2024年02月22日

第13期生 通常授業最終日

今日は第13期生の通常授業最終日。

つい先程、

授業を終えて塾生たちを見送った。

第一志望の高専や私立高校に合格し、

一足早く進学先を決めた塾生たちにとっては

今日が最後の授業となる。

そんな今日は

毎年恒例の卒塾作文を書く日だ。

今回も1人ひとりが

思いをこめて書いてくれていた。



20240222最後の通常授業中3.jpg

みんな、ありがとう☆彡



刻一刻と時間は過ぎ、

午後9時40分になった頃。

やはりこのメンバー全員に

私からの思いを伝えたい…

ということで、

20分ほど私から色々と話をした。



話し始めたら

次から次へと

伝えたいことが溢れてくる…。

このメンバーで授業をするのは

もう今日で最後なのかと思うと、

やはり寂しい気持ちが先に来る。

残された時間があまりに短いことに

どうしようもない気持ちで一杯になりながらも、

目の前の塾生たちに

一生懸命、熱く語ったつもりだ。



その中でも…

特に伝えたかったこと。

まずは、

キミたちがいてくれたおかげで

こうして今日まで授業ができたんだよ。

「ありがとう!」

という感謝の気持ちだ。

当たり前のように授業ができていたことは

実は当たり前のことではない。

このメンバーがこの塾で出会えたこと自体が

奇跡の出来事だということ。


そして、

これまでの頑張りよりも

これからの頑張りの方が

大切だということだ。

進学先や合否の結果も大切かもしれないが、

そんなことよりも

新しい環境で

どれだけ本気で努力できるかの方が

今後の人生を左右するということ。


私の思いが

中3塾生たちに

ちゃんと伝わっていたらいいな

と願っている。



今日受け取った1人ひとりの卒塾作文。

どの作文にも熱い思いが込められている。

感動した。

そんな素晴らしい卒塾作文を

次回以降のブログで載せていきます。

お楽しみに☆彡




成績アップ、

小松高校・上位校合格なら

星輝進学スクールに

おまかせください!!



2024年 春の特別企画
(新小4〜新中3)募集中です☆彡



星輝進学スクールWebサイトはこちら


posted by ほりA at 22:51| Comment(0) | 星輝の授業・生徒の様子

2024年02月16日

中3K 石川高専・電気工学科合格おめでとう☆彡

さて、先程のFに引き続き

今度はKが合格の報告にやって来た。

電気工学科に見事合格!!

この結果をもって

星輝進学スクールとしては

国立高専に3名受験し

3名全員合格が確定!!

TとFとK

3人とも合格おめでとう!!




Fとは違って

Kは教室に入ってくる瞬間から笑顔だった(笑)



Kは英語と国語が大の苦手。

と言うか勉強しようとしなかった。

数学・理科はそれなりにできるという状況で、

総合的な実力は平均程度。

そんな状況が中1から中3の冬まで続いた。



温厚でマイペースなK。

どんなにテストの結果が悪くても

真剣さを感じられない時期が

長く続いていたように思う。

(Kなりに真剣だったかもしれないが…)

私からだけではなく、

周りの友達からも

「もっと頑張ったほうがいいんじゃない?」

と言われることもあったほど。



石川県総合模試の結果でも

学校の実力テストの結果でも

合格が難しい状況であることは

誰の目にも明らかだった。

しかしKの凄さは

そんな状況をものともせずに

マイペースを保ちながら

彼なりの勉強を続けていることだった。


Kに指摘してきたことは山ほどあった。

年が明けて本番が迫る頃にも

追加で指摘したいことも山ほどあった。

でも、敢えてそれはせずに

私はKを見守ることにした。

Kのやりたいようにやればよいと

任せることにした。


Kは黙々と過去問演習を続けていた。

来る日も来る日も。

本番直前になってようやく

Kの真剣な表情を見れた気がした。

合格の可能性はわずかかもしれない。

でも可能性は0じゃない。

祈るような気持ちで

本番前日にKを送り出した。

「頑張って来いよ。」

と。


本番の翌日、

Kの表情は冴えなかった。

思うようにできなかったのかと

私はあまり多くを聞かなかった。

もしもの時のために

昨日まで周りの塾生たちと一緒に

公立高校一般入試の対策をしていた。


そして合格発表の今日。

何とKも

TとFに続き見事合格!

もう、信じられないくらい嬉しかった。

嬉しいというか

とんだサプライズというか…(笑)。



Kへ…

正直、みんながKのことを

心配していたと思う。

K自身も自分の実力が

石川高専のレベルに

遠く及んでない状況が続いていたことは

分かっていたと思うし、

その分TやF以上に

悔しい思いや苦しい思いを

たくさんしてきたと思う。


でもKも負けじと

最後までよく頑張った。

そして自分の力でつかみ取った合格。

見事な逆転合格だ!

石川高専・電気工学科

合格おめでとう☆彡

石川高専でも

Fと一緒にしっかり頑張ってな!!




成績アップ、

小松高校・上位校合格なら

星輝進学スクールに

おまかせください!!



2024年 春の特別企画
(新小4〜新中3)募集中です☆彡



星輝進学スクールWebサイトはこちら


posted by ほりA at 19:29| Comment(0) | 星輝の授業・生徒の様子

中3F 石川高専・電子情報工学科合格おめでとう☆彡

今日は昨日に引き続き

石川高専の合格発表の日。

つい先程、中3のFが

緊張しつつも照れた様子で

教室にやって来た。

結果を聞くと、

電子情報工学科に見事合格!!



私:「おっしゃーぁぁ!おめでとう!!」

F:「ありがとうございます(笑)」



私が喜ぶ様子を見て

Fはようやく満面の笑みを浮かべながら

改めて合格の喜びを噛みしめていた。



石川高専の電子情報工学科は

石川高専の中でも

言わずと知れた最高ランクの学科。

入塾時はパッとしなかったFの成績。

要の科目でもある数学は得意とは言えず、

石川高専合格は厳しい状況だった。



そんな状況でも、

Fは合格に向けて努力し続けていた。

特に年明けからの伸びは凄まじく、

過去問演習では

時に9割を越える結果を残せるまでに

大きく成長していた。



2月になる頃には

大きな自信をつかんでいたF。

でも、敢えて

油断しないように忠告する私。

そうこうしているうちに

2月11日(日)の本番の日を迎えた。

翌日、出来具合を聞いてみると…

「過去問と同じくらい解けました!」

と嬉しそうに話すF。

私もFも大きな期待を胸に

今日の合格発表の日を待っていた。

そして、

結果は見事合格だった。



Fへ…

Fも合格までは

色々と大変なこともあったね。

当初の実力と石川高専のレベルの差に

苦労したこともあったけれど、

Fは諦めずに最後までよく頑張っていたな。


年明けからは

Fの疲れてそうな表情を見るたびに

「大丈夫か?ちょっと疲れてそうに見えるぞ…。」

と声をかけていたけれど、

Fはいつも

「そうですか?大丈夫ですよ…。」

って答えていたよな?(笑)

あの時のFの顔つきは真剣そのもの。

本気を感じた。

私の見ていない所でも

相当頑張っていたという証だったんだと思う。


F、本当によく頑張った!

石川高専・電子情報工学科

合格おめでとう☆彡

石川高専でも

しっかり頑張ってな!!




成績アップ、

小松高校・上位校合格なら

星輝進学スクールに

おまかせください!!



2024年 春の特別企画
(新小4〜新中3)募集中です☆彡



星輝進学スクールWebサイトはこちら


posted by ほりA at 18:41| Comment(0) | 星輝の授業・生徒の様子