2018年03月02日

「第7期生・卒塾作文」そのK

【Hさんの卒塾作文:塾での思い出】


私は2年生の夏からこの塾に入りました。

この塾に入る前までは

別の塾に入っていて、

あまり成績を上げることができませんでした。



別の塾に入ろうか迷っていた私に、母が

「仕事を一緒にしている人の息子さんが

 塾をしているから行ってみたら?」

という一言から

私はこの塾に入ろうと思いました。



私は英語がとても苦手で

前の塾に入っていた時は

授業の内容があまり理解できず、

テストの点数は上がるどころか

だんだん下がっていく一方でした。

そんな時にこの塾に入りました。



初めは授業についていくので精一杯だったけど、

塾に通ううちに分かるようになってきて、

英語の点数が前の点数に戻るようになりました。



3年生になってからは

授業の数が多くなり、

内容もどんどん難しくなり、

学校の授業についていけるかとても不安でした。

でも、この塾があったから

授業の内容が分かり、

余裕を持って学校の授業に

取り組むことができました。



夏休みの授業では

昼の1時から夕方6時50分までの

授業がありました。

私は初め、

約6時間もずっと勉強することは

地獄だと思っていました。

でも、夏休みの授業は私の思っていた

地獄の約6時間の勉強とは違い、

意外と早く終わったことにビックリしました。

夏休みの授業に入る前に、

「夏休みの授業は、あっという間。」

という先生の言葉は

夏休みが終わってから

本当にそうだったなと思いました。



冬休みの授業は

夏休みの授業よりもあっという間でした。

冬休みの授業の中で印象に残っているのは

年末大特訓です。

夜ごはんのカツカレーはとてもおいしかったです。

英単語と化学式のテストでは

満点を取るには時間がかかったけど、

満点を取った時の達成感は

今でも心に残っているので、

テストをやってよかったなと思いました。



先生の授業は分かりやすく、

雑談を交えながらの授業はとても面白く、

ためになる話がたくさんありました。



私はこの塾に入ってよかったと思いました。



1つ目は、

この塾に入っていなければ

私の成績はもっと下がっていて

今、目指している高校には

手が届かなかったと思うからです。

この塾に入って

目指している高校へ受験できることができ、

本当によかったと思いました。



2つ目は、

勉強が前よりも

楽しく取り組めるようになったことです。

この塾に入る前まで私は

あまり勉強が楽しいと思ったことがありませんでした。

でも、この塾に入ってから

勉強が楽しいと思うことが増えたからです。






「成績アップ、小松高校・高専合格なら
おまかせください!!」


小松市の進学塾・星輝進学スクールの
HPはこちらです☆彡

http://www.seiki-shingaku-school.com/

☆2018年度・春期スタートダッシュ講座は
3月26日(月)スタート!☆

新入塾生募集中です!!



posted by ほりA at 15:11| Comment(0) | 卒塾作文
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。