2020年03月11日

「第9期生・卒塾作文」そのO

【Sくん(APT1号)の卒塾作文:多くの支えがあったから】


僕は中学三年生の春に入塾しました。

初めは慣れない環境での緊張や

他の塾生と仲良くできるだろうか

という不安を抱いていました。

しかし、

みんなと勉強していくうちに

みんなの性格や特徴について

少しずつ理解し、

だんだん塾での学習にも

慣れていくようになりました。



そして新学期(三年一学期)を迎え、

僕は中学校の生徒会長や

部活動のキャプテンなどの

様々な役職や

校外スポーツクラブでの活動など

忙しい日々が続きました。

塾のスケジュールは

月・木・土の

午後8時から午後10時でしたが、

予定が合わないことが多く

僕はひと月に3、4回程度

参加できなかった授業分の

補講を受けていました。



先生がして下さる

補講の一つ一つが丁寧で、

先生が長い間磨き上げてこられた

深い知識や

問題を簡単に解くための

テクニックなどが

ぎっしとつめこまれたものでした。

補講を受けた時は必ず

授業を受けた後のような

しっかりとした理解ができていたことを

今でも覚えています。

先生の授業や補講は

とても分かり易く、

気軽に質問ができる有意義な時間でした。



また、

先生は授業だけでなく学校行事を

見に来て下さることもありました。

例えば、運動会で

僕が開会式であいさつを述べる時、

直前まで近くに寄り添って

緊張をほぐして下さったり、

合唱コンクールで最優秀賞を取った時は

公会堂にまで足を運び

応援しに来て下さったりと

普段塾では見ることのできない

先生の姿を見ることができ、

先生との関係も深まりました。



僕が塾で

最も印象に残っているのは

『年越し大特訓』

です。

12月31日の午前9時から

そのイベントが始まりました。

午前中の授業を終えると

先生が作って下さった

カツカレーを食べました。

香りが香ばしく、

ちょっぴりと辛さのある絶品でした。

その後も勉強を続けていると、

差し入れを持って来て下さる

保護者の方や卒塾生が

たくさんやって来ました。

僕は卒塾生が卒塾しても

また塾に顔を出しに来るという気遣いに

とても感動しました。

「自分も来年は差し入れを持って行こう!」

という気持ちになりました。



午後の勉強の後は

みんなで夜ご飯を食べて盛り上がり、

その後も勉強をして新年を迎え、

引き続き勉強をしました。

初日の出を見られなかったのは

残念でしたが、

家族や先生、仲間など

支えてくれるたくさんの人への感謝、

自分の限界を乗り越えた達成感など、

たくさんのことを味わえる

良い機会になりました。

年越し大特訓の最後に先生から

合格祈願のお守り、鉛筆、消しゴム

をいただきました。

今ではもう、

鉛筆も消しゴムも

かなり小さくなってしまいました。



今振り返ってみると、

塾での一年間

本当に色々なことがありました。

先生には

僕の模試の点数が上がったり、

勝木賞を取った時には

自分のことのように喜んで下さったこと、

悪さをした時には

しっかりと叱って下さったことなど、

たくさんのことに感謝しています。

また、

毎日送迎をして

ずっとそばで温かく見守ってくれた両親、

塾の帰りや休憩中には

友達として仲良く話し

テストの時にはよきライバルとして

共に様々な試練を乗り越えて来た

仲間にもとても感謝しています。



支えてくれた多くの方々の期待に

応えるためにも、

残りの三日間

悔いが残らないよう勉強し、

人生で初めての

大きな難関を突破したいです。




3月26日(木)開講『春期スタートダッシュ講座』受講生募集中!!

星輝進学スクールの HPはこちらです
http://www.seiki-shingaku-school.com/
posted by ほりA at 16:08| Comment(0) | 卒塾作文
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。