2018年03月02日

「第7期生・卒塾作文」そのO

【Kくんの卒塾作文:本当にありがとう】


僕は、この塾に来て

変わったことがたくさんある。



まず第一に、

勉強に対する考え方だ。

僕はここに通う前は

部活が第一で、

勉強は第二、三と後回しにしていた。



その頃は、

「勉強なんて、何のためにするのだろうか?」

と思っていた。

しかし、この塾に来てからは

「勉強は目標や夢に向かって

 自分のためにするもの」

という考え方に変わった。



僕は夏期講習をきっかけに入塾した。

入塾してすぐの時は

「あー、勉強するより、

 部活しとった方がいいー。」

みたいな感じだった。

そこで、先生は

「勉強も部活のように思うと、

 少しは楽になる。」

と教えてくれた。

僕は、そんなはずがないと思った。

勉強と部活は別物だと…。

しかし、

先生の言葉は本当だった。



部活を引退して

いよいよ受験に向かって

勉強をするだけとなった時に、

「いやだなー。」

という気持ちが込み上げできた。

そこで、

先生に言われた

勉強も部活のように思ってみた。

すると、不思議なことに

何だか少し楽になった気がした。



僕は夏休みの間

行けるときには

なるべく自習をしに行き、

苦手だった勉強を

少しずつ部活をしているという意識で

苦手意識を少なくしていった。



また、先生の授業には

とても驚かされた。

授業には先生のユーモアと分かりやすさが

これまた絶妙に組み合わさっていたのだ。

僕は先生の授業を初めて受けた時、

「何だ、この素晴らしい授業は!!」

と思った(笑)

僕はそんな授業のおかげもあって

勉強に対して今の考えを持つことができた。



そして第二に、

仲間の大切さだ。

塾で一緒に勉強をした仲間のおかげで

僕は大きく成長することができた。



冬休みの年末大特訓では

仲間と年越しで勉強をした。

その時に、仲間がいることで

「仲間に負けずに勉強をしてやる。」

という気持ちで勉強ができ、

とても勉強がはかどった。

そして、年末大特訓が終わると

仲間とやり切ったという

強い達成感に包まれた。



僕はこの塾で一緒に勉強した仲間に

本当に感謝している。

本当にありがとう。

僕はたった8ヶ月しか塾に通わなかったが、

本当にたくさんのことを

学ぶことができた。

学んだことを活かして

高校でも頑張りたいと思う。



最後に、先生。

僕を成長させてくれて

ありがとうございました。





「成績アップ、小松高校・高専合格なら
おまかせください!!」


小松市の進学塾・星輝進学スクールの
HPはこちらです☆彡

http://www.seiki-shingaku-school.com/

☆2018年度・春期スタートダッシュ講座は
3月26日(月)スタート!☆

新入塾生募集中です!!



posted by ほりA at 17:57| Comment(2) | 卒塾作文
この記事へのコメント
みんなの作文全部読ませていただきました。
卒塾生それぞれが堀江先生の授業や塾で、勉強だけじゃないことまでも、色んなことを得て学んでいた事がとても伝わってきました。
そして、全員が、この塾で良かった!とおもっているのも感じました。
私自身も大手の塾や他の個人塾など色々迷った結果、この塾に決めて通わせれたこと、本当に良かったと思っています。第1志望の高専には受からなかったものの、受けれるまでの実力や意識も持てるようになったこと、塾に通っていたおかげだと心から思ってます。
これから3年間、また受験生になってしまいましたが、この塾で得た気持ちを忘れず、また努力していってほしいと思います。
我が子は、終わったあと、もっとやれた、、と若干悔やんでいました。そのことに気づけただけでもほんと感謝です。
きっと彼は塾で過ごした数ヶ月間を忘れることはないと思います。
本当にお世話になりました。三年後に大学合格の報告に伺えるように、もうしばらく受験生バックアップの親でいますね(笑)
Posted by かんママ at 2018年03月02日 23:13
かんママさん

心温まるコメントありがとうございます。

毎年塾生たちには卒塾作文を書いてもらっています。多少のお世辞が含まれているかもしれませんが、これらの卒塾作文1つ1つは私の大切な宝物です。どんなに大変なことがあっても、塾生たちからの卒塾作文で救われたこと、励まされたこと、これまでに何度もあります。Kが書いてくれた卒塾作文を読んで、本当に感激しました。お礼を申し上げるのは、むしろ私の方です。

Kの高専入試の結果は、本当に残念でした。模試であんなに成果を出していたのに、過去問演習でも得点できていたのにと思うと、今でも悔しくて悔しくて仕方ありません。

しかし、星輝に通ってくれてから勉強の意識が変わったこと、勉強が好きになってくれたこと、目標に向かって努力することの意味を見出してくれたこと、そして人間的に大きく成長してくれたこと。ここでは書き切れないほど彼は成長してくれました。

このKの卒塾作文は、高専の合格発表の翌日に書いてくれたものです。本当はショックと悔しさで一杯のはずなのに、こんなに心をこめて卒塾作文を書いてくれました。Kの優しさ、人を思いやる気持ち、本当に心から尊敬します。

高校入試では悔しい思いをさせてしまいましたが、これからの高校3年間しっかり努力して、今度はぜひ希望の大学に進学してもらいたいと思います。そして、大きな夢をつかんでほしい。心からそう願っています。Kの夢が叶うよう、陰ながら応援しています。お時間がありましたら、また親子で塾までお越しください。お待ちいたしております。
Posted by ほりA at 2018年03月02日 23:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。