2021年02月24日

「第10期生・卒塾作文」そのF

【Kさんの卒塾作文:一番大切なもの】



私が入塾するきっかけになったのは

先生の解説が分かりやすく

先生の話がためになる

というのはもちろんですが、

親の意見に反対するのは

のちのち面倒くさいことになりそうだから

という生ぬるい考えでもありました。

もちろん、

そんな理由で入塾したので

成績があまり伸びず

テストの点数も上がらない時期があり、

酷い時には

テストの点数が下がっている

ということさえありました。



当時の私は

ショックは受けていたけれど

あまり危機感はなく、

もっと上を目指そうとはしていなかった

と今になって思います。

忘れ物や字をきれいに書こうとしないなど

先生から指摘を受けていたにも関わらず、

真剣に直そうとせず

基本的な部分が抜けており

数学のテストなど

ちょっとした凡ミスが直りませんでした。



そんな中でも

少しずつ成績が伸びてはいましたが、

私が本当に変わったのは

公立高校の受験校を決定するために

塾で面談を行ったときでした。

その時にはもう冬期講習は終わっており、

本格的に私の第一志望校の学力試験が

近づいてきていました。

そんな時に先生から

「(目指すレベルに到達できないのは)

 自習に来ていないからだ。」

と言われました。

確かに私は

授業には毎回出ていたけれど、

自習には1週間に

多い時で1〜2回程度で、

行かない時もありました。

そんな私はもちろん

自習に誰が毎日来ているかなど知らず、

皆もあまり自習に来ていないだろうと

内心思っていました。

しかし、自習に行ってみると

私より点数が高い人は

私が思っていたよりも

毎日自習に来ていて

長時間勉強していました。

そのことを知り、

今まで私がどれだけ

浅はかな考えをしていたか

ということに気がついて、

自分が恥ずかしくなりました。



そこから、私は毎日

夕方6時から夜10時まで自習をし、

真剣に勉強に取り組み始めました。

しかし、

真剣に取り組み始めたとはいえ

もう冬休みも終わっていて

遅れてしまった分は

すぐに取り返せないと実感しました。

先生にも言われたのですが、

もうちょっと早く

この生活リズムをつくれていれば

今よりも賢くなれたのではと思いました。



他にも公立高校一般入試の過去問演習では

とにかく周りの人たちに

解く速さで負けないようにしようと

意識していました。

私は凡ミスが多いので

振り返ることを大切にしていました。



第一志望校の選抜学力試験の当日、

緊張はしていたのですが

自然に解けました。

最初の理科で時間配分を間違えてしまい

本当は解けていたであろう問題を

とばしてしまいました。

けれど、数学などは

塾で勉強したことなどが出ていたり、

他の教科は時間を意識して

問題を解くことができました。



まだ結果は分かりませんが、

塾に行ってなかった頃では

絶対にここまでできていなかった

と思います。

何をするにしても

一番大切なものは、

強い意志を持ち続けること

だと分かりました。

これからも強い意志を持ち続け、

努力していこうと思います。




「成績アップ、小松高校・上位校合格ならおまかせください!!」
星輝進学スクールの HPはこちらです
新規入塾生(新小1生〜新中3生)・共に頑張る同志を募集中です☆彡

posted by ほりA at 21:13| Comment(0) | 卒塾作文

「第10期生・卒塾作文」そのE

【Aさんの卒塾作文:塾に感謝を】



そろそろ受験モードに入らないとダメだ

と思い、この塾に入りました。

実際に授業を体験した時、

スピードが速くて

ついて行けるか不安でしたが、

思い切って入ってよかったです。



この塾の第一印象は

雑談が多くて教えるのが上手い先生と

あんまり話さない塾生たちの

静かな教室という印象でした。

でも、先生の雑談は面白くて

為になるものばかりだし、

塾生たちも頭がよくて

それぞれ個性がある人たちだと

塾に通うにつれて

だんだん分かってきました。



最初の方の数学の授業は

私たちの学校の方が進んでいて

塾では復習状態でしたが、

学校では習っていない解き方や

難しい問題が出てきて、

学校の授業や教科書は

中身がスカスカだんだなと思いました。

そのうち塾の授業が

学校の授業を追い越して、

塾でやって問題が

学校の授業やプリントに出てきて、

塾で解けなかった問題が解けた時は

とても嬉しかったです。

皆が解けなくて私が解けた時も嬉しくて、

「私は解けるんだ!」

「塾で習ったことがちゃんと頭に入ってるんだ!」

と思いました。

「勉強って楽しいんだな。」

「今まで出来なかったことができるって

 こんなに楽しいことなんだ!」

と思えました。

こう思えたのは

この塾に入ったおかげです。

この塾に入らなかったら

一番苦手な数学で

楽しいと思うことなんて

なかったと思います。

そう思わせてくれた先生には

本当に感謝しています。



過去問も5教科全てを

先生が1人で見て、

作文も記述も丁寧にチェックしてくれて

こんな先生は他にいないと思います。

いつもありがとうございます。



そして、やっぱりこの塾に入って

一番心に残ったイベントは

『年越し大特訓☆彡』です。

塾に入る前、

友達のMから話は聞いていましたが、

実際にやるとなると

すこし不安な思いがありました。

今まで1日中勉強なんてしたことがないし、

多くても6〜7時間でした。

実施前日の12月30日は

ドキドキで寝られませんでした。
(と思いましたが、寝ました。)

集中が続かないと思っていたけれど、

周りの皆が頑張っているし、

「自分も頑張ろう!」

と力が沸いてきました。

終わってみると長時間の勉強は

全然苦痛ではなかったし、

「私はこんなに集中できる人なんだ。」

と気付けました。

また、長時間一緒にいると

話す機会もちょっとだけ増えて、

塾生たちの新しい一面を

少しだけ知ることができました。

それも嬉しかったです。



こうして考えてみると、

私にとって塾生たちは

勉学において

一番の仲間であると思いました。

皆のことをまだ全然知らないけれど、

「この人たちと一緒に頑張りたい!」

と思えました。

入試まであと約2週間。

私は一番頭が悪いし、

誰よりも頑張らないといけないです。

結果がどうであれ、

後悔のないように

今を一生懸命頑張ります。




「成績アップ、小松高校・上位校合格ならおまかせください!!」
星輝進学スクールの HPはこちらです
新規入塾生(新小1生〜新中3生)・共に頑張る同志を募集中です☆彡

posted by ほりA at 14:49| Comment(0) | 卒塾作文

「第10期生・卒塾作文」そのD

【Iくんの卒塾作文:充実した塾生活】



私が入塾したのは

夏期講習の途中からでした。

塾での初めての授業は

『凸レンズ』の授業でした。

私が見落としていたり

知らなかったことがたくさんあり、

2時間半があっという間に

過ぎていきました。



入塾当初は私の学力は低く

最初の模試では努力圏でした。

ですが、

塾での学習を積み重ね、

判定は少しづつ上がっていき、

ついに合格圏A判定を

取れるようになりました。



堀江先生の授業は分かりやすく、

学校の先生の授業が

むしろ●●に思えました。

授業は面白いので

塾での勉強が苦痛だと

思ったことはありませんでした。



この塾の塾生は

自分の学校の友達と比べ

はるかに学力が高く、

最初はその周りのレベルの高さから

「自分はこの場所にいてよいのか?」

と思ったこともありましたが、

「塾内で上位に入ろう!」

と思い、そのことが

勉強を頑張れるきっかけの1つになりました。



授業がない日はほぼ毎日

自転車で塾に通い自習をしました。

その毎日自転車で

自習に通ったことにより、

学力以外にも

色々な力が身についたと思います。



年末の『年越し大特訓』は

コロナウイルスの感染拡大防止により

時短で行いましたが、

初めて年末を家以外の場所で

同級生たちと過ごしたこと、

年越しのタイミングを少しミスしたこと、

卒塾生の話など、

とても貴重な時間で

一生の思い出になりました。



塾では先生がしてくれる

今後役に立つかもしれないような

興味深い話も聞くことができ、

色々な社会の知識も手に入れ、

入塾当初と比べて

自分の価値観もだいぶ変わったと思います。

また、他の学校の生徒たちとの交流により

自分の学校のことしか知らなかった私は

新しい視野を手に入れることができ、

無事に志望校に合格することができ、

高校受験まで悔いのない

充実した生活を送ることができました。

星輝進学スクールで学習できて

本当によかったです。




「成績アップ、小松高校・上位校合格ならおまかせください!!」
星輝進学スクールの HPはこちらです
新規入塾生(新小1生〜新中3生)・共に頑張る同志を募集中です☆彡


posted by ほりA at 14:25| Comment(0) | 卒塾作文