2020年06月10日

あの日の涙があったから…

中3塾生のS。

Sはマイペースで

コツコツと努力するタイプの塾生だ。

これまでの成績も比較的良好だった。

が、実は

約4ヶ月前に実施された

中2の学年末テストで

大、大、大失敗をした。

何と、定期テストにおいて

過去最低点数&過去最低順位

という

目も当てられない結果だった。

Sを落胆させるには

もう十分すぎる内容だった。



両親にもこっ酷く叱られたようだ。

この最悪の結果の原因は

自分自身の気の緩みだと

S自身も認めていた。

だから、

どんなに両親に叱られても

Sは耐えるしかなかった。



Sが中学3年となる4月。

コロナウイルスのことで

学校は休校、

部活は中止、

外出は禁止、

そして

大好きなゲームはもちろん禁止だった。



この間、

有り余った時間でSがやったこと。

それは

家で、そして塾で、

ただひたすら勉強することだった。

どんなに両親から厳しいことを言われても

「今は勉強しなければならない…。」

素直なSだからこそ

自分にそう言い聞かせながら

誰にも反発することなく

勉強を続けていた。

でも明らかにSは暗い様子だった。

会うたびに元気がなくなっていくSが

本当に心配だった。



4月になる頃だっただろうか。

塾にやって来たSを呼び止めて

少し話をした。

Sを責める気持ちは更々ない。

全てを受け止めるつもりで

私はSの言葉に耳を傾け続けた。



私:「我慢しなくていいんだよ。」

S:「…。」

私:「言いたいことがあったら
   言っていいんだぞ。」

S:「今は塾に行く以外は家から出てないし、
   ずっと勉強しています。
   正直、辛いです…。」

私:「そうか、辛いか。
   いや、聞かなくても分かるよ(苦笑)
   今日の涙があったから自分が強くなれた
   って言える日が来るといいな。」

S:「はい!」


初めは堪えきれずに涙を見せたSだったが、

話が終わる頃には笑顔も見えた。

「二度と同じことは繰り返さないぞ!」

という決意のようなものをSから感じた。

教室に戻って

いつものように勉強しているSが

少し逞しくなったような気がした。



先日、

4月に実施された

進級テストの結果が返ってきた。

Sが私を見るやいなや、

「この前の進級テストの結果が出ました。」

と言ってきた。

その結果は…

何と、

(確認テストにおいて)過去最高点数

そして

(全てのテストにおいて)過去最高順位

だった。

さらに、

初の学年TOP3にランクイン

というおまけ付き!

まさに、

過去最低から過去最高への

素晴らしい逆転劇。

感激もひとしおだった。



私:「すっげーな!やったやん!!」

S:「はい!(笑)」

私:「あの日の涙があったから、
   最高の結果が出たんだと思うぞ。」

S:「そうですね。」



この数ヶ月で

明らかにSは

一皮むけて成長した。

どんなに苦しい時でも

困難に立ち向かって成長する

という経験ができたのは

Sにとって大きな財産だ。

これからも

山あり谷ありだとは思うが、

Sには今回の経験を活かして

これからも成長していってほしい。







「成績アップ、小松高校・上位校合格ならおまかせください!!」

星輝進学スクールの HPはこちらです

http://www.seiki-shingaku-school.com/

新規入塾生(小1生〜中3生)募集中です☆彡


posted by ほりA at 18:03| Comment(0) | 星輝の授業・生徒の様子
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。