2022年02月28日

「第11期生・卒塾作文」そのO

【Mくんの卒塾作文:努力し続けること】



私がこの塾に入ってきたのは

中1の冬でした。

この時の成績は正直、

自慢できるようなものでは

ありませんでした。

でも、

授業はとても分かりやすく

理解できなかったら

何度でも質問できるので、

苦手をなくすことができました。


中1の冬から中2の春まであった

長期の休校期間でも教室を閉めず

通常とは違う対応をしてもらえたおかげで

休校明けのテストでは

いいスタートが切れました。


夏期講習では

部活が忙しいということもあり、

最初はあまり行きたくありませんでした。

ですが、

1つ上の中3の人たちは

毎日来て頑張っているということを知り、

「自分もこのくらい乗り切ってやる!」

と思い、耐えることができました。

授業は予習はもちろんあり、

1学期に終えた単元の中でも

難しかったり間違えやすいものの復習、

自習にテスト…と

非常にバランスがとれていました。


定期テスト前になると

専用のワークを使って演習をして

間違えやすい問題を

重点的に解説してもらい、

攻略することができました。


中3になり、

部活が終わった後からは

塾にいる時間が増え、

受験生だという自覚がわきました。

模試が始まると

学校や市の中だけではなく

県内の中での自分の状況を知り、

不安や恐れで

集中できないこともありました。


冬休みは受験前の

最後の長期休みということで、

今までと比べ物にならないほど

努力することができました。


今までを思い返してみれば

努力を続けられたからこそ

模試や学校のテストで

良い成績を取れたのだと思います。

結果として

第一希望の学校には

行くことはできませんでしたが、

後悔することは何も残っていないし

諦めずに努力すれば

結果が出るということを

実際に経験することができました。

高校生活でもこの経験を活かして

頑張りたいです。




成績アップ、

小松高校・上位校合格なら

星輝進学スクールに

おまかせください!!

星輝進学スクールWebサイトはこちら


3月24日(木)開講

春期スタートダッシュ講座

受講生募集中です!!

お問い合わせ・お申し込みはこちらから

posted by ほりA at 17:43| Comment(0) | 卒塾作文
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。