2020年03月11日

「第9期生・卒塾作文」そのM

【Yさんの卒塾作文:五ヶ月で学んだこと】


私は十月の初めに入塾しました。

一、二年の時は

部活中心の生活を送っていたため、

勉強をする機会がなく

勉強の仕方を知らないまま

三年になりました。



三年になり

家族に塾を勧められましたが、

自分の変なプライドにより

塾に行くことを拒んでいました。

しかし、

塾に行っている友人の話を

聞いているうちに、

「塾って楽しそうだなぁ〜。」

と興味を持つようになり、

その興味を持ったことが始まりとなり

塾に行くことを決意しました。



初めて塾で授業を受ける日、

私はみんなと馴染めるか

という不安を持っていた反面、

少しワクワクした気持ちも

持っていました。

私が受けた初めての授業は

英語でした。

この頃の私は

do、is、areの違いも分からず、

英語のテストでは

勘で答えを書くほど

英語ができませんでした。

そのため、

先生に当てられても何も言えず、

先生が何を言っているのかも

分かりませんでした。

この時、

私は自分の出来なさを

痛感させられました。

このことがきっかけとなり、

自分を変える努力を始めました。



十月の授業は正直、

楽しいとは言えませんでした。

自分の能力が

みんなに追いついていなかったため、

授業でも模試でも

遅れをとっていました。

しかし、

学校の授業を真面目に聞き

分からなかった所を

先生に聞くようにしたことで

少しずつ塾の授業にも

ついていくことができるようになり、

気持ちに余裕を持てるようになりました。



授業を受ける度に

ほかの塾生の考え方から

新しい考えを持つことができ、

毎回の授業で自分の知識を

深めることができました。

それからの二ヶ月はとても短く、

あっという間に

十二月が終わろうとしていました。



年末、

私たちは年越しの合宿を行いました。

今まで少ししか話したことがなかった

塾生ともたくさん話すことができたり、

とても長い時間勉強したりしたことで

思い出を作ると共に、

自分のモチベーションを上げ

入試に向けた勉強への意識も

高めることができました。

また、私たちが勉強している中

たくさんの差し入れを

持って来てくださった

保護者やOBの方々への感謝を忘れず、

多くの人の支えがあって

私たちが勉強できているということも

学ぶことができました。

このイベントを終えた後は

勉強時間も増え、

自分を大きく成長させることができました。



一月、二月とまた

さらに速く時が過ぎていきました。

そして、早くも三月となり

ようやく入試の実感が沸きました。



私が入塾してから五ヶ月という

短くて濃い時間が経ち、

塾に入る前までは持っていなかった

多くの知識を得ることができ、

自分のこれからの生活への

良い影響となりました。

この五ヶ月で

自分を大きく変えることができ、

とても貴重な経験をすることができました。



高校では

塾で学んだことを忘れず、

たくさんのことに挑戦し、

もう一度

「成長できたな。」

と思えるような生活を

送っていきたいです。





3月26日(木)開講『春期スタートダッシュ講座』受講生募集中!!

星輝進学スクールの HPはこちらです
http://www.seiki-shingaku-school.com/
posted by ほりA at 14:38| Comment(0) | 卒塾作文
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。