2021年02月19日

2020年度 第8回石川県総合模試 結果など

2月7日(日)に実施された

石川県総合模試(第8回)の

結果が出ました。

まず平均点は以下の通りです。

上段:小松高校理数科志望者平均点(平均偏差値59.4)
中段:小松高校普通科志望者平均点(平均偏差値56.5)
下段:受験者全体の平均点(偏差値50)


【国語】
64.1点
64.2点
57.3点

【理科】
79.3点
71.7点
60.6点

【英語】
86.2点
80.6点
67.7点

【社会】
63.5点
58.3点
47.7点

【数学】
67.5点
62.8点
52.6点

【5科】
360.6点
337.7点
285.6点



最終回である第8回は

平均点が280点を越えており、

全体としては簡単だった。

英語と理科が易しめであり、

この2教科である程度得点できていないと

厳しめの判定が出たと思われる。



小松高校理数科であれば

5教科合計377点(偏差値62)で

B判定(合格可能性60%以上)、

小松高校普通科であれば

5教科合計338点(偏差値57)で

B判定(合格可能性60%以上)が出ている。



さて、

2月17日(水)から

石川県公立高校の願書出願が始まり、

いよいよ受験校決定の時期に入った。

受験校決定の際には

石川県総合模試の結果だけではなく、

これまでの学校の成績(テスト結果・通知表)や

過去問での得点状況など

総合的に見ていく必要がある。

が、

何より重要なのは

受験者本人の気持ちだ。

志望校のレベルと受験者本人の実力が

あまりにもかけ離れているのなら

話は別だが、

本気で志望校に行きたいと思っているのなら

入試本番までの残り17〜18日間を

思いっきり頑張って

志望校にチャレンジすればいい。

小松高校生になりたいのなら、

小松高校を受験する以外に

方法はないのだから。



入試直前のこの時期は

勉強のやり方次第で、

気持ち次第で、

まだまだ実力を伸ばせる時期だ。

2月の後半から

信じられないくらいに実力を伸ばし続けて

逆転合格を勝ち取った過去の塾生が

星輝進学スクールには何人もいるから、

全ての受験生に

チャンスはまだまだ残されているのだと

過去の経験からも自信を持って言える。



逃げればピンチ。

挑めばチャンス。

悔いのないように頑張りましょう。

応援しています☆彡



「成績アップ、小松高校・上位校合格ならおまかせください!!」
星輝進学スクールの HPはこちらです
新規入塾生(新小1生〜新中3生)・共に頑張る同志を募集中です☆彡



posted by ほりA at 16:13| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。