2022年04月26日

令和4年度 石川県公立高校一般入試平均点

令和4年度の

石川県公立高校一般入試の

平均点が出た。

令和4年度 石川県公立高校一般入試平均点.jpeg

この平均点は

合格者の平均点のため、

受験者全体の平均点とは異なることに

注意してほしい。

上位校不合格者も含めた実際の平均点は

もう少し高くなると考えられる。



小松高校(普通科)のボーダーラインは

295点(平均点+60点)前後と言われている。

高倍率だった割には

ボーダーラインは低めだったが、

その原因はどうやら英語と社会だ。

特に英語が難しいと言われていた

今回の入試だが、

英語に加えて社会も

まさかの30点台!!

ボーダーラインが低くなるはずだ。



英語はここ数年で

長文が一段と長くなり

英作文などの設問が難化している。

それに加えて今回は

リスニングが難しい(速い)という

受験生には苦しい問題だった。

今後も英語の入試問題は

高いレベルを維持することだろう。



また、社会に限らず

石川県公立高校入試問題では

記述問題がカギを握っている。

問題文や出題者の意図を正確に読み取って

解答に至るまでの過程や表現を

簡潔にまとめる力が必要となるが、

やはりこれは一朝一夕には身につかない。



だからこそ、

現中学3年生はもちろんのこと、

それ以下の学年の生徒のみなさんに

改めて伝えておきたい。

それは、

なるべく早く

入試を意識した勉強を

始めてもらいたいということだ。

みなさんが思っているより

入試は難しいですから。

テスト前だけ勉強するとか

話になりませんよ。

本気で合格したい人、

今から始めましょう!!





成績アップ、

小松高校・上位校合格なら

星輝進学スクールに

おまかせください!!

星輝進学スクールWebサイトはこちら


新入塾生(小1〜中3)募集中です!!

お問い合わせはこちらから


posted by ほりA at 13:31| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。