2021年02月22日

令和3年度 石川県公立高校入試出願状況

石川県公立高校入試の

出願状況および倍率が

今日発表された。

石川県公立高校入試出願状況


率直な感想を言わせてもらるなら…、

「低っ!」

だ。

小松高校は普通科と理数科の合算で

1.19倍と

それなりの倍率が出ているが、

小松明峰高校は

1.04倍と

かなりの低倍率だ。

小松商業や小松工業となると

倍率が1を切っている所がほとんどだ。



低倍率ゆえに

競争がそこまで激しくないことで

合格しやすくなる

という状況であることは確かだが、

だからと言って

楽観視してばかりはいられない。

特に、普通科の進学校に行くつもりの人は

高倍率を勝ち抜いてきた

他の学区にいるレベルの高い生徒とも

3年後の大学入試で競い合うのだ

ということを決して忘れてはいけない。

そのためにまず、

高倍率だろうが低倍率だろうが

努力して自分を磨いて高校入試に挑んで

自分のレベルを上げていこう。

残り2週間、

まだまだ頑張ろう!!




「成績アップ、小松高校・上位校合格ならおまかせください!!」
星輝進学スクールの HPはこちらです
新規入塾生(新小1生〜新中3生)・共に頑張る同志を募集中です☆彡



posted by ほりA at 23:28| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。