2021年02月23日

「第10期生・卒塾作文」そのA 

【Kさんの卒塾作文:この1年を通して】



私は中学3年生になる3月末に

この塾に入りました。

私は、もう受験生になるから

塾に行かなくてはいけないな

と考えていて、

どこの塾に行こうか迷っていました。

その時、星輝進学スクールのチラシを

目にしました。

春期講習の体験ができると知って

体験してみたところ、

授業は分かりやすくて面白く

自分の力になりそうだなと感じました。



最初は

この塾はどういう場所で

どのように勉強していくのか

自分に合っているのか

などと不安なことはありましたが、

今は

この楽しくて集中して勉強できる

星輝進学スクールを選んで

よかったなと思っています。



夏休みに入り

夏期講習が始まりました。

1日に何時間もずっと勉強するのは

大変そうだと思いましたが、

時間が過ぎるのはあっという間で

1日の授業も夏期講習も

すぐに終わってしまったように感じました。

でも、その時間の中でも

先生の授業や話から

学べることはたくさんありました。



冬になって

冬期講習が始まり

いよいよ受験が近づき、

勉強にもどんどん力を

入れていくようになりました。

そしてやって来た

『年越し大特訓』。

2020年は新型コロナウイルスの影響で

24時間はできなかったですが、

みんなと朝から年を越すまで

長時間勉強ができてよかったです。

長時間勉強することは

あまりやったことがなかったけれど、

集中力を切らさずに勉強ができました。

年越し大特訓には

この塾の卒業生の先輩方が

たくさん応援に来てくれて、

色々と話をしてくださいました。

その中でどの先輩方も

「最後は自分を信じる。」

とおっしゃっていて、

その言葉がとても心に響きました。

受験に向けて

自分を信じられるような努力を

しようと思いました。

受験前日や受験本番、

結果が分かってから

「もっと勉強しておけばよかった…。」

などど後悔することがないように、

「自分なら大丈夫だ!」

と自信を持てるようにしようと思いました。

今まで自分の成績や実力に

悩むこともあったけれど、

今からももっとラストスパートを

かけていこうと思っています。



この塾に入って、

受験生になって、

中1・中2の自分よりも

少し変われた気がします。

私はこの塾で

時間の大切さを学びました。

もちろんテストなどを解くときの

時間配分のことも大切で、

私は数学や英語の時間配分が

うまくいかないことがあったので、

テストの時間の使い方を

見直すようになりました。

テストの時間配分以外にも

1日の時間の使い方を学びました。

私たちは誰でもみんな平等に

1日24時間があって、

その中でどうやって勉強すればよいのか

と考え、

中1・中2の頃よりも

時間を有効的に使えるようになった

と思います。

この時間の使い方を

これからも大切にしていきたい

と思います。



この1年はあっという間で、

ものすごく時間が過ぎていくのが

早く感じられました。

今はこの星輝進学スクールに入って

よかったなと思っているし、

これからも全力を尽くして

頑張りたいと思います。



「成績アップ、小松高校・上位校合格ならおまかせください!!」
星輝進学スクールの HPはこちらです
新規入塾生(新小1生〜新中3生)・共に頑張る同志を募集中です☆彡



posted by ほりA at 13:54| Comment(0) | 卒塾作文
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。