2021年03月04日

「第10期生・卒塾作文」そのJ

【Sくんの卒塾作文:私の“塾人生” 〜経験を活かし、伝えられること〜】



私は、塾とは

勉強しかしない空間だと思っていた。

中学生になるまでには

塾に入ろうと思っていたが、

小学生の頃は塾に通っておらず

塾のことは全く分からなかった。

どの塾に入ろうかと迷っていた時に

友人がこの星輝進学スクールを

紹介してくれた。



この塾に初めて足を踏み入れたのは

私の1つ上の先輩の授業を

見学する時だった。

その日のことは

なぜかよく覚えている。

少年野球の練習から帰って

すぐ塾へと向かった。

車の中で塾のことを想像していた。

授業は22時までだったが、

その日は21時に帰宅した。

数学の授業で出てきた

円周率Πの印象が強かったのだろう。

帰りの車の中では

Πのことを話していた。



その次に塾に来たのは

体験授業の日だ。

その日は国語のプリントをした。

どのような文章だったかは

覚えていないが、

難しかったという記憶がある。

また、友人が

そのプリントを提出する時に言った

「お願いします。」

という言葉を先生が聞き間違えた。

その時、教室に笑いが起こり、

私の中の塾のイメージが

180°(弱)変わった。

この授業後に入塾手続きをした。

2018年3月、

私は星輝進学スクールに入塾した。



すぐに春期スタートダッシュ講座が始まった。

1日おきで塾に行って授業を受けた。

まだ中学生にもなっていない私は

この講座で数学と英語の

2単元くらいを学んだ。

先取りの学習のため

学校の授業に

難なくついてくことができた。

先取り学習は

講習会の時だけではなく

通常授業でも行うため、

塾の授業で理解し

学校の授業でより深く理解する

ということができた。

しかしそれは

先取り学習のおかげだけではなく、

塾でたくさんの応用問題に

触れていたからというのもあるだろう。



定期テスト前には自習室に来て

学校のワークにも取り組んでいた。

分からない問題があれば

質問ができたため、

自習室での勉強時間は

良いものだったと思う。



色々あって

2020年3学期下旬、

学校は休校。

しかし、塾は開いていた。

もちろん、

換気・手洗い・消毒をしながら。

もしもここで

塾が開いていなかったら

私は確実に勉強をしていなかっただろう。

宿題などの最低限のことは

やっていたかもしれないが、

+αの学習はしなかっただろう。



読者の皆さんは今、

「良かったね。」

と思っているかもしれない。

しかし、

良くないこと…、いや、

精神的に辛いことが

この時に起こっていた。

仲間が消えたのだ。

私にこの塾を紹介してくれた友人、

私がこの塾を紹介した友人が消えた。

塾に話せる人がいなくなってしまった。



休校が終わり、

1学期が終わり、

夏期講習が始まった。

例年であれば夏休みは約40日だが、

学校は休校の分を取り返すため

2週間しかなかった。

しかし、ここで

言葉にできないほど面白い子が入塾して

塾が再び明るくなった。

話を盛っていると思った人も

少なからずいると思うが、

盛っていない。

本当に面白い子。

以降、相変わらず

塾の明るさは継続されていた。



2020年12月31日を迎えた。

星輝進学スクールの大イベント、

『年越し大特訓』。

勉強はもちろんした。

でも、楽しいこともたくさんした。

カレーを食べたり、

先輩の話を聞いたり、

おやつを食べたり、

お弁当を食べたり、

外に出たり、

ドーナツを食べたり、

雪だるまを作ったり…。

勉強は大変だったが

大変さ以上の楽しさがあった。



そして今、受験直前。

私を車に例えるなら

残り5Lのガソリンを

あと2週間で使い切る感じ。

辛いことも色々あったが、

それらの経験は全て

私の肥料になり

私を成長させてくれた。

本当にラスト。

頑張りたい。



読者のみなさん、

星輝進学スクールのホームページ、

さらに

私の卒塾作文をご覧いただき

ありがとうございます。

もし塾を迷っている人がいるのであれば

私は自信をもって

この塾をお勧めします。

まだ私は合格していませんが、

この塾で学び

正しいことをすれば

志望校に合格することができるでしょう。

いや、できます。

ありがとうございました!!!





「成績アップ、小松高校・上位校合格ならおまかせください!!」
星輝進学スクールの HPはこちらです
春期スタートダッシュ講座(新小4生〜新中3生)・共に頑張る同志を募集中です☆彡



posted by ほりA at 11:51| Comment(0) | 卒塾作文
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。