2019年12月20日

12月実施の石川県総合模試(第6回)・実力テスト(第2回)について

12月にも

外部の模試である

石川県総合模試(第6回)



南加賀地区・各中学校対象の

実力テスト(第2回)

以上2つの重要なテストが行われた。



それぞれの平均点は以下の通りだった。

【国語】
 模試:50.2
 実力:62.0(易)
 ※模試が10点以上低い

【社会】
 模試:48.0
 実力:53.2

【数学】
 模試:38.5(難)
 実力:42.3
 ※やはり数学は高い壁か?

【理科】
 模試:49.5
 実力:47.2

【英語】
 模試:48.5
 実力:58.9(易)
※模試が10点以上低い

【5科】
 模試:234.5(難)
 実力:263.5(やや易)


平均点および度数分布などの情報から

小松高校合格を目指す受験生は

模試:310点以上(可能圏:合格率70%程度)

実力:350点以上

取っておきたい内容だった。



また、上記の目安に加えて

5教科合計点の差も

チェックしておく必要がある。

12月の模試および実力テストで

5教科平均点に関しては

実力テストより模試の方が

29点低い結果だったが、

実際はそれ以上に

かなりの差がある

という人も多いだろう。



今回の12月の模試において

小松高校普通科を第1志望にしている

受験生の平均点が

288.6点だった。

このことから、

比較的易し目な実力テストで

5教科合計350点程度を

得点できていても、

難度の高い模試では

5教科合計300点未満

となってしまった受験生は

それなりにいると思われる。



これは確かに厳しい状況ではあるが、

周りにもそんなライバルは

たくさんいるのだ。

だから…

まだまだ決して諦めてはいけない。

冬休みは死に物狂いで勉強して、

模試や入試レベルに対応できる実力を

つけていってほしいと思う。




結果がよかった人も

そうでなかった人も

次は、

実力テスト(第3回・最終回):1/9(木)

石川県総合模試(第7回):1/12日(日)

がある。

これらテストに向けて

全力で頑張ってもらいたい。





「成績アップ、小松高校・上位校合格ならおまかせください!!」

星輝進学スクールの HPはこちらです

http://www.seiki-shingaku-school.com/
posted by ほりA at 18:48| Comment(0) | 日記