2020年12月21日

中3第2回実力テスト平均点など

小松市・加賀市・能美市(南加賀地区)の

各中学校で12月4日(金)に

第2回実力テストが実施され、

すでに結果が返却されている。

平均点は以下の通りだった。

国語46.1点

理科47.7点

英語62.2点

社会51.3点

数学43.5点

合計250.7点


第1回実力テストと比較すると

400点以上の高得点は

かなり減ったのではという印象。

そして、相変わらず英語が簡単。

平均点が60点を越えており、

英語が苦手な生徒でも

70点以上は取れてしまう内容だ。

星輝進学スクールでは

英語が100点だった塾生もいるし、

塾生のほとんどが80点台、90点台だった。
(英語が得意な塾生たち…という訳ではない)

まさか、公立高校一般入試の英語も

こんな簡単な問題なのだろうか?
(個人的にはそうは思えないが…)


合計の平均点が250点あたりということで、

合計の平均点だけを見れば標準だが、

やはり英語が明らかに簡単なため、

英語で得点できていないと

それだけで相対的な順位が下がってしまう。



今回の第2回実力テストにおいて

小松高校合格を目指す人は

5教科合計で340点は必要だろう。

380点以上であれば安全圏だ。




12月24日(木)には

2学期終業式が行われ冬休みに入る。

言うまでもなく、

この冬休みにどれだけ頑張れるかが重要だ。

必要な勉強を大量にこなして

年明けからの勉強につなげてもらいたい。



「成績アップ、小松高校・上位校合格ならおまかせください!!」
星輝進学スクールの HPはこちらです
http://www.seiki-shingaku-school.com/
新規入塾生(小1生〜中3生)・共に頑張る同志を募集中です☆彡

posted by ほりA at 15:48| Comment(0) | 日記