2021年01月29日

中3第3回実力テスト平均点など

小松市・加賀市・能美市(南加賀地区)の

各中学校で1月12日(火)に

第3回実力テストが実施され、

すでに結果が返却されている。

今回は小松市内のある中学校で

塾生が学年1位と2位を揃ってGET!!

(Mさん、Rさん、おめでとう☆彡)



もちろん他の塾生たちも

上昇気流に乗ってきている。

去年の塾生たちもそうだったが、

まだまだこれから伸びていくはずだ。



さて、

今回の第3回実力テストの平均点は

以下の通りだった。

国語54.7点

理科36.2点

英語59.1点

社会51.3点

数学46.3点

合計247.6点


上位15%くらいまで(学校間で異なる)の得点は

400点付近であり

かなり得点しやすかった印象だが、

それでも平均点が250点以下であり

学力の二極化が起こっていると

改めて感じる。



特に英語。

安定した実力がなくても

70点以上は軽く得点できてしまう内容だ。

今回の平均点は60点こそ越えなかったが、

それでもこんなに簡単な問題でいいのか?

(まさか、英語が簡単…が今年のテーマか?)




今回も英語が100点だった塾生がいることに加え、

90点以上(しかも90点台後半がほとんど)の塾生が

半数もいる。

まさか公立高校一般入試で

こんなに簡単な問題は出題されないだろう。
(入試本番でこれだけ取ってくれたら嬉しいけどね…笑)




今回の第3回実力テストは比較的

英語と国語が得点しやすかったようで、

この2教科で得点できずに

相対的な順位が下がったという人が

ある程度いたのではと推測される。

やはり数学と理科(今回は特に)で

高得点を取ることは難しいからだ。



今回の第3回実力テストにおける

各高校の予想ボーダーラインは

小松高校(理数科)400点

小松高校(普通科)350点

小松明峰高校(普通科)280点

程度だと思われる。




これで学校の実力テストは終了。

客観的な実力を知れる機会は、

2月7日(日)に実施される

石川県総合模試(第8回:最終回)だけとなった。

今日は私立高校一般入試の日。

疲れもあるだろうが、

まずは約1週間後の石川県総合模試に向けて

頑張っていこう。




「成績アップ、小松高校・上位校合格ならおまかせください!!」
星輝進学スクールの HPはこちらです
http://www.seiki-shingaku-school.com/
新規入塾生(小1生〜中3生)・共に頑張る同志を募集中です☆彡

posted by ほりA at 14:20| Comment(0) | 日記