2022年03月02日

令和4年度 石川県公立高校一般入試 〜それぞれの目標に向かって〜

石川県公立高校一般入試の出願倍率が

昨日確定した。

受験校を決めるまでに

色々と悩んだ人もいると思う。

今年の星輝の中3塾生たちも

それぞれの思いや考えがあり、

受験校を決めていった。


小松高校出願に限って言えば…

迷うことなく

小松高校にチャレンジする塾生、

高倍率に圧倒されながらも

小松高校にチャレンジすることを決めた塾生、

実力不足ではあっても

小松高校に果敢にチャレンジする塾生、

悩んだ末、あと一歩のところで

小松高校のチャレンジを断念した塾生、

十分に合格できる実力はあっても

別の進路を選択した塾生など、

状況は様々だった。


もちろん塾としては

可能な限り正確な合格可能性を

表面上の成績データだけではなく
(学校の実力テストや模試のデータのみの表面的な判断は危険)

塾生たちの日頃の様子と合わせて

塾生や保護者様へ伝達している。

現状の実力を客観的に見てもらい、

納得して志望校にチャレンジしてもらうためだ。


塾として不合格者を出したいわけではないが、

塾生の今後の成長のために

私は塾生や保護者様に

敢えて大きなチャレンジを提案することもある。

今年もそんな塾生がいる。

中でも塾生☆は

長い間星輝に通ってくれているが、

これまでに何度も私から注意を受けてきた。

第1志望校は小松高校。

本気でやってきていれば

もっと結果を出せているはずなのだが、

その本気がなかなか見えない塾生だった。

字が雑、

授業中は私の話を聞くだけで聴かない…など

問題点を挙げればきりがないが、

そのことについて

本人に注意するだけではなく、

保護者様にも電話や面談で

何度お伝えしてきたことか…(苦笑)

普通の考えなら☆のような塾生は

第2志望校合格へと導けばよいのかもしれない。

お互いどんなに楽なことか。

でも、そんな楽な道に☆を導いてしまえば

この先の☆の成長は止まってしまうに違いない。

勉強だけではなく、

世の中そのものを甘く見てしまうことだろう。

年が明けてから、

私は☆について思っていることを

☆の保護者様と何度も話し合ってきた。

☆の保護者様は

我が子を小松高校に受験させるべきかどうか

不安な気持ちもあって

初めは迷っている様子だったが、

「いつも☆のことをよく見ていただいて

 本当にありがとうございます…。」

と感謝の言葉と共に、

最終的に私の考えに賛同してくれた。

チャレンジ受験は

本人にも保護者様にも(私にも)覚悟が必要だ。

合格が厳しい状況であることは変わらないが、

☆本人のチャレンジしたいという気持ち、

☆保護者様のチャレンジさせたいという気持ち、

そして私の応援したいという気持ち、

紆余曲折もあったが

お互いの意思が1つにまとまって

☆は第1志望校の小松高校に

チャレンジすることになった。

頑張れ、☆よ!!


☆だけではなく

塾生たち全員に言い続けて来たことだが、

今年の小松高校受験組のレベルは

過去の塾生たちと比較すると

残念ながらかなり低い。

半年前では

小松高校志望者の半数は

小松高校に合格どころか

出願さえも考えられない状態だった。

それでも、

年が明けて2月、

飛躍的に伸びている塾生が次々に出てくる。
(毎年このパターンだ…笑)

石川県総合模試で

初めて合格圏に入った塾生、

公立高校一般入試の過去問演習で

ボーダーラインを大きく超えた塾生など、

入塾前では考えられないくらい

大きく成長している。

結果として今年は

約半数の塾生たちが

小松高校にチャレンジすることになった。



本番まで残り5日。

中3塾生のみんな、

合格目指して

まだまだ頑張るぞ!!







成績アップ、

小松高校・上位校合格なら

星輝進学スクールに

おまかせください!!

星輝進学スクールWebサイトはこちら


3月24日(木)開講

春期スタートダッシュ講座

受講生募集中です!!

お問い合わせ・お申し込みはこちらから

posted by ほりA at 12:44| Comment(0) | 星輝の授業・生徒の様子