2022年02月23日

「第11期生・卒塾作文」そのG

【Dくんの卒塾作文:半年間の塾生活】



私は3年生の夏休み前に入塾しました。

初めは

「授業についていけるかなぁ〜。」

といった不安がたくさんありました。

その頃は成績が良いといったものではなく、

成績が伸びずに悩んでいました。


夏休みに入り

夏期講習が始まりました。

夏期講習で先生に

「夏休みから3月まで一瞬だ。

 この夏休みで

 いかに勉強するかが大事だ。」

みたいなことを言われました。

今考えてみると

本当に夏休みから3月まで一瞬でした。

夏休みの間

私はまだ部活と勉強の両立で

1日の勉強時間が5〜6時間でした。

もう少し勉強しておけばよかったと思います。


夏休みに

1〜2年生の復習を完璧にし、

夏休み後は

本格的に受験に向けての勉強を

していくのがベストだと思います。

その頃の私は

1〜2年生の復習が完璧にできていないのに

受験に向けての勉強を始めたので、

模試では思った通りの点数を

取れませんでした。

でも、部活が終わり

授業がない日も塾に行き

自習したことで、

少しずつ点数は上がっていきました。


あと、塾で友達もできました。

その友達とは夏期講習がきっかけで

仲良くなりました。

今では一緒に自習に行って

頑張っています。

友達ができたことにより

勉強の相談ができ、

塾に行くのが楽しくなってきました。


冬になり

塾や学校の雰囲気が

受験に向けての雰囲気に変わりました。

塾では自習に来る人が増えたり

学校ではピリピリした空気が

流れているなぁと感じました。


塾では大晦日の大特訓があり、

その日は一日塾で過ごしました。

大特訓ではただ長い時間

勉強するだけではありませんでした。

大特訓中に先輩が来て

色々な体験談を話してくれたり、

おいしいご飯などを食べれて

長い時間勉強するのは

きつかったのもあるけれど、

楽しかったです。


受験当日まであと2週間。

倍率が出て

願書提出で志望校を

決定しなければいけませんでした。

私は元々

小松高校を第1志望校として

夏休みから頑張ってきましたが、

倍率が出て

今年は小松高校の倍率が例年より高く、

私は母と話し合って

第2志望だった明峰高校を

受験することになりました。

私は塾で全力で

受験に向けて勉強できていたので、

悔いはありませんでした。


あと2週間、

切り換えをし

先生に良い結果を報告できるように

本気で頑張りたいです。





成績アップ、

小松高校・上位校合格なら

星輝進学スクールに

おまかせください!!

星輝進学スクールWebサイトはこちら


3月24日(木)開講

春期スタートダッシュ講座

受講生募集中です!!

お問い合わせ・お申し込みはこちらから

posted by ほりA at 14:18| Comment(0) | 卒塾作文

「第11期生・卒塾作文」そのF

【Rくんの卒塾作文:濃い〜一年】



まず、約一年間、

私のことを指導してくれて

ありがとうございました。

私が星輝進学スクールに来たのは

4月の中旬のことです。

皆より勉強のスピードが

遅れていたため、

最初は分からない問題が

とてもありました。


他にも、

私は野球のクラブチームに入っていて

練習の日と塾の日が同じで

塾に通えないことが多々ありました。

そのため、先生には

とても迷惑をかけてしまったなぁと

反省しています。

でも先生は

そんな私にも一所懸命かつ丁寧に

教えてくれました。

そのおかげで

とても嫌いで苦手だった数学も

以前よりかは好きになった気がしました。


次は、自分の転機となった

2つの出来事についてです。
(嬉しかったことと悲しかったこと)

まず、嬉しかったことは

初めて塾内で友達ができたことでした。

その友達とは違う中学校でしたが、

野球をしている自分の友達が

その人と友達で、

そのつながりで仲良くなりました。

最初はここまで仲良くなったりするとは

思ってもいませんでした。

勉強以外のことも話したり、

時には先生から

(仲の良さについて)いじられたり

無茶ブリもあったけど、

本当にその友達に出会えて

良かったなと思いました。


そして悲しかったことは、

一番最初の模試でした。

自分はそこで

「勉強をなめているな。」

と気づかされました。

そして本当に志望校に受かるのか

不安でしょうがありませんでした。

自分が思っていたよりも

だいぶ点数が低く、

そこでちょっとした面談があり

先生は覚えていないかもしれないですが、

「何かを変えないといけない。」

と言われた時、

そこで気づかされました。

当たり前のことかもしれませんが、

そこで本当に変わろうと

思うことができました。


そこからは、

ちょうど野球も終わり

塾が開いている時は

できるだけ毎日通っていました。

最初通っている時は

勉強が大変だと思っていました。

でも通うにつれて

心の底から

勉強が楽しいと思えました。

その要因としては

授業を盛り上げて楽しませてくれる

先生がいてくれることによって

楽しいと思えるように

なったのだと思います。


模試の点数はイマイチでしたが、

公立の過去問では

確実に点数が上がってきました。

今考えると、

この星輝進学スクールに

入っていなかったら

私はどうなっていたのかなと

思うこともあり、

本当に入塾して良かったと思います。


そして他にも、

毎日塾に通っていることで

先生の凄さを感じています。

小学生から中学3年生まで

接し方は何も変わらず

しかも、疲れも何も見せないので

本当に先生の鉄人さを

感じることができました。

本当に尊敬しています。


公立高校一般入試まで

あと2週間なので、

今よりもっと成長できるように

気を抜かず

後悔がないようにして

良い報告ができるように

頑張りたいです。




成績アップ、

小松高校・上位校合格なら

星輝進学スクールに

おまかせください!!

星輝進学スクールWebサイトはこちら


3月24日(木)開講

春期スタートダッシュ講座

受講生募集中です!!

お問い合わせ・お申し込みはこちらから

posted by ほりA at 13:53| Comment(0) | 卒塾作文

「第11期生・卒塾作文」そのE

【Rさんの卒塾作文:Growth】



私が塾で一番成長したと感じたことは

集中力を長く続けられるように

なったことです。

部活をしていた時は疲れて

勉強する時に

集中力が続きませんでした。

部活が終わった時は

逆に時間があり過ぎて

何をしたらいいのか

初めは分かりませんでした。


でも、夏期講習ぐらいから

集中力が続くようになり

家で勉強する時間が

長くなっていきました。

夏期講習の初めの時は

時間が過ぎるのが

遅く、長く感じていました。

それでも

毎日授業を受けていると、

途中から時間が過ぎるのが

早く感じました。


夏期講習だけでなく、

冬の年越し大特訓でも

集中力の成長を感じました。

家で1人で勉強している時と違い、

周りに皆がいることで

「私も頑張ろう!」

という気持ちになれました。

私はそういう

皆がいる環境での方が

勉強に集中できるんだなぁ

と気づいて、

自習室を利用する回数が

増えていきました。


先生から

高専を受験するなら

数学をもっと強くした方がいい

と言われてから、

私は模試の過去問や

公立の過去問の数学で

できなかったところの解説を

しっかり聞いて

理解できるように頑張りました。

そしたら

2月ぐらいから

だんだんと数学の点数を

伸ばせるようになりました。


それでも

模試での判定は

ぜんぜん良くならなくて

すごく悔しかったし、

辛かったです。

でもそういう時

お母さんに話を聞いてもらったり、

優しく声をかけてもらったりして

支えてもらいました。

先生にも

たくさんのアドバイスをもらったけど、

改めて両親に支えてもらったことに

感謝したいです。


1月の推薦入試では

悔しい思いをしたけど、

2月の一般入試では

合格することができました!

この星輝進学スクールで

先生や皆と

今まで授業をしてこなかったら、

絶対に塾に入る前の状態だったら、

ダメだったと思います。

本番で一番心配していた数学では

自分が思っていたよりも

解くことができました。

また本番では

いつも通りに

落ち着いてできたことが

良かったのかもしれません。


塾で志望校の判定が良くならなくて

悔しい思いをしたこともあったけど、

それ以上に

塾の仲間と一緒に

堀江先生の

楽しくて面白い授業を

受けることができて良かったです。

高校生(高専生)になっても

星輝進学スクールでの

思い出や学んだことは

よい経験になると思います!

ありがとうございました!




成績アップ、

小松高校・上位校合格なら

星輝進学スクールに

おまかせください!!

星輝進学スクールWebサイトはこちら


3月24日(木)開講

春期スタートダッシュ講座

受講生募集中です!!

お問い合わせ・お申し込みはこちらから

posted by ほりA at 13:18| Comment(0) | 卒塾作文