2022年02月24日

「第11期生・卒塾作文」そのK

【Yくんの卒塾作文:濃すぎる1年】



私が入塾してからの1年間は

とても濃い1年だったと感じる。

入塾するまで私は

あまり勉強をしていなかった。

1年生の時は

うまくやり過ごせていたが、

2年生になると

成績が落ちていった。

3年生に上がる時に

成績を上げたいと思い、

自分の勉強を変えるため

3年生の春休みに

この星輝進学スクールに入塾した。


入塾した時、

いちばんに思ったことは

自分は英語が全然できないということだ。

その時の私は

be動詞もしっかりと理解できていなかった。

だから私は

英語を頑張って勉強した。


私が最初に受けた

春期スタートダッシュ講座を終えた後

学校へ行って授業を受けると、

学校の授業がとても簡単に感じた。

それに、

1学期中間テストを受けると

その前のテストから

100点近く点数が上がった。


夏休みに入り

夏期講習を受けて

長い時間勉強する体力が身に付いた。

また、1年生や2年生の単元を復習して

模試や確認テストでも

点数が取れるようになった。


2学期

冬期講習

年越し大特訓

これらを通して

私は小松高校に

出願できるようになった。

塾に入っていなければ

小松高校に出願できなかったと思う。

私がここまで成長できたのは

先生や塾に行かせてくれた両親の

支えがあったからだと思う。


私は塾に入ってから

すぐに成績が上がったので、

もっと早くから入塾していれば

もっと理解を深めることが

できたと思うので、

それが少し後悔である。

でも、成績を安定させられたのは

苦手だった英語や

数学の授業などを

1年を通して受けてきたからだと思う。

それに過去問演習では先生が

国語、社会、理科の記述の

細かい所を指摘してくれたことで、

よりレベルが上がったと思う。


1年でレベルアップした自分を信じて、

これからの入試

高校生活を

頑張っていきたいです。





成績アップ、

小松高校・上位校合格なら

星輝進学スクールに

おまかせください!!

星輝進学スクールWebサイトはこちら


3月24日(木)開講

春期スタートダッシュ講座

受講生募集中です!!

お問い合わせ・お申し込みはこちらから

posted by ほりA at 19:44| Comment(0) | 卒塾作文

「第11期生・卒塾作文」そのJ

【Yさんの卒塾作文:入塾して分かったこと】



私が星輝進学スクールに入ったのは

友達がいたからでした。

その時は

行きたい志望校があるわけでもなくて

ただ単に友達がいたから

と言う理由でした。

中2の時に成績を上げたいと思って

勉強を頑張ってみたけど、

一向に上がらなかったのを

覚えています。


最初は塾のみんなが

頭が良すぎて

ついていけないな

と思ったことも多かったです。

徐々に授業内容を理解したとしても

成績はあまり上がりませんでした。

苦手な社会を

全然勉強しなかったのが原因でした。

苦手な教科に対して

苦手だから勉強しないと

という考えがあまりありませんでした。

そんな時に

仲良しだった友達が塾を止めて

1人で頑張れるのかなぁ

と思いました。


しばらくして中3受験生になり

毎日勉強、勉強、勉強でした。

あまり頭が良くなく

テストや模試を解いても

何も分かりませんでした。

でも、

夏期講習や普段の授業を

受けていくうちに

数学の大問6や7などの問題が

どうやって解けばよいか

分かるようになりました。

それぐらいの時期に

学校の友達から

頭がいい

と言われるようになりました。


だんだん難しい問題にも

挑戦していけるようになって、

少しずつ点がとれるようになりました。

前までは定期テストの方が

いい点数をとれていたけれど、

今では確認テストや実力テストの方が

点を取れるようになりました。


だんだんと点がとれるようになったけれど、

勉強嫌いが直りませんでした。

勉強をしていても

したくないと思い、

集中力がなくなることも

しばしばでした。

そんなことが多くあったので

志望校に受からないだろう

と思っていたら、

学校の三者面談の時に

「志望校はこのままいけば大丈夫だろう。」

と言われてビックリしました。

自分が志望校に入れる可能性があると

思っていなかったからです。

でも、毎回の演習の時は

あまりいい点数がとれず

みんな頭がよく

いい点数をとっていて、

ただただ羨ましかったです。


今の時点では

合格できるか分からないけれど、

ギリギリで合格するのではなくて

余裕で合格できるように

頑張っていきたいと思います。


私が入塾して分かったことの1つが、

堀江先生の言うことを

きちんと聞く必要があるということです。

模試の演習や過去問の演習をしている時に

先生の言うポイントを

次のテストで気をつけながら解くと

そこの問題が正解できます。

例えば国語の最後にある

作文などです。

結論を書く時に

注意されたことを守ることで

点につなげることができました。

理科の記述や

社会の記述(目的と理由の違い)も

その1つです。

多くの言われてきたことを

気をつけたことで、

成績を上げることにつながったと思います。


堀江先生の言ってきたことは

高校受験だけでなく

これからの勉強にも

つながっていくと思います。

言われてきたことを全て思い出し、

入試本番に挑みたいです。





成績アップ、

小松高校・上位校合格なら

星輝進学スクールに

おまかせください!!

星輝進学スクールWebサイトはこちら


3月24日(木)開講

春期スタートダッシュ講座

受講生募集中です!!

お問い合わせ・お申し込みはこちらから

posted by ほりA at 19:10| Comment(0) | 卒塾作文

「第11期生・卒塾作文」そのI

【Kくんの卒塾作文:あっという間だった塾生活】



僕は中学2年生の11月頃、

この星輝進学スクールで

勉強を頑張ると決めて

入塾しました。

入塾したての頃は

成績がとても悪く

不安が大きかったです。

ですが、

自ら成績を上げたいと思い

ほぼ毎日自習室に来るようにしました。

それを積み重ねていくうちに

だんだん成績も良くなっていき、

嬉しさを感じるようになってきました。

“努力はうそをつかない”

という言葉は本当なんだなぁ

と実感しました。


僕が成績を上げることができたのは

毎週あった授業です。

先生が言っていることを

しっかり聞いてメモすることで

内容が頭に入り、

しっかり理解することができました。

聞く力は大切だと思いました。


このような大変かつ

楽しい日々を過ごしている間に、

いつの間にか

中学3年生になっていました。

中学3年生になった時に

急に“受験”という言葉の

重みを感じました。

その日から今が

あっという間に来て、

とても短く感じています。


第1回の石川県総合模試では

とても緊張して

頭が全然回らなくなったのを

覚えています。

結果も全然ダメでした。

とても悔しくて

ここからさらに勉強を頑張りました。

塾でもらった教材をやったり

定期テストの勉強をしたりしました。

2年から3年になる時よりも

100倍早く

日が経っていくように感じました。


楽しみにしていた

12月31日の

年越し大特訓の日を迎えました。

特訓の前は

「大変そう。」

というイメージが大きかったです。

ですが、その日振り返ると

「自分のためになったなぁー。」

という思いが強くて、

一段とモチベーションが上がりました。

そのこともあって

今まで全力で

勉強を頑張ることができました。


僕がここまで過ごしてきた日々の中で

最も大切だなと思ったのは

自分に勝つことです。

僕は途中で少しサボってしまったり

途中で気を抜いてしまうこともありました。

ですが、

志望校合格に向かって

そんな弱い自分に

勝つことができたと思います。


あと2週間ほどで

高校に向けての受験勉強が

終わってしまいます。

終わった後に

「頑張れたなー。」

と悔いの残らないように

あと残りの期間を

全力で頑張っていきたいです。


高校生活でも

塾で学んだことを活かして

頑張っていきたいです。

本当に短く感じた塾生活でした。

そして、

自分を成長させられる場にいれて

光栄でした。




成績アップ、

小松高校・上位校合格なら

星輝進学スクールに

おまかせください!!

星輝進学スクールWebサイトはこちら


3月24日(木)開講

春期スタートダッシュ講座

受講生募集中です!!

お問い合わせ・お申し込みはこちらから

posted by ほりA at 17:55| Comment(0) | 卒塾作文