2020年03月11日

「第9期生・卒塾作文」そのP

【Mくんの卒塾作文:5年間の努力】


私は小5の夏休みに入塾しました。

最初は基礎の教材を使って

勉強していました。

小6になった時くらいから

応用の教材を使って勉強しました。

その応用の教材になってから

宿題もでるようになりました。

でも私は

習い事の野球を言い訳にして

いい加減に宿題をしていました。

その時先生は

自分に厳しく愛情のこもった指導を

してくれました。



この応用の問題集を使って

勉強していると、

中学校に入学した時に

うまく対応できるようになる

と言ってくださいました。

その時には気づきませんでしたが、

それが現実になりました。

中学に入学する前、

塾で中1の予習をしました。

塾では様々な問題に取り組み、

内容が濃い授業をしました。

この授業を受けることによって

学校での授業も

より分かり易くなりました。



しかし、

中学校に入学してから最初のテストでは

あまり良くない点数と順位でした。

この原因は

授業が終わった後に

分かった“つもり”になって復習しない、

塾でのテスト対策のワークを

ちゃんとしていないなどのことです。

次のテストでは頑張ろうと

いつもテストが終わった後に感じましたが、

なかなか行動に移すことが

できませんでした。



このように過ごしていた中1では

塾で授業をしているにも関わらず、

数学と英語が苦手教科となってしまいました。

今思うと、

先生が言ったことを

素直に実行していればよかったと思います。

このように中1を過ごした私は

後から苦手をつぶすのに

苦労をすることになりました。

同じ失敗を繰り返さないようにしよう

と思い、中2になりました。



中2では

部活もだんだんと実践的になっていき、

学校生活が慌ただしくなりました。

塾では春休みからのスタートとなり、

復習も中1の頃よりもするようになったので

学校の授業も分かり易くなり、

良い時間を過ごすことができたと思います。

テスト対策のワークも

だんだんするようになり、

勉強の成果が出てきましたが、

中1の基礎が少しぐらついていたせいで

確認テストの結果は

目指している高校に

手が届くものではありませんでした。

もっと頑張らないといけないと思い、

中3になりました。



中3では

新しい入試対策のワークも配られ、

「12月31日までに終わらせろ。」

と先生に言われました。

その時は

「終わるだろう。」

と思っていましたが、

現実は甘くありませんでした。

3月、4月は真面目に取り組んでいましたが

学校の授業や行事が本格的になるにつれ、

だんだんサボっていました。



6月に部活動を終えた私は

その後、ゆっくりと過ごしていました。

しかし、入試対策のワークの

進みが悪いので、

少しの危機感を感じ始めましたが

「まだ大丈夫だろう…。」

と思い、

あまりしませんでした。



7月の後半から新学期にかけて

塾の夏期講習がありました。

そして、最初に受けた模試では

努力圏でした。

「このままではマズイ。」

と思い、

一生懸命勉強をし、

「絶対に可能圏まで上げよう!」

と思っていました。

授業以外の自習にも毎日来て

勉強するようになりました。




すると8月の模試では

偏差値が54から59まで上がり

可能圏になりました。

その時はすごく嬉しかったです。

しかし、その後からは

なかなか成績が伸びず、

勉強しても

成果が感じられない時期になり、

下がってしまうこともありました。

それでも親や先生の励ましや

ライバルの友達に負けないように

頑張りました。



11月や12月の模試では

あと10点で合格圏という所まで

成績は上がっていました。

しかし、それからは

成績が上がるどころか

下がってしまいました。

親からも

「お前、本当に勉強しとるんか?!」

と言われてしまいました。




そう言われて始まった冬期講習。

その中でも

やはり一番私の心に残っているのは

『年越し大特訓』

です。

その時は苦手な数学ばかり勉強していました。

それが終わった後には

今まで感じたことのない

達成感がありました。

しかし、入試対策のワークが

12月31日に終わりませんでした。

自分の詰めの甘さだなと思いました。



この大特訓では

先生には勉強以外のことも

たくさん教えてもらいました。

例えば、感謝の気持ちです。

「当たり前のことに感謝する。」

などのことを教えてもらいましたが、

感謝の気持ちを

十分に持っていなかった自分が

情けないと思いました。



1月と2月の模試では

成績がだんだん下がってきました。

でも、その時先生は

「今はジャンプするために

 膝を曲げている時だ。」

と言ってくれて、

頑張ろうと思えるようになりました。

最後まで私を全力でサポートしてくれたので、

諦めずに第一志望校に向かって

頑張ることができたので良かったです。



これまで私が頑張れたのは

親のサポートや

先生のアドバイスのおかげだと思うので、

これからの行動で

恩返しをしていきたいです。





3月26日(木)開講『春期スタートダッシュ講座』受講生募集中!!

星輝進学スクールの HPはこちらです
http://www.seiki-shingaku-school.com/
posted by ほりA at 17:29| Comment(0) | 卒塾作文

「第9期生・卒塾作文」そのO

【Sくん(APT1号)の卒塾作文:多くの支えがあったから】


僕は中学三年生の春に入塾しました。

初めは慣れない環境での緊張や

他の塾生と仲良くできるだろうか

という不安を抱いていました。

しかし、

みんなと勉強していくうちに

みんなの性格や特徴について

少しずつ理解し、

だんだん塾での学習にも

慣れていくようになりました。



そして新学期(三年一学期)を迎え、

僕は中学校の生徒会長や

部活動のキャプテンなどの

様々な役職や

校外スポーツクラブでの活動など

忙しい日々が続きました。

塾のスケジュールは

月・木・土の

午後8時から午後10時でしたが、

予定が合わないことが多く

僕はひと月に3、4回程度

参加できなかった授業分の

補講を受けていました。



先生がして下さる

補講の一つ一つが丁寧で、

先生が長い間磨き上げてこられた

深い知識や

問題を簡単に解くための

テクニックなどが

ぎっしとつめこまれたものでした。

補講を受けた時は必ず

授業を受けた後のような

しっかりとした理解ができていたことを

今でも覚えています。

先生の授業や補講は

とても分かり易く、

気軽に質問ができる有意義な時間でした。



また、

先生は授業だけでなく学校行事を

見に来て下さることもありました。

例えば、運動会で

僕が開会式であいさつを述べる時、

直前まで近くに寄り添って

緊張をほぐして下さったり、

合唱コンクールで最優秀賞を取った時は

公会堂にまで足を運び

応援しに来て下さったりと

普段塾では見ることのできない

先生の姿を見ることができ、

先生との関係も深まりました。



僕が塾で

最も印象に残っているのは

『年越し大特訓』

です。

12月31日の午前9時から

そのイベントが始まりました。

午前中の授業を終えると

先生が作って下さった

カツカレーを食べました。

香りが香ばしく、

ちょっぴりと辛さのある絶品でした。

その後も勉強を続けていると、

差し入れを持って来て下さる

保護者の方や卒塾生が

たくさんやって来ました。

僕は卒塾生が卒塾しても

また塾に顔を出しに来るという気遣いに

とても感動しました。

「自分も来年は差し入れを持って行こう!」

という気持ちになりました。



午後の勉強の後は

みんなで夜ご飯を食べて盛り上がり、

その後も勉強をして新年を迎え、

引き続き勉強をしました。

初日の出を見られなかったのは

残念でしたが、

家族や先生、仲間など

支えてくれるたくさんの人への感謝、

自分の限界を乗り越えた達成感など、

たくさんのことを味わえる

良い機会になりました。

年越し大特訓の最後に先生から

合格祈願のお守り、鉛筆、消しゴム

をいただきました。

今ではもう、

鉛筆も消しゴムも

かなり小さくなってしまいました。



今振り返ってみると、

塾での一年間

本当に色々なことがありました。

先生には

僕の模試の点数が上がったり、

勝木賞を取った時には

自分のことのように喜んで下さったこと、

悪さをした時には

しっかりと叱って下さったことなど、

たくさんのことに感謝しています。

また、

毎日送迎をして

ずっとそばで温かく見守ってくれた両親、

塾の帰りや休憩中には

友達として仲良く話し

テストの時にはよきライバルとして

共に様々な試練を乗り越えて来た

仲間にもとても感謝しています。



支えてくれた多くの方々の期待に

応えるためにも、

残りの三日間

悔いが残らないよう勉強し、

人生で初めての

大きな難関を突破したいです。




3月26日(木)開講『春期スタートダッシュ講座』受講生募集中!!

星輝進学スクールの HPはこちらです
http://www.seiki-shingaku-school.com/
posted by ほりA at 16:08| Comment(0) | 卒塾作文

「第9期生・卒塾作文」そのN

【Hくん(APT2号)の卒塾作文:駆け抜けた一年間】


僕がこの塾に入ったのは

中3の春でした。

受験勉強というものに

不安を抱いていた僕は、

知り合いの紹介をきっかけに

入塾を決めました。



しかし、一学期の間は

「塾に通っている。」

ということに安心感を持ってしまい、

勉強に対する熱意が

薄くなってしまいました。

その結果、

一学期期末テストでは

自分の目標点には全く届きませんでした。



ですが、

この出来事をきっかけに

僕の勉強に対する姿勢は

変化しました。

それからは勉強量も増え、

一生懸命取り組むようになりました。

この努力がテストの結果に

しっかり反映されるかどうか

不安になりながら

勉強した時もありました。



ですが、

二学期中間テストでは

450点を越えることができ、

模試でも少しずつ

結果が出るようになりました。

最初は努力圏だった矢印が

可能圏、合格圏へと伸びていったのは

とても嬉しかったです。

また、9月からの過去問演習が

少しずつ自信につながっていきました。



12月31日から1月1日にかけて

24時間勉強したことは

僕の一生の思い出です。

塾生のみんなと勉強し、

ご飯を食べて

一睡もせずにやりきれたことは

今、受験勉強をしていても

「あの時できたのだから、

 あと少し頑張ろう!」

と思わせてくれます。

この経験は

家で一人で勉強していたら

知ることができなかったことだと思います。



そして、

僕はこの塾で

勉強面だけでなく、

人間としても

大きく成長できたと思います。

僕が間違った行動をしてしまった時には

先生は本気で僕を叱って下さいました。

この時、

僕はいかに気持ちが緩んでいたのか

に気付かされました。

それからは

自分自身を見つめ直し、

何が自分には足りていないのかを

しっかり考えられるようになりました。



また、

勉強をし続けても

成績が思うように伸びない時、

先生は具体的に何をするべきか

どんなことをしたらよいのかを

教えて下さいました。

だからこそ、

僕は常に前を向いて勉強できました。



今振り返ると、

この一年間は

あっという間だったなと感じます。

僕がこの環境にいられるのも

全ては先生や両親のおかげです。

集中できて

いつでも質問に行ける空間を

作って下さった先生、

毎日送迎をしたり

温かい言葉で応援してくれた両親に

感謝の気持ちでいっぱいです。



今、僕にできることは

最後の最後まで勉強して

小松高校に合格することです。

必ず合格して

真っ先に先生と両親に

感謝の気持ちを伝えたいです。



3月26日(木)開講『春期スタートダッシュ講座』受講生募集中!!

星輝進学スクールの HPはこちらです
http://www.seiki-shingaku-school.com/
posted by ほりA at 15:04| Comment(0) | 卒塾作文