2020年02月06日

備えあれば患いなし

昨日の夜の授業中、

「パチパチパチ…」

と窓に雪が降りつける音がした。

待ちに待ったというわけではないが、

窓の音を聞きながら

ようやく石川県らしい冬が来たような感じがした。



天気予報でも

昨日の夜から今日の間に

雪が積もるようなことを言っていたので、

出勤前に雪かき用のスコップを

車に積んでおいた。

ようやく冬用タイヤも

その役目を果たす時が来たかのと

嬉しいような安心したような

気持ちにさえなった。



聞けば、

「2年前の大雪をきっかけに

 家族が除雪機を買ったんですけど、

 買ってから使う機会がなくて…。

 やっと使えるようになるかもです(苦笑)。」

なんていう塾生もいた。

確かに2年前のような

記録的な大雪は本当に困るが、

我々(北陸の人間)は

それなりに雪のある生活を

どこかで期待しているのかもしれない。



今日の朝、

外を見てみると…

見事に積もっていなかった(笑)

スコップも

冬用タイヤも

除雪機も…

その役目を果たす時は

もう少し先になりそうだ。



何かに対して

入念に準備したり

努力を重ねたとしても、

それらを活かせる機会が

すぐ目の前にやって来るとは限らない。

しかし、

いざという時には

日頃の準備や努力が実を結ぶ

ということは確かだ。



目の前のテスト結果ばかりを

気にする人は、

テストに出そうなところだけを勉強し、

出た結果に一喜一憂する。

もちろん思考や勉強方法は短絡的。

毎回がこんな調子だと

結果は良いものではなく

成績は安定しない。

大切なことは

長期的な視点で物事をとらえることだ。

今やっていることが

今後どのようにつながっていくのかを

イメージすることだ。



現中1・現中2生は

今月末に学年末テストが実施される。

もちろんその勉強も必要だが、

それとは別に

高校入試を意識した勉強も必要だ。

定期テストとはレベルも質も

大きく異なる入試問題。

そんな入試問題に対応するには

日頃からそれなりの準備と努力が

必要不可欠だからだ。



(石川県に)雪が積もるのも

(中3生以下の人たちにとって)高校入試も

もう少し先のことかもしれないが、

いつかその時は必ず来る。

備えあれば患いなし。

雪も高校入試も乗り越えていこう(笑)





3月26日(木)開講『春期スタートダッシュ講座』受講生募集中!!

星輝進学スクールの HPはこちらです
http://www.seiki-shingaku-school.com/

posted by ほりA at 11:07| Comment(0) | 日記

2020年01月31日

今日は私立高校一般入試

今日は私立高校の一般入試の日。

専願の人にとっても

そうでない人にとっても

4月から高校生となるための

重要な入試であることは変わりない。

多少の緊張もあるだろうが、

そんな時こそ落ち着いて

自分の力を出し切ってもらいたい。



さて、

今日の入試が終わったら

私立専願の中3受験生以外は

一刻も早く気持ちを切り替えて

次の入試対策に取り組まなければいけない。

公立高校一般入試まで

まだ1ヶ月以上ある。

方法・努力次第では

さらに実力を伸ばすことができる

本当に重要な時期に入った。

言い換えれば、

ライバルを追い越すことができる時期

ライバルに追い越される時期

に入ったということだ。



本気で第1志望校に合格したいのなら、

本気で気合を入れなおそう。

苦しいこともあるかもしれないが、

自分の成長を実感できる楽しみも

それ以上にある。

苦しみや楽しみが凝縮された

充実感たっぷりのこの時期、

共に熱く頑張ろう!!








「成績アップ、小松高校・上位校合格ならおまかせください!!」

星輝進学スクールの HPはこちらです

http://www.seiki-shingaku-school.com/
posted by ほりA at 11:51| Comment(0) | 日記

2020年01月27日

1月実施の石川県総合模試(第7回)と実力テスト(第3回)について

1月にも

外部の模試である

石川県総合模試(第7回)



南加賀地区・各中学校対象の

実力テスト(第3回)

以上2つの重要なテストが行われた。



それぞれの平均点は以下の通りだった。

【国語】
 模試:54.1
 実力:41.0(難)
※実力の国語で大失点した人続出!


【社会】
 模試:53.3
 実力:53.2

【数学】
 模試:37.9(難)
 実力:45.1
 ※やはり数学の壁は高い…

【理科】
 模試:56.4(易)
 実力:42.6(やや難)


【英語】
 模試:55.0
 実力:48.7

【5科】
 模試:256.5(標準)
 実力:230.5(難)


平均点および度数分布などの情報から

小松高校合格を目指す受験生は

模試:340点以上(可能圏:合格率70%程度)

実力:330点以上

取っておきたい内容だった。

※ボーダーラインは上記点数より

 20点ほど低い点数であると予想される



平均点が230点台の

今回の第3回実力テストにおいて

点数が大幅に下がったという人も多いはず。

第2回の実力テストと比べて

点数がかなり下がって

戸惑っている人もいると思うが、

まだまだ諦めてはいけない。



公立高校一般入試本番まで

あと40日ほどある。

ここからの40日は最も伸びる時期だ。

「プラス50点も夢ではない!」

は単なるキャッチコピーではなく、

実際にある話だ。

この時期の実力テストや

石川県総合模試で

よい結果が出ていなくても、

入試本番で自己最高点をとって

第1志望校に逆転合格していく塾生を

私はこれまでに何人も見てきた。



だからこそ…

もう一度言うが、

この最も伸びる時期に

自分が行きたいと思っている第1志望校を

絶対に諦めてはいけない。

急ピッチで理解不足の単元を復習し、

どんどん入試レベルの問題を解いて

様々なパターンに慣れること。

迷いや不安を断ち切って、

とにかくやるべきことに集中する。

悩んでいる暇があるなら

覚えていないことを覚えて

解ける問題を1つ1つ確実に増やそう。

この努力の積み重ねが

キミを大きく成長させてくれるのだから。



2月9日(日)には

石川県総合模試(第8回)が実施される。

入試本番前に自分の実力を試すことができる

最後のチャンスになるだろう。

この最後のチャンスを

入試本番のつもりで頑張ってもらいたい。





「成績アップ、小松高校・上位校合格ならおまかせください!!」

星輝進学スクールの HPはこちらです

http://www.seiki-shingaku-school.com/
posted by ほりA at 13:46| Comment(0) | 日記