2021年04月05日

第10期生(令和3年度入試)・合格体験記(保護者様より)☆彡

【堀江先生へ】

先生にはお世話になりました。

まずは長男のK。

「塾なんか行きたくない。」

と言っていたKを

「話だけでも…。」

と言って、やっと塾に連れて行きました。

初めて先生と会って話をすると、

すんなりこの塾に入ると言いました。

それからは驚くほど勉強をするようになり、

とても頑張っていました。

受験が終わった後も、

「もっとここで勉強したいなぁ…。」

と言って、

私の方が驚いてしまいました(笑)


次に長女のS。

Sは中3の夏休みの前に、

「Kが行っていた塾に入りたい!」

と言って入塾することになりました。

英語は好きだけれど

数学がとても苦手なSでしたが、

入試の頃には苦手意識がだいぶなくなり、

結果にも表れました。

高校に入ると数学のレベルの高さに

また苦戦するようになり、

「数学だけでもここで勉強したいなぁ…。」

と言ったことがあります。


そして、次女のM。

KとSを見ていたMは、

自分も兄姉と同じ塾に入って

頑張ると決めていたようです。

Kが入塾した時は小学生だったMは、

「MもKとSの塾に入りたいー!」

と言っていたものです。

Mも先生を信頼し、

こつこつと勉強をして

成績を上げることができました。


3人とも口をそろえて、

「先生の授業は分かりやすい!」

と言っています。

「先生の話が面白い!」

とも。

「先生はどんな風に教えてくださるんだろう?!」

私も先生の授業を受けてみたいです(笑)

3人とも塾へ行くのを嫌がらず、

積極的に通っていました。


先生のおかげで3人とも成績を上げ、

無事志望校に合格することができました。

本当にお世話になりました。

本当にありがとうございます。


小松高校合格・Mさん保護者様☆彡



【娘の受験体験記】

我が家では、

5年前に長女の高校受験で

星輝進学スクールにお世話になり、

志望校に合格することができました。

次女も中3の春休みに

塾に行きたいと言い出したので、

迷わず星輝進学スクールに

通わせることにしました。


次女は最初はあまり焦る様子もなく

マイペースにやっているように見えました。

しかし、秋ごろから中だるみが出始め、

お正月明けのテストで

思わしくない結果が出ました。

それからはすっかり自信を無くし、

ナーバスな性格も出てきて、

自分の勉強法ややってきたことが

良かったのかと悩むことが多くなりました。

中でも数学が勉強しても思うように伸びず、

時間ばかりかかり、

他の勉強時間との兼ね合いを

悩んでいるようでした。

親の私もそんな様子を見て不安になり、

「もっとこうした方がいいのではないか?」

と、今思うといらぬお節介を焼いて、

ますます不安を

煽ってしまったような気もします。


そんな時、

今までの模試や過去問の結果などから、

塾長にそんなに心配することはない

という言葉をかけていただきました。

娘は文系が得意だから、

その分野で点を取れば大丈夫だ

ということも言っていただき、

親子で安心することができました。

5教科を塾長1人で見て下さっているために、

的確なご指導をしていただけたと思います。

また、娘の性格を分かって下さっていて

ビックリしたこともありました。

それだけ、生徒一人一人を

ちゃんと見て下さっているのだなぁと思います。


時々、塾長からの楽しいお話があるようで、

それも塾へ行く楽しみの1つに

なっていたようです。

塾長の熱意と言葉かけが

娘のやる気を引き出して下さったと思います。

また、生徒同士を比較することなく、

その子その子のレベルを

引き上げるようにして下さっているように思います。

お陰様で次女も無事志望校に

合格することができました。


受験が終わった今では、

日課になっていた通塾がなくなって、

若干寂しくなったようです(笑)

今は高校の春休みの課題を山のように抱え、

希望に胸膨らませながら頑張っています。

星輝進学スクールで学んだ、

勉強に対する姿勢と努力は

高校生になってからも

活かされることが間違いないようです。

お世話になりまして、

本当にありがとうございました。


小松高校合格・Sさん保護者様☆彡



【「塾には行かん!」と言っていた息子が…】

「塾には行かん!」

と言っていたのですが、

10月から堀江先生にお世話になり、

楽しく通うことができました。

堀江先生の授業はとても分かりやすく、

「行ってよかったわ!」

「堀江先生のおかげや!」

とよく言っていました。


数学は得意だったのですが、

難しい問題になるとしっかり練習しないので、

すごくもったいないなぁ

と思っていたのですが、

星輝進学スクールで色々な問題に取り組み、

先生に分かりやすく教えてもらったことで、

グーンと伸びたように思います。

過去問の練習の時より

入試本番で点数が取れたのは、

本人の自信にもなっているようです。


堀江先生、いつも楽しい授業で

温かく見守ってくださり、

ありがとうございました。

おかげで小松高校に入学でき、

とても良いスタートをきれたと思います。


小松高校合格・Dくん保護者様☆彡



【ありがとうございました】

今回の受験に関して一言述べるなら、

ありきたりですが、

「よく頑張った!!」

です。

昨年の秋の時点では

英語頼みの状態と言っても

過言ではないと思っていましたが、

半年間頑張り続けて、

英語以外の教科でも

点数が取れるようになりました。

特に年明けからの二ヶ月は

頑張っていたと感じます。


同じ目標を持った仲間と

一緒に頑張った経験を糧にして、

今後も成長していって欲しいと思います。

先生、ありがとうございました。


小松高校合格・Hさん保護者様☆彡



【嬉しさでいっぱいの合格】

娘が初めて

友人から勧められた塾に行きたいと言い出し、

貴塾に通わせることになりました。

塾に通いだした娘から、

「授業を受けてみると、

 とても分かりやすく面白い!」

と聞き、

この塾に通わせて良かったと思いました。


受験が近づくにつれ、

いつも以上に勉強に専念している姿を見て、

頑張っているなぁと思う反面、

合格できるか不安な気持ちもありました。

娘の受験を

自分のことのように感じながら

毎日を過ごし、

ご飯は喉も通らず、

夜も眠れませんでした。

そして入試当日。

娘を笑顔で送り出しましたが、

心の中では娘以上に

緊張していた気がします。


結果は…、合格。

嬉しさでいっぱいでした。

娘がこの塾で学んだことは

たくさんあると思います。

ここでの様々な経験が

娘の合格に繋がったのだと思います。


小松高校合格・Aさん保護者様☆彡



【親子共々、感謝しています】

娘が入塾したのは

中学3年生の秋でした。

模試の内容が難しくなり、

受験が近づいて不安になったことから、

堀江先生にお話を聞きに行きました。

そこでまず、

「今、諦めたらダメだよ。」

「高校進学はゴールではないよ。」

というお話を

していただいたことを覚えています。

家には小学生の弟が2人いるため、

集中して勉強する環境が

作りにくいということも

入塾の大きな理由の1つでした。


初めは授業や自習が

長時間であることに驚きましたが、

1人ではこなせない量の勉強を、

塾に通うことで

こなせたのではないかと思います。

冬期講習や年越し大特訓では、

仲間と一緒に頑張ることで

モチベーションを保ち、

勢いに乗って勉強できたようです。

また、堀江先生はじめ、

OBの方々などの温かい応援に

励まされていたようです。

公立入試直前講習や

入試1日目の午後も

塾に行って勉強することで、

不安に負けずに

最後まで頑張ることができたと思います。

娘は長子であり、

母親の私も公立入試を経験していないので、

何の情報もアドバイスもできないところ、

堀江先生には勉強はもちろん、

受験や将来のことについても

色々アドバイスしていただき、

親子共々、大変感謝しています。


小松高校合格・Rさん保護者様☆彡



【楽しく有意義な半年間】

夏休み前の三者面談で担任の先生から、

「石川高専に合格するには

 成績がひと回り足りません。」

と言われ、

夏期講習の途中から

入塾させていただきました。

息子にとって初めての塾ということや、

それまではいつも早寝の生活だったので、

22時までの授業は大丈夫かな?

と思いましたが、

堀江先生の授業は楽しいと言い、

一度も授業を休むことなく、

自習にも意欲的に通えました。

家での勉強時間も以前より増え、

苦手な英語も今では、

「嫌いではない。」

と言っています。


お陰様で成績も以前より安定してきて、

石川高専の推薦をしていただき、

(運よく)合格することができました。

他の受験生たちはこれからが本番、

ガッツリ死に物狂いで

勉強していることと思います。

合格はしましたが、

せっかく身についた勉強習慣を続けて、

程よく肩の力を抜きつつ、

これからも頑張ってほしいものです。


堀江先生とお話すると、

温かい人柄と熱い情熱が感じられて、

安心してお任せできました。

半年間、本当にお世話になり

ありがとうございました。

一緒に学んだ塾生の皆さんも

ありがとうございました。

皆さんの志望校合格を

心からお祈りしています。


石川高専合格・Iくん保護者様☆彡



【長かった一年間】

入塾してから1年という

短い時間でしたが、

振り返ってみると

想像を超えた長い一年でした。

3月の突然の緊急事態宣言に始まり、

解除されても

緊張の中の生活が続きました。

通塾についても

子供と相談しながらの日々でした。


夏休みも短くなってしまい、

部活が再開されると

8月末まで休むことなく頑張っていました。

しかし、夏期講習は

課題に追われるだけの日々でした。

部活が終わると

英検準2級の試験を受けたいと、

英検の勉強を始めました。

合格はできましたが、

受験勉強は…。

本人もとうとう焦りだした時には

既に点数も落ち始め、

尚更焦り、

忘れ物も多くなり、

また焦り…と、

精神的にバランスもとれない状態でした。


進路希望で先生と本人と保護者で

お話させていただく機会があり、

先生から本人の勉強に対する甘さを

指摘されました。

それ以降、

本人も気持ちの入れ替えが出来たようで、

勉強時間も集中力も変わり、

心も安定した状態で

受験の日を迎えることができました。

極力、口出しせず、

自分で気づいてもらえるように

接していましたが、

もっと早くに先生に相談していれば

と後悔しております。


また、個人の個性をつぶさないようにと

仰っていただき、

対応してくださいました。

感謝しております。

一年の経験により自信がつき、

今後目の前に大きな壁があっても、

よく見れば花柄の壁に見え、

乗り越えることが楽しくなる景色が

見えるといいなと思います。

ありがとうございました。


小松明峰高校合格・Kさん保護者様☆彡



【合格おめでとう】

1年間本当にありがとうございました。

無事に小松明峰高校に合格することができて、

堀江先生、塾生の皆さんに

感謝の気持ちでいっぱいです。


入塾当初から

「小松高校に行きたい。」

と頑張っていましたが、

成績がなかなか思うように上がらず、

本人は不安な気持ちだったと思います。

ギリギリになって

小松高校を受験することを諦め、

小松明峰高校を受験することに決め、

少し気が抜けたのか、

家で勉強する姿が減り、

心配になったこともありました。


合格発表を一緒に見に行き、

娘の受検番号を見つけた時の感動は

忘れられません。

本当にありがとうございました。


小松明峰高校合格・Kさん保護者様☆彡



【息子の大きな宝】

拝啓
陽春の候、

堀江先生におかれましては

ますますご清祥のことと

お喜び申し上げます。


お陰様で息子Sが

小松明峰高校に合格することができました。

最後までどうなることかと

心配しておりましたが、

合格することができ

今は安堵しております。


入試数日前にも

ベッドで漫画を読んでいる姿を見て、

心配を通り越して

笑ってしまうこともありましたが、

昨年先生にお会いしてから1年で、

息子は本当に成長したと思います。

中学3年生になるギリギリ前での入塾で

時間も全然足りないのに、

それでもここまで成績も上がり、

勉強のやり方も一から教えていただき、

息子をここまで成長させていただいて、

本当に感謝しております。


勉強嫌いだった息子が塾に通うようになり、

少しずつですが

勉強も楽しんでいたように見えました。

性格上、字を書くスピードが遅く、

それも原因でなかなか成績が伸びないと

本人もイライラしている時期もありましたが、

それでも諦めず頑張ってこられたのは

先生のおかげだと思っております。


最後の最後まで漫画やアニメは我慢できず、

寝る時間が遅くなり、

寝不足で疲れたと言う日もありましたが、

塾に行きたくないと言ったことは

ありませんでした。

授業時間後の先生との談笑のことも

いつも帰りの車の中で

嬉しそうに話していました。

ほぼ毎日のように

塾にいっていましたので、

今は

「何をしていいか分からない。」

と言っております。


この一年間、

先生と過ごし学んだ時間は

息子にとって

とても大きな宝になると思います。

そしてこれからまだまだ続く

人生の糧になることでしょう。

本当にどうもありがとうございました。

末筆ながら、

堀江先生のますますのご活躍を

お祈り申し上げます。

敬具
令和3年3月23日


小松明峰高校合格・Sくん保護者様☆彡




「成績アップ、小松高校・上位校合格ならおまかせください!!」
星輝進学スクールの HPはこちらです
春期無料体験(新小4生〜新中3生)受講生募集中です☆彡

posted by ほりA at 16:30| Comment(0) | 合格体験記

第10期生(令和3年度入試)・合格体験記☆彡

【学んだこと】

私は合格発表の日の正午までのドキドキ感と

合格者の受検番号が書かれている掲示板で、

自分の受検番号を見つけた時の嬉しさは

一生忘れないと思う。

先輩などから、

「受かった時の嬉しさは

 経験したことがないぐらいのものであり、

 今までの勉強や努力は

 無駄ではなかったと思うことになる。」

ということを聞いていたが、

その気持ちを経験した今の私からすれば、

全くその通りだと思った。

この結果こそが

今まで努力してきたことが実る

ということだと実感した。


今思うと、このような気持ちになったのは、

しっかりと努力して

コツコツと勉強したからなのだ

と思っている。

もし、この“合格”が

努力もせずに得たものだとしたら、

今回のような

忘れられない気持ちになることは

なかっただろう。

だから、努力をして得た結果は

一生心に刻まれるのだと感じた。


私が特に努力したと感じているのは、

年が明けてから

毎日塾に来て勉強したことだ。

これが二ヶ月間も続けられたのは、

一緒に努力してきた仲間と

支えてくれた家族がいたからだと思う。

一緒に努力している仲間がいることで、

「みんなが頑張っているから、自分も!」

という気持ちができていたし、

支えてくれる家族がいることで

自分は集中して勉強に取り組めたのだと思う。

だから、私は一緒に努力をしてきた仲間と

支えてくれた家族に

感謝の気持ちでいっぱいだ。


また、私は堀江先生にも

感謝の気持ちでいっぱいだ。

なぜなら先生は私の成績を上げるのに

たくさんの手を貸してくれたからだ。

過去問のテストを

先生が丁寧に採点してくださったことで、

自分の間違いやすい所や

苦手な所が正確に分かったし、

先生が勉強以外の話を

してくださったおかげで、

私は勉強に対するモチベーションを下げずに

学習に取り組むことができた。


受験とその結果からは、

たくさんのことを学ぶことができた。

これからも大学受験、就職などの

今回よりも高い壁が現れるかもしれないが、

たくさんの人々の力を借りながら

乗り越えていきたい。

支えてくださったみなさん、

ありがとうございました。

小松高校合格・Hさん☆彡



【耐えれば合格する。それが受験。】

小松高校に合格した。

模試ではほぼ毎回B判定で、

本番の手ごたえもあまりなかったが、

自分の受検番号があってうれしかった。

うれしいという表現が

適切かどうかは分からない。

まだ「本当に合格したのか?」

という気持ちだ。

受験が終わった日から今日まで

ほとんど毎日遊んでいたが、

合格したと分かった今、

家に帰って遊べるかと言ったら…、

分からない。


人生が2日で決まる受験。

しかし、中学校3年間必死に勉強したら、

人生が良くなると言っても過言ではない。

2日間にわたる50分×5教科で勝つためには、

3年間以上の対策期間が必要だ。

私はこの対策をこの塾で行っていたから

合格することができた。


受験は恐ろしいものだ

ということは聞いていたが、

実際に体験し、

何がどう恐ろしいのかを知った。

それは、先程書いたように、

2日で人生が決まるということだ。

この2日があっさり終わるから

受験は恐ろしいのだ。


しかし、恐れすぎる必要もない。

日々の受験勉強に耐えていれば合格する。

私が今から受験をする人たちに

言えることは1つ。

「なんやかんや耐える。そうすれば合格する。」


小松高校合格・Sくん☆彡



【私の合格体験記】

私は中学3年の春から

星輝進学スクールに通い始めました。

塾に通い始めたことで、

普段から勉強する習慣ができ、

定期テストなどでは1・2年の時より

格段に点数が取れるようになっていきました。

また、塾での授業や模試を受けることで、

実践問題にも慣れることができたし、

自分が志望校に合格するために

どんな勉強が必要なのかも知ることができました。


秋には、塾での模試の過去問演習が始まり、

冬に入ると入試の過去問演習も始まりました。

過去問演習では

先生が解説しながら進めてくださり、

分からない所があれば

その場で質問することができるので、

より理解を深めることができたと思います。

また堀江先生は

塾生一人一人の課題や得意なところを見つけ、

時に厳しく、時に優しく

応援してくださいました。

堀江先生の塾生一人一人に寄り添った

熱い指導があったからこそ、

私は志望校に合格することができたと思います。


星輝進学スクールはとても雰囲気がよく、

塾生同士で勉強を教えあったり、

常にお互いをライバルとして意識して、

互いに高め合っていくことができました。

受験は団体戦とよく言いますが、

この一年を通して

私はその言葉の意味を実感しました。

それは、

塾生全員志望校合格

という結果にもよく表れていると思います。


この一年は、常に志望校合格を意識し、

いかに自分の学力を

底上げすることができるかを考え、

実行することができました。

これは塾に通っていなければ

難しいことだったと思います。

学力的にも精神的にも

成長することができた一年でした。

星輝進学スクールに通っていて良かったです。

堀江先生、

今まで本当にありがとうございました。


小松高校合格・Sさん☆彡



【この塾での大切な時間】

合格者の番号の中から

自分の番号を見つけた時、

肩の荷がスッと下りました。

先生には、

「正直、大丈夫だっただろ?」

と言われましたが、

内心、本当に怖かったです。

自分だけがダメなのではと思い、

受験の翌日はとてもブルーなまま過ごしました。

でもそこで、

今までの自分の頑張りを

信じなければならないと感じました。


3年になって自分が一生懸命になったのは、

まずは目の前の壁である

高校受験で合格すること。

そのために悔いが残らぬよう

自分なりに最後までやりきったこと。

年末に話をしてくれた卒塾生も、

「最後は自分を信じること。」

と言っていました。

だから、自分に自信を持って

合格発表までの一週間を

過ごすことに決めました。


また、この一週間で

様々なことが蘇りました。

この塾の同級生や先生、

たくさんの人たちに支えられながら

受験を迎えたことを改めて感じました。

長い時間を共に過ごし、

年末のように楽しい思い出もつくりながら

勉強に励んだことは

大切な道のりだったと今実感しています。

本当に感謝の気持ちでいっぱいです。


ここで過ごした時間は、

きっと忘れることのない

思い出となるに違いありません。

これからもここでの学びを活かし、

自分の道を進んでいきたいと思います。

本当にありがとう!!


小松高校合格・Mさん☆彡



【ありがとう】

合格発表当日。

私は不安な気持ち、

半ば諦めも混ざった気持ちで

小松高校へ向かいました。

受験票を握りしめて

恐る恐る合格者の番号を見てみると、

自分の受検番号がそこにありました。


過去問でも模試でも

最後までパッとした数字が出ず、

周りからおいて行かれているような気持ちでした。

「何で私はみんなみたいに

成長できないんだろう…。」

点数を見るたびにそう思いました。

試験一週間前までは

気持ちが落ち込んでいましたが、

「気持ちが沈んでいても仕方がない。

受からなくても私の最善を尽くそう。」

と気持ちを切り換えました。

それからは理科や社会などの

暗記科目を中心に復習しました。


試験当日はそこまで

緊張はしていなかったと思います。

いつも通り、

塾での雰囲気を思い出して、

自分の成果を発揮できていたと思います。


結果は、合格。

最初見た時は本当に信じられなくて、

何回も何回も受験票と番号を

交互に見ていました。

そこにいた母と姉に、

「合格したよ。」

と言うと、

自分のことのように喜んでくれました。

「あぁ、現実なんだ。」

心の底からホッとしました。

自然と笑みがこぼれて、

「今までの努力は正しかったんだ。」

そう思いました。

塾にいたのは約4ヶ月だったけれど、

とても成長できたと思います。

私の合格率は絶望的だったけれど、

こんな私でも合格できました。

私の受験に関わってくれた人、

応援してくれた人、

全てに感謝を、

「ありがとう。」

という言葉を届けたいです。


小松高校合格・Aさん☆彡



【とても濃い時間】

合格できてよかったなぁ

と思いました。

とにかくホッとしています。

私はこの塾に入ったのが遅かったので、

とにかくずっと心配でした。

塾に入る前まで、

私には受験生という自覚がありませんでした。

しかし、この塾に入って

同じ高校を目指す人たちと勉強する中で、

自分はもっと頑張らなきゃと思えました。

最初塾に入る時は

誘ってくれた友だちが、

「先生の雑談面白いよ。」

と言っていたから、

楽しみな反面、

すごく疲れるんじゃないかな、

ついていけるかな、

怖くないかな、

と思っていました。

でも、授業を受けてみると

周りの人たちは面白いし、

先生もいろんな話をしてくれて、

とても楽しかったです。


私が入塾してから入試当日までは

4ヶ月と少ししかありませんでした。

授業を受け始めてから当日までは、

本当にあっという間に過ぎていきました。

3年生になった時の

「勉強嫌だな…。」

という気持ちは、

「もっといい点を取りたい!」

という気持ちに変わっていました。

特に3学期が始まって

過去問を解き始めてからは、

毎日テストだし怖かったけれど、

明確な点数が出るからこそ

頑張ろうという気持ちになりました。


また、冬休みが私にとって

「とても大切な時間だったなぁ…。」

と振り返ってみて思います。

冬のワークを解くことで

根本的に自分ができていない部分や

苦手な部分が分かって、

それらをつぶすことができました。

そして、年越し大特訓も

とても印象に残っています。

1日中ずーっと勉強と聞いて、

きつそうだなと思っていました。

実際その1日はきついなぁと思いました。

けれど、それ以上に

みんなの笑顔が見れたり、

ごはんが美味しかったりして、

楽しかったです。

何より自分にとっては、

先輩のお話を聞くことができて、

もう一度スイッチを入れることができたのが

すごく良かったなと思います。


冬休みが明けてからの3学期は

本当にあっという間で、

一瞬で入試当日はやってきました。

私は私立の入試で

バッキバキに緊張していたので、

公立入試ではあまり緊張しませんでした。

でも、いつも通りだからこそ、

解けなかった問題に執着してしまったり、

しっかり集中できなかった教科がありました。

特に1日目はぼろぼろでした。

英語が本当に難しくて、

終わった後もずーっと引きずっていました。

そのまま塾に来ると、

みんな英語が難しかったと言っていて、

少しはホッとすることができました。

2日目は1日目の穴を何とか埋めようと思って、

1日目の反省を活かしながら

落ち着いて解くことができました。

2日目はちょっと手応えがありました。


今日の合格発表で、

無事に自分の番号を

見つけることができたので良かったです。

入試が終わって、

本当にこの塾に入って良かったなぁと

改めて思いました。

11月からの勉強はここで頑張れたと思います。

入試2日目に切り替えることができたのは、

ここでみんなが頑張っている姿を

見ることができたからだと思います。

勉強のことだけではなく、

将来のことや入試当日の心構えなど、

いろんなことを

先生に教えてもらえて良かったです。

ここでの経験を活かしながら、

これからも頑張っていきたいと思います。

短い時間でしたが、

本当にありがとうございました。


小松高校合格・Rさん☆彡



【合格発表!!】

今日は合格発表があった。

結果は見事合格!!

この喜びを味わえるのも塾のおかげだろう。

入試2日目終了から今日までは

あまり心配していなかった。

それは入試本番でいつも通りの実力を

発揮できたと感じたからだ。

1日目の国・理・英の3教科で

国語と英語の2教科が難しいと感じた。

しかし、いつも通りの自分で

解いていたと確信していたため、

自分を信じることができた。

そのこともあり、

2日目の社・数も

安定して解くことができ、

数学を解いている時間は

心の余裕さえ感じられた。

年越し大特訓に来てくれた卒塾生の

「自分を信じることが大事!!」

という言葉の意味を実感でき、

本当にその通りだと感じた。


これからもこの塾で学んだ知識を、

勉強や生活に活かし役立てていきたい。

色々な知識を与えてくれた先生には

本当に感謝している。


小松高校合格・Dくん☆彡



【合格と塾生活】

私は中3の夏に入塾しましたが、

当時の点数は平均点より少し高い程度で、

志望校には及んでいませんでした。

ですが、入塾以来勉強を積み重ね、

点数が少しずつ上がっていき、

ついに志望校の推薦をもらえました。


入試前日は、私が肝心な時に

声が出なくなることもあり、

面接でうまく話せるか不安で

なかなか眠れませんでした。

ですが、

「推薦で落ちても一般入試で合格すればいい。」

という軽い気持ちで入試に臨みました。


入試本番の数学の適性検査の問題は、

事前に学校からもらっていた過去問と比べ

問題の傾向が少し違い、

一段階ほど難しく感じました。

おそらく塾で勉強していなければ

半分程度は解けなかったと思います。

面接では想像していたよりも

面接官が優しくて楽に話せました。


合格発表の日は何も通知がなく、

ハラハラしましたが、

その翌日に学校で

“合格”

と伝えられました。

しかし、学校のテストでは

そこまで目立った点数も取っておらず、

委員会などでもリーダーになることはなく、

内申はそこまで良くなかったので、

倍率と運に助けられたと思っています。


推薦での試験だったので、

塾で習ったことを

入試で発揮することは少なかったですが、

塾がなければ推薦はもらえておらず、

適性検査も危うかったと思うので、

星輝進学スクールで学べて良かったです。

また、塾生活を通し、

精神的にも成長でき、

学力以外にもたくさんのことを得られました。

この塾で学んだことを

これからの生活でも役立てていきたいです。


石川高専合格・Iくん☆彡



【悔いと自信】

私は合格するまでは長く感じたが、

短くも感じる1年だったと思います。

私が星輝進学スクールに入塾した当初は、

授業は楽しくやっていましたが、

家でのワークなどの答え合わせを

しっかりしていなかったり、

抜けているところが多くありました。

自分の中でも勉強は

“しなければならないもの”

にしかならず、

自ら空いた時間に

勉強をやろうとは思っていませんでした。

私は駄目だなと思いつつも

意識は変わらず、

成績も上がらないままでした。


しかし、1月下旬の先生との面談の際に、

「自習をしに来ていないからだ。」

と言われたことにより、

その日から授業がない日でも

夕方の6時から夜の10時まで

塾で勉強するようにしました。

そのことにより、

自分が他の塾生よりも

努力していなかったことを知れました。

また、第一志望校の過去問をすることによって

勉強をより深く理解することができました。

努力するのが遅すぎたため、

第一志望校には受かりませんでしたが、

その後も塾での自習を続けていたので、

公立の入試では

しっかり成果を出すことができたと思います。


公立入試当日は、

一度第一志望校を受けたこともあり、

緊張はその時よりもしていなかったと思います。

しかし、国語と理科では

いつも通りかなと思っていたのですが、

1日目最後の英語がとても難しく感じました。

塾に行ったときにも言ったのですが、

リスニングは女性の声のテンションンが低く、

うまく聞き取れませんでした。

長文も確信の持てる答えをあまり書けませんでした。

2日目は社会と数学だったのですが、

社会は落ち着いてできました。

しかし数学は、試験が終わった後に

仮入学の話を聞いているその時に解き方が分かり、

ため息しか出ませんでした。


そんな思いがあった中、

合格発表を迎えました。

結果は無事合格していました。

コロナの影響で

点数開示は次の日からだったのですが、

私は気になり過ぎたので

点数開示の初日に行きました。

結果は…、驚くものになっていました。

一番自信がなかった英語よりも

社会の点数が低かったのです。

もちろん目標の300点以上は

ギリギリ達成できていたのですが、

自分の予想とは違いショックでした。

やはり勉強は積み重ねが大切だと

気付くことができました。


悔いもありましたが、

国語については最初の頃と比べると

すごい違いだなと感じました。

入試の過去問の初めは

30点台で足を引っ張っていましたが、

塾で問題を解いているうちに文章力がついて、

点数を見ると

自分がどれだけ成長できたかが分かり、

とても嬉しかったです。


私はこの塾に入っていなかったら、

勉強のこともそうですが、

人間的に成長できなかったと思います。

今回の入試で感じた悔いと自信を胸に、

塾で習ったことを活かして

これからも頑張っていきたいと思います。

本当に今までありがとうございました。


小松明峰高校合格・Kさん☆彡



【高校受験を終えて】

僕は中学2年の冬に入塾しました。

僕は努力を毎日続けるのが苦手で、

入塾した頃は

あまり勉強に集中できませんでした。

しかし、塾に通っているうちに

少しずつ勉強する習慣がつき、

毎日続けられるようになりました。


入試直前の過去問は

だんだん点数が上がって、

少し自信が持てるようになっていました。

入試前日はすごく緊張しましたが、

家族や先生のおかげで

落ち着いて過ごすことができ、

夜もしっかり寝ることができました。


入試1日目は少し緊張しながらも

何とか解くことができましたが、

得意な教科がうまくできず

不安になりました。

2日目は1日目の不安が残っていましたが、

自分のペースで解くことができました。


本番で得意な単元が出なかったこともあり、

合格発表までは不安でしたが、

自分の受検番号を見つけた時は

今までの不安がなくなり、

とてもホッとしました。

合格できたのは

先生や家族のおかげだと思います。

合格できたことで改めて

塾に通っていてよかったと思います。


高校に入ったら勉強も難しくなって、

これからどんどん

忙しくなっていくと思います。

この1年間色々な人に支えてもらったことを

無駄にしないような高校生活を送りたいです。

今まで本当にありがとうございました。


小松明峰高校合格・Sくん☆彡



【入試を終えて】

入試1日目と2日目は

とても緊張していました。

今までやって来たことを

出しきれるようにと、

最後の時間まで見直したりしていました。

1日目の英語と2日目の社会は

あまりできた気がせず、

入試が終わってから合格発表までの1週間は

不安な気持ちでした。

でも、塾で先生と授業をした日々や

今まで頑張ってきた自分を信じて、

合格発表の日を迎えました。


合格発表の時もとても緊張しましたが、

自分の番号を見つけた瞬間、

ホッとして嬉しくなりました。

先生や家族に合格を伝えるたびに

だんだん実感がわいてきました。

合格できたのは、

私のことを応援し、支えてくれた

先生や家族のおかげだと思います。

模試や色々なテストなどで

点数が上がったり下がったりで悩みましたが、

先生が言っていたように

私は2月の後半から

入試の過去問の点数が伸びてきました。

そのことと

自分の努力を信じられたことが、

入試本番、

合格発表当日の自信に

つながったのではないかと感じています。


今は合格できた嬉しさと

周りの人たちへの感謝の気持ちでいっぱいです。

これからは気を抜き過ぎずに、

高校での勉強を頑張っていきたいと思います。

本当に今までありがとうございました。


小松明峰高校合格・Kさん☆彡





「成績アップ、小松高校・上位校合格ならおまかせください!!」
星輝進学スクールの HPはこちらです
春期無料体験(新小4生〜新中3生)受講生募集中です☆彡

posted by ほりA at 13:30| Comment(0) | 合格体験記

2020年04月01日

第9期生(令和2年度入試)・合格体験記☆彡

【小松高校に合格】

私は小学5年生の時に入塾しましたが、

その時は小松高校・普通科に

合格できると思ってはいませんでした。

小松高校に合格できたのは、

私の親や先生などの

様々なサポートがあったおかげだと思います。


この塾に入って良かったと思えることは

たくさんあります。

最初の頃の私は

先生から出された宿題もあまりやらず、

やったとしても内容の薄いことを

たくさんしていました。

だから成績はあまり良くありませんでした。

そんな私このことを先生は叱ってくれました。

その時はあまり感じませんでしたが、

今はとても有り難いことなんだなと思っています。


中学3年生になってからは

とても時間が早く経ち、

夏休みは私の大好きな野球を

一切しませんでした。

冬休みではより真剣に

勉強に取り組みました。

その時に蓄えた知識は

入試までの残り2週間となった時に

とても頼りになりました。


先生や親にはとても感謝しています。

先生は私のダメなところには

一生懸命注意してくれたり、

良いところはさらに

伸ばすようにしてくれました。

親には私の勉強や体調の

サポートをしてもらいました。


私は最初この塾に入る時は

いやいや来ていたけれど、

中3になっていくにつれて

毎日自習に来て

勉強をすることができました。

この塾に入って良かったと思いました。

ありがとうございました。


小松高校合格・Mくん☆彡



【合格の裏側】

僕は小松高校理数科に合格しました。

僕は中学3年生の7月まで

理数科を目指していました。

しかし、夏休みになると

「理数科に入ってついていけるのかな?」

という不安が募り、

理数科を諦めていました。

それでも、

きっぱりと諦めることができず

いつも理数科か普通科かで

迷っていました。


2月末、

僕は一回目の願書を

普通科で書きました。

しかし、

親との相談もあって、

2回目の願書は

締め切りの1日前に

併願科に書き換えました。

僕は志願変更をしようと思った日に

堀江先生に電話をかけました。

僕ははじめ

「何でもっと早く言わないんだー!!!」

と怒られると思っていました。

しかし、先生は

僕の志願変更について

一切怒ることなく、

「がんばれ!」

と励ましてくださいました。


それから僕は改めて気を引き締め、

理数科合格を目標に

さらに勉強を頑張るようになりました。

でも僕は、

石川県総合模試で

理数科はいつも努力圏でした。

最後の模試でも努力圏でした。

しかも、今年は理数科の志願者が

62人もいて、

3人に1人が落ちてしまう状況でした。

だから僕は

合格は不可能に等しい

と思っていました。


そして迎えた入試本番。

1日目は国・理・英、

2日目は社・数のテストを受けました。

1日目も2日目も

先生が今までに教えてくださったことが

そのまま出題されたり、

その応用問題が出題されたことで

どんどん点数を稼ぎ、

合格をつかみ取ることが

できたのだと思います。


僕は塾の先生、家族、学校の先生、友達など

たくさんの方々に支えられてきました。

これまでの支えが1つでも欠けていれば

合格はできなかったと思います。

支えてくださった方々には

本当に感謝の気持ちでいっぱいです。


僕はこれから

社会で役に立てる人間になれるよう

高校でもさらに研鑽を積み、

日々精進していくことを誓います。

今まで本当にありがとうございました!!


小松高校合格・Sくん☆彡



【受験を終えて】

入試1日目は少し緊張しましたが、

自分のペースで解くことができました。

2日目は数学が全くできませんでした。

今までできていた問題も解けなかったので

テスト中に合格できないかもしれない

と思いました。


合格発表まで不安でしたが、

自分の番号があった時はほっとしました。

その時はあまり嬉しいとは

思いませんでしたが、

先生に報告するうちに

実感が湧いてきました。

合格できたのは

先生のおかげだと思います。

先生が例年より多く過去問を使って

前日までたくさんのことを教えてくれたので、

自信を持って本番に臨むことができました。

また、理科では

自分や先生が予想した単元が出るのか

楽しみでした。(実際に出たものもある)

数学が解けずに焦っている時も

いつも時間ギリギリまで

授業をしてくれる先生の姿が浮かび、

まだ諦めてはいけないと思い

最後まで見直しをしたり

難しい問題に挑戦したりすることができました。


小松高校に合格しましたが、

テストの点数は良くありませんでした。

直前に解いた過去問の点数とは

全然違って驚きました。

私はギリギリで合格したのだと思います。

すでに他の生徒とは

差がついてしまっているのだと思います。

志望校に合格したからといって安心せず、

中学校の復習もしておきたいです。


高校受験は先生のおかげで

乗り越えられたと思います。

高校の勉強は大変だと思いますが、

自分の力でも

成長していけるようになりたいです。

そのために先生が指摘してくれたことを

忘れずに勉強したいです。


私は高校受験を通して

家族や友人など色々な人たちに

支えられていたことを実感しました。

色々な人たちが助けてくれたことを

無駄にしないような

高校生活を送りたいです。


小松高校合格・Mくん☆彡



【大きな前進】

僕はたった今、

小松高校の合格発表に行ってきました。

普通科の掲示板を見ると

僕の受検番号はちゃんと載っていました。

1年前の僕の状況を思い返すと

この結果を手にすることは

できなかっただろうと思います。


試験当日と合格発表の日、

僕はあまり緊張しませんでした。

自分でも不思議なほどに

心に余裕を持つことができました。

それは、1年間

小松高校合格

そして

その先の目標に向かって

一生懸命努力できたからだと思います。

だからこそ、

どんな解答を書こうが

どんな結果になろうが

全てを受け入れる

心の準備ができました。


試験前日に

先生が解説して下さった問題に似たものが

本番に出て、

大きな自信にもつながりました。

「これ、昨日やったやつだ!」

と声に出してしまいそうになるほど

驚きました。


僕は合格していることが分かった時、

喜びを感じたのと同時に

周囲の人への感謝の気持ちを

伝えなければと思いました。

これは先生が教えて下さった

人間として大切なことです。

僕は父や母、学校の先生や堀江先生に

笑顔で

「ありがとうございました。」

と言えることに

大きな喜びを感じています。

1年間本当にありがとうございました。


小松高校合格・Hくん☆彡



【合格とこれからの生活】

この1年間勉強を頑張ってきたが

無事合格することができて

よかったと思う。

塾で教えてもらったことを

本番でも活かすことができたし、

それがあったからこそ

合格することができたと思う。


合格発表直前では

とても緊張していた。

だから、

自分の受検番号を見つけた時は

とてもホッとしたのを今でも覚えている。

でも、

ここで気を抜いてはいけない。

これからいよいよ高校生となる。

勉強も難しくなっていくし、

これからどんどん忙しくなっていくだろう。

高校での生活を充実したものにするためにも、

今のうちにできることをやっておく必要がある。

そういったことをちゃんとやってから

高校生活を始めていきたい。


小松高校合格・Sくん☆彡



【できるようになったこと】

私は毎日努力し続けることが苦手です。

けれど、この塾に通って自習をしていると

少しずつ勉強し続けることができるようになって、

家で勉強する時間も増えました。


特に頑張ったと言えるのは

最後の1週間だと思います。

全力で取り組めるように、

「あと1週間!」

「終わったら遊べる!」

など、

自分へのご褒美をたくさん用意して

全力で勉強しました。

少ない時でも10時間は勉強しました。

これは、これからの生活への自信に

つながっていると思います。


受験当日、

私は今までの勉強や

先生、周りの人からの言葉を思い出しながら

問題を解きました。

できない所もあったけれど、

自分の力を出し切れたと思いました。

終わった後は

「全力を出せてよかった。」

の気持ちでいっぱいでした。

そして結果は…、合格。

塾に通わず1人で勉強していたら

つかめていなかった結果だと思います。


私は人としても成長できたと思います。

努力を続けること

感謝すること

競い合うこと

など、本当に多くのことを学び

自分のものにできました。

これは一生モノの思い出で

私の宝物になったと思います。


これからは高校生として

今までの経験を活かして

これから通う小松高校を

私にとっての

いい高校にしていきたいです。

今まで本当にありがとうございました。


小松高校合格・Tさん☆彡



【夢の実現へ】

志望校に合格できて本当に良かった。

自分が幼いころから憧れていた

小松高校生になれるからだ。


でも、その前に

自分を応援してくれた人たちに

感謝したい。

自分1人だけの力では

合格することができなかったと思うからだ。

今までの人生の中で1番期待され

励ましてもらったように感じる。

それに応えられるようにと

必死に頑張ることができた。

結果で応えることができたので

少しほっとしている。


しかし、これからの3年間を

無駄にしないようにしたい。

入学できることを目標にせず

卒業して有意義な時間を過ごせた

と実感できるように努力していきたい。

また、今よりも厳しい大学受験で

自分の行きたい大学に行けるように頑張りたい。


これから受験する後輩に伝えたいことは、

「がむしゃらに勉強しろ!」

だ。

見栄えがよくなくても

自分に自信がつくまで

ただひたすらに勉強してほしいと思う。


小松高校合格・Sくん☆彡



【とても長かった道のり】

星輝進学スクールに入ったのは

中学3年の10月頃でした。

入塾してすぐに

石川県総合模試の過去問をしたのを

とても覚えています。

最初は200点も取ることができなくて

小松高校は厳しいかなと思っていましたが、

諦めずに勉強しました。


過去問や実力テストや模試を受けましたが、

最後まで点数が伸びず、

模試ではずっと努力圏でした。

しかし、2月の後半からは

急に点数が伸び、

入試の過去問では

小松高校のボーダーを

越えることができるようになりました。

ボーダーを越えたことは

とても自信になりました。


受験当日は

心は緊張していませんでしたが、

身体がとても緊張していました。

しかし、手応えは

2月後半の過去問くらいはありました。

いつも通りの力を出し切れたと思いました。


合格発表当日は

とても緊張しました。

発表される時間が来ないかを

何度も時計を見ながら待っていました。

最初に掲示板を見た時に

自分の番号があって

とても安心しました。


この結果を得られたのは

この塾に出会えたからだと思っています。

この塾に入ってからは

特別な用事がない限り

毎日自習に行っていました。

毎日自習に行くことができたのは

両親のおかげだと思っています。


今思うと

入塾してから合格発表までが

長いようでとても短かったです。

この塾に入って先生には

勉強以外にも

社会で生きていく上での大切なこと

なども学びました。

合格までの道のりを作ってくれた先生には

感謝しかありません。

面白い先生や塾生と過ごすことができた日々は

一生の思い出です。


最後に、

点数が全然足りなくても

毎日努力すれば

点数が徐々に上がっていくことを実感できたので、

これからも努力を重ねて

この塾で学んだことを活かしていきたいです。

今までありがとうございました。


小松高校合格・Tくん☆彡



【合格して】

自分は今まで合格するために

一生懸命勉強してきて、

その勉強してきたことを

本番で出せたのでとても良かったです。

受験前日は急に自信がなくなって

あまり眠れませんでした。

1日目のテストが難しかったので

2日目の前日もあまり眠れませんでした。

けれど、2日目は

自分なりに力を出し切ることができて

とても満足しました。


合格した今、

心がとても楽になったし、

これから高校生になるということに対して

頑張ろうという気持ちがあります。

自分の受検番号が書いてある紙を見た瞬間に

今まで頑張って良かったという気持ちや、

いろんな気持ちが湧いてきて

嬉しいという気持ちだけでは表せないほど

嬉しい気持ちです。

先生や周りの友達や親など、

今まで支えてくれた人に

感謝したいと思います。


小松高校合格・Sくん☆彡



【入試・合格発表を終えて】

私はこの塾に長い間通っているわりには

塾内で大した成績を残せていなかったな

と感じます。

自分自身、後悔したくなかったし

今まで一緒に頑張ってきた塾生と

合格したいという気持ちで

入試に挑みました。

金沢の高校を受けるため

誰一人知り合いもいなくて、

自分にとってはとても集中して

当日を迎えることができたと思います。


1日目の国・理・英の3教科は

書けなかったところもあったけど、

いつも通りだったと思います。

理科では入試前日に塾で解いた問題と

類似した問題があったり、

先生が予想していた単元があったりと、

結構驚きながら解きました。


2日目の社・数は

とても難しかったなと感じました。

数学は普段解けるような問題でつまずき、

時間をかけてしまいました。

でも、今まで教わったことを思い出し

書けるところはしっかり書けたと思います。


家に帰り自己採点をした時、

とても点数が低くて

これは無理だと思いました。

だから、合格発表までの1週間は

緊張していたけど、

あまり結果のことは考えていませんでした。


そして合格発表当日、

母が金沢まで車で送ってくれ、

一緒に掲示板を見に行くと

自分の受検番号があり、

安心と嬉しさでいっぱいになりました。

色んな人に報告しに行くと

「これから大変やけど頑張れ!」

と言われ、

とても大変になるのだなと思わされました。


こうやって合格でき、

自分の憧れの高校に通えることが

とても嬉しいです。

この塾でたくさんのことを学びました。

その学びを

高校へ行き、社会へ出た時も思い出し、

これからも頑張ろうと思います。


金沢二水高校合格・Hさん☆彡



【受験を通して】

私は正直、合格できると思いませんでした。

私は最初、違う学校を志望していました。

なので、学校の先生には面談で

「難しい。」

と言われました。

塾でやっていた過去問も

最初は点数が上がらず、

どうしようと思いました。


私は中学1年生の時は

あまり勉強しなかったのですが、

そのことを後悔しました。

私は何から勉強すればいいか分からず、

とりあえず塾で配られたワークをやろうと思い、

2回目をしました。

すると、少しずつ

問題を解くことに慣れてきて

理解できるようになってきました。


私立入試が終わり

ひとまず安心したけれど、

自分は志望校のボーダーに届かず

悩んでいました。

そんな時に先生に

国語の作文や記述などを見てもらい、

自分の間違いの癖などが分かり

作文などでも点をとることが

できるようになりました。

その時ぐらいから

少しずつ点数が上がり、

理解できる問題が増えていきました。


私が学校の先生に

「難しい。」

と言われたのに、

ここまで頑張って来れたのは

塾や他の塾生のおかげであると思いました。

他の塾生が頑張っているから

自分も頑張らないといけない

などの気持ちが芽生え、

諦めずに頑張ることができました。


最後に、

私が受験を通して思ったことは

親に感謝しなければいけない

ということです。

月謝や送り迎えなど

親の力がなければできなかったし、

そもそも高校に合格できなかった

と思うからです。

私が

「合格した。」

と言ったら、

「おめでとう。」

と言って喜んでくれました。

これからも感謝を忘れず、

高校でも勉強を頑張りたいです。

また、先生に教えてもらったことを

忘れずにしていきたいです。

3年間ありがとうございました。


小松明峰高校合格・Oさん☆彡



【自分のために】

僕は志望校に合格して安心しました。

初めは安心できるほどの点数には届かず、

2学期の中盤になっても

点数に変化がなかったので、

このまま入試を受けて合格できるのかと

不安で自信が持てませんでした。

だけど、自習に毎日行っていたことが

自信を持つきっかけとなりました。


僕は物事を続けて行うのが苦手でした。

勉強も例外ではなく、

習い事のあった日は勉強もせずに

寝てしまうことが何度もありました。

習い事を休む頃になってから

毎日塾に行きました。

自分にとって楽なことではなかったけれど、

用事のある日以外は塾に通い続けました。

他の賢い塾生たちに比べると

勉強時間は少なくて

集中力もあまり続かなかったけれど、

「自分のために。」

と思い、頑張りました。

苦痛だとは思いませんでした。


何かを続けることは苦手だったけれど、

自習に毎日来ることで

自信を持つことができました。

お昼の長い授業が終わってからも

教室を開けてくださった先生には

感謝しかないです。

ありがとうございました。


小松明峰高校合格・Iくん☆彡




【ありがとう】

私は小松明峰高校に合格しました。

受験が終わった後は

自信に満ちあふれていましたが、

合格発表の直前は

落ちているんじゃないかと

とても不安な気持ちでいっぱいでした。

だから、1月に塾の先生からもらった

合格のお守りを握りしめ、

ずっと祈りを捧げていました。

また、私には

首席で合格する

という目標があったため、

そのプレッシャーとも闘っていました。

合格発表の時

友人と2人で行きましたが、

2人とも合格していたので

嬉しかったです。


こうして私が

高校に合格できた喜びを書いている今、

いろんな思い出がよみがえってきました。

9月に入塾し、

緊張が解れないまま

授業を受けていた自分の姿、

模試の点数が良くなってきて

余裕の表情だった自分の姿、

危機感を感じて

急いで勉強をしだした自分の姿、

受験まであと少しの時に

自分を追い込んでいた姿など、

思い返せばたくさんの思い出があり、

それらは未熟だった私を

大きく成長させたと思います。


小松明峰高校に合格した今、

喜びに満ちあふれていますが、

ここからが本番だと私は思います。

ずっと喜びに浸っているままでは

前へ進めないと思うので、

すぐに気持ちを切り換えて

新たな学校で

新たな仲間と

新たな生活を

送りたいと思います。


今まで支えてくださった全ての人へ…

ありがとうございました。


小松明峰高校合格・Mくん☆彡



【合格発表で】

私は今日の合格発表までの数日間、

どういう結果になるのか

不安で仕方がありませんでした。

不合格だったら

これからどうしたらいいのか

見せられる顔がなくなる

という風にたくさん考えました。

合格だった時のことを考えようとしたけど、

ダメだった時は自分がばかばかしくなるので

考えられませんでした。


そして、合格発表当日。

私は朝、

なかなか起きられませんでした。

高校に着くと

合格発表の準備をしていました。

その時、掲示板が公開されました。

私は遠くから見ていたのですが、

叫んで喜ぶ人もいれば

辛そうな顔をして帰っていく人もいました。

どの姿を見るのも初めての経験でした。

ほんとに一瞬の出来事でした。

ドキドキしながら掲示板を見に行くと、

しっかり自分の受検番号がありました。

その時、理解に時間がかかりましたが、

ほっとしました。

ここ最近まで肩にあった重りが

一気に消えたような感覚でした。


今まで色々あり、

少しサボってしまうこともあったけど、

頑張って来れたので

自分に誇りを持てた気がしました。

塾では先生が

入試に出そうな問題を

予想してくれました。

それらを家で復習したところ、

本当に本番で出てビックリしました。

図形の問題はしっかりできたので

よかったです。


自習もほぼ毎日行って

勉強もしっかりしたので

これらを無駄にしないようにしたいです。

合格してとりあえず安心しましたが、

これからはより自立が求められるので

自分で決めて

自分でしっかりやっていきたいです。


小松明峰高校合格・Kくん☆彡



【受験を終えて】

3月に入り

やっと受験への実感が湧いてきました。

しかし、今まで受けてきた模試や

入試の過去問の結果がパッとせず、

苦手な教科も克服できていなかったため、

なかなか勉強へのやる気を

持つことができずにいました。

目標としていた高校を諦めて

余裕のある高校に志望校を変えたことで

さらにやる気をなくしていきました。


コロナの影響により

塾の授業時間が大幅に増え、

長い時間、

他の塾生と共に勉強しました。

それにより他の塾生が

自分と比べられないくらいの努力をしており、

そういう人たちが良い結果を出すことができる

ということを知りました。

他の塾生の姿を見て

自分も勉強へのやる気を取り戻すことができ、

最後まで頑張ることができました。

受験当日は

先生からもらったメッセージカードを

ポケットに入れて受験に臨みました。


1教科目の国語は

緊張せずに取り組むことができました。

いつも時間がなく

古文を解くことができませんでしたが、

古文まで解くことができ

良いスタートをきることができました。

2教科目の理科は

文をしっかり読めなかったところはあったものの、

勉強したことを活かして

解くことができました。

3教科目の英語は

今までで一番できませんでした。

一番苦手な教科であり、

受験前に克服できなかった

という悔しい気持ちがあったため、

もっと勉強したいと思いました。

1日目は英語で悔しい思いをしましたが、

後悔なく終わることができました。


4教科目の社会は

時間配分をしっかりできませんでしたが、

これまでよりはスムーズに

問題を解くことができました。

5教科目の数学は最後の教科であり

とても緊張しました。

しかし、授業でたくさんの知識を蓄えたので

落ち着いて問題を解くことができ、

できる問題とできない問題を

見分けることができました。

ミスや読み間違いで

点数につながっていない部分も

あると思うけど、

自分が今まで学んできたことを出しきって

問題を解くことができました。


短い時間だったけど、

この塾に通ったことで

たくさんのことを学び

自分の力にすることができました。

まだ不足していることがたくさんあるので

これからも勉強を続けていき、

高校でも様々なことを学びたいです。

今までありがとうございました。


大聖寺高校合格・Yさん☆彡



【合格して思ったこと】

受験する学科が定員割れしていたとはいえ、

最初僕は心配でした。

なぜなら、

僕は点数に波があり怖かったからです。

さらに、1年生・2年生の時は

勉強が嫌いでサボってきたから、

その時に身につけなかった問題が出たら

どうしようと思っていました。

だから、1年生・2年生の時に

身につけなかった問題を

徹底的に復習しました。

そして、目標に向けて

自分なりに頑張りました。


そして入試の日…。

思っていたよりもスラスラ解けて

少し自信が出てきたが、

不安の方が大きかったです。

そして、

その不安を持ち込んでしまったせいか

面接ではテンパって

変なことを言ってしまった時

不安しかありませんでした。


合格発表を見に行って

無事に第1志望に受かったのを見た時

とても嬉しかったです。

さらに、点数を聞きに行くと

自分の中では高い点数が取れていて、

よく頑張ったと思いました。

学力を維持するために

今後も勉強しようと思いました。


高校では授業も機械の実習も

たくさん学んで身につけて、

実習では資格をたくさんとって、

生活に活かせるようにしたいです。

毎日目標を設定して

その目標に向けて頑張りたいです。


部活動でも目標を設定して

その目標を達成できるように

技術と筋肉をつけて

監督の言ったことに素直に取り組んで、

最終的には

チームの頼りになる人になりたいです。


日常生活では

日頃の感謝を忘れずに

親や友達、困っている人がいたら

助けてあげたりお手伝いをしたり、

規則正しい生活をしたいです。


高校生になっても

挨拶と努力と感謝を忘れずに

高校生活を歩んでいきたいと思います。

良い高校生活が送れるように

今から準備をして

最初に出だしからズッコケることなく、

スムーズにいけるようにしたいです。


小松工業高校合格・Yくん☆彡





「成績アップ、小松高校・上位校合格ならおまかせください!!」

星輝進学スクールの HPはこちらです

http://www.seiki-shingaku-school.com/

新規入塾生(新小1生〜新中3生)募集中です☆彡


posted by ほりA at 17:40| Comment(0) | 合格体験記