ることができました。

眠気と闘い、

先生と仲間に励まされながら

年越しで勉強し、

みんなで見た初日の出は

一生忘れられない

素晴らしい思い出になったことでしょう。


受験では倍率の高さに

驚いてはいたものの、

石川県総合模試と

星輝で受けた過去問の結果で、

体調さえ崩さなければ

絶対に大丈夫と自信を持って

試験に臨めたようでした。


合格発表の日、

私は娘からのラインで

合格を知りました。

信じてはいたものの、

「受かりました。」

という娘からのメッセージを見て、

思わず涙があふれました。

家に帰って、

「おめでとう。

 これまでよく頑張ったね。

 えらいよ、すごいよ。」

と娘を抱きしめると、

それまで笑顔だった娘が号泣…。

それにつられて私も…。

親子で嬉し泣きでした。

こんな感動を味わえたのも、

すべて星輝進学スクールに

出会えたからだと思います。


心を込めて

指導してくださった堀江先生、

一緒に励まし合ってくれた友だち、

そして目標に向けて頑張った娘…。

みなさんに感謝です。

本当にありがとうございます。


でも、これでゴールではありません。

むしろ、ここからがスタートです。

高校生になっても、その先も、

星輝で培った勉強に向かう姿勢と

粘り強く頑張る思いを活かして、

娘には前に進んでほしいと思っています。

これまで本当にありがとうございました。


小松明峰高校合格・Nさん保護者☆彡



【目標】

僕が塾に入った理由は

石川高専に入るためでした。

そのために夏休みの途中から

この塾に入って、

全力で勉強しました。


高専入試当日、

自分の中で解き終わった感覚は良くて

自信もあったので、

落ちた時は相当ショックでした。

模試などの結果から

難しいことは分かっていたけど、

なぜか自分の中には自信がありました。

でもこの結果で自信を全て失って、

次に控えている公立入試で

自分が合格できるイメージが

全く湧きませんでした。


僕はその日、

塾への自習を休もうと思いましたが、

母に強引に連れていかれました。

塾に行くと

先生はもう結果を知っていて、

僕と同じように

石川高専に落ちたけれども

小松明峰高校から努力を続けて

金沢大学に合格した

過去の塾生の話をしてくれました。

僕はその話を聞いて、

“国立大学”という

新たな目標を見つけて、

そのための第一歩である

小松明峰高校を目指して

勉強することを決めました。


限られた時間の中で、

少しずつ入試の過去問の点数を

伸ばすことができました。

そうして自信を少しずつ

取り戻していけたことと、

入試の緊張感を

イメージできたことが幸いして、

1.36倍という高い倍率を

あまり気にせずに

入試に集中することができました。


それでもやはり、

合格発表までの1週間は

とても不安でした。

合格発表当日は

とても緊張しましたが、

自分の番号を見つけると、

全身の力が抜けて

喜びがこみ上げてきました。

点数開示に行くと、

模試でも取ったことがないような

自己最高得点でした。

でも、堀江先生が仰っていた通り、

ここがゴールではないので、

新たな目標に向かって

頑張っていきたいです。


最後に、

今まで支えて下さった堀江先生、

本当にありがとうございました。


小松明峰高校合格・Nくん☆彡



【堀江先生へ】

星輝進学スクールで

堀江先生にお世話になったのは、

中3夏期講習全日程の

3分の1を終えようかという頃からの

8か月間という短い期間です。

しかしながら、

私と息子にとっては

濃密なかけがえのない、

きっと後から後からこのご縁に

感謝する時間になっております。


誰もが経験する

15歳の通過点である高校受験。

日頃の学習で得られている

テストの点数に見合うレベルの高校を志望すれば、

こんなに不安で大変な思いをしないですむことは

本人も親も分かっていました。

むしろ、親の有形無形の期待を感じ取り、

「退くに退けなくしているのではないか?」

「将来的に無理がきて、押しつぶされるのでは?」

と、何度も思い悩みました。

それほどまでに客観的な成果

(学校での定期テスト、実力テスト、

 石川県総合模試での得点や判定)

は一向に得られませんでした。

何なら、最後の一回でさえも。


秋を過ぎ冬を迎える頃が、

親子とも一番苦しい時期でした。

「もう現実を見て、志望校を諦めて、

 でも色んな人生の選択はできるのだから。」

と、塾への送迎の車の中で

何回も話をしたこと。

今思えば、私が先に楽になりたくて

くじけていたのかも。


そんな頃にポツリポツリとですが、

塾での様子や

先生に相談に乗っていただき励まされ、

頑張る気持ちは失っていないことを

伝えてくれる息子を見て、

もう結果ではなく、

この受験期全ての経験が

将来にとって人生にとって

一番大切なんだと気付くことになりました。


目標に向かって

最後まで頑張りぬくことを

今まさに実践している息子が

頼もしい存在となりました。

絶対に1人では成し得なかったことです。

いつも勇気づけて下さる先生、

教室、そこに通う仲間、

全てが息子の力になっていることは

常に感じていました。


小松明峰高校への進学が決まった今は、

感謝の気持ちの言い表しようもありません。

本当にありがとうございます。

本人は今はもちろん、

この結果に大満足で、

さぞかしホッとしていることと思う

毎日を過ごしていますが、

またすぐに壁は来ます。

その時にもがき苦しんでも、

星輝進学スクールで学んだ日々と

先生や仲間の皆さんが

きっと心の支えになってくれると

確信しています。


小松明峰高校合格・Nくん保護者☆彡



【公立高校入試が終わるまで】

僕は公立高校入試までにも

受験を経験してきたが、

公立高校の入試会場は

今までよりもすごい緊張感があって、

自分も緊張していました。

1日目は国語が勝負だと思っていたので、

前の日も過去問を解きました。

けど、国語は教室の暑さと緊張で

前半は焦ってしまい、

もう少しできたと思える内容でした。

続く理科と英語はできたので良かったです。

2日目、一番自信のある社会で

取り返そうと思ったけど、

みんな

「できた。」

と言っていたので、少し残念でした。

2日目が終わった時の

開放感はすごかったけど、

それから合格発表までの1週間は

すごく不安でした。


そして合格発表。

ボードに自分の受験番号を見つけた時は

とても嬉しかったです。

合格したことを親に伝えると、

泣きながら喜んでくれました。

そして、一緒に頑張ってきた友達も

受かっていたので嬉しかったです。


合格できたのは、先生、家族、友達、

たくさんの人のおかげだと思います。

感謝します。

ありがとう。


でも、合格したからといって

気を抜いてはいけない。

これから先には

もっと大きな壁がある。

それを乗り越えるためにも、

努力していきたいと思います。


小松明峰高校合格・Mくん☆彡



【貴重な体験ができた息子】

7月で部活が終わり、

夏休みは多くの友達が

塾の夏期講習などに行く中、

息子は

「塾には行きたくない。」

と言い張り、

気がつけば11月になっていました。

ようやく本人の口から

「塾に行きたい。

 友達の通っている

 星輝進学スクールに行きたい。」

という言葉が出ました。


私はやっと

息子がやる気を出してくれた

と嬉しく思いましたが、

初めての面談の時に堀江先生に

「君には時間がない。」

と厳しい現実を突きつけられました。

そこから塾に通いましたが、

やはり今まで

のんびり勉強していたことを

すぐに取り戻せるわけもなく、

第1志望の石川高専には

程遠い点数でした。


一度は諦めて受けるのをやめる

と言っていましたが、

ギリギリになって

「やっぱり石川高専を受ける。」

と言い出しました。

後から知ったことですが、

堀江先生から

「諦めることは簡単だ…。」

と話していただけたようで、

強い気持ちを持てたようです。


結果は不合格でしたが、

この不合格から

「今度こそ!!」

という一層強い意志を持て、

小松明峰高校に合格することができました。


合格発表には私が怖くて

一緒に見に行くことができず、

車で待ちました。

無口な息子なので、

戻って来るまで

連絡はないだろうと思っていましたが、

12時3分に電話が鳴り、

「合格した。」

と伝えてくれました。

涙・涙で、

何と返事をしたのか

自分でも覚えていませんが、

とても嬉しかったです。


今振り返ると、

もっと早く無理やりでも

塾に行かせるべきだったと

後悔がありますが、

星輝進学スクールで出会った

先生、友達、年末大特訓など、

人生の中で貴重な体験ができて

本当に良かったと思います。

ありがとうございました。


小松明峰高校合格・Mくん保護者☆彡




「成績アップ、小松高校・高専合格ならおまかせください!!」

星輝進学スクールの HPはこちらです

http://www.seiki-shingaku-school.com/

新規入塾生(新小1生〜新中3生)募集中です☆彡


posted by ほりA at 18:11| Comment(0) | 合格体験記