2020年11月11日

明日は中3第1回実力テスト

11月も中旬に入った。

明日はいよいよ中3生を対象に

小松市・加賀市・能美市の各中学校で

第1回実力テストが実施される。

石川県公立高校一般入試を意識した

実力テスト(11月・12月・1月の3回実施)は

これまでの定期テストや確認テストと比べて

難易度は格段に上がるため、

ちゃんとした実力がなければ

点数は大幅に下がってしまう。

明日のテストで

思うように解答できなかった中3生は

明らかに実力不足だということ。

至急、勉強方法を見直さなければならない。



さて、

実力テストの平均点は

例年250点前後であり、

小松高校合格を目指すなら

350点は得点しておきたい

というのが一般的な基準である。

が、今年は、

平均点がガタ落ちするのでは?

と思えて仕方がない。

なぜなら、

定期テストの平均点や

得点と順位の相関性から

明らかに今年は昨年と比較して

全体的な学力低下が起こっているからだ。



先月行われた2学期中間テストで言えば、

5教科合計410点程度で

上位10%あたりの順位(小松高校合格の目安)

が取れてしまうという状態の中学校が

複数あるというのが実状だ。

各中学校によって

人数規模も問題も異なり、

順位を出さない中学校もあるため、

正確な数値は出せないが、

例年よりも20点〜30点程低い点数でも

上位10%程度の順位が取れてしまう中学校が

複数あるというイメージだ。



まぁ、周囲の状況はどうであれ、

受験校決定に大きく関わる実力テストで

結果を出していくということは重要だ。

やはり、小松高校合格(大学進学)を目指すなら

5教科合計で350点は得点できる実力は必須。

中3生たちには

明日の実力テストを踏み台にして

より一層、受験勉強に励んでもらいたい。




「成績アップ、小松高校・上位校合格ならおまかせください!!」
星輝進学スクールの HPはこちらです
http://www.seiki-shingaku-school.com/
新規入塾生(小1生〜中3生)・共に頑張る同志を募集中です☆彡

posted by ほりA at 16:37| Comment(0) | 日記