2019年02月25日

「第8期生・卒塾作文」そのB

【Mくんの卒塾作文:『きっかけ』】

僕がこの塾に入った『きっかけ』は友達でした。

中3の夏休みが始まり、

友達の多くが他の塾の夏期講習に行っている中で

僕は課題を終わらせるだけの勉強をしていました。



そうして、あっという間に夏休みが終わり

いよいよ入試に向けて

勉強しないといけない時期がやって来ました。

部活も引退して放課後の時間が増えたけど、

僕はあまり勉強にやる気が出ませんでした。



そして9月が終わり

10月の終わりも近い頃、

そろそろヤバイなと自分でも思い、

友達が通っていたこの塾に入ることを決めました。

体験授業ではいきなり

6時間30分の勉強をしましたが

きつかったです。

自分の人生での勉強時間の最高記録を更新しました。

それから塾に通うようになりましたが、

勉強は塾、家ではゲームや好きなことをする

という毎日を過ごしていました。



12月の初めか中ごろ、

僕は授業がない日でも

自習に行くようになりました。

その『きっかけ』は先生との面談でした。

12月の模試でいい点数が取れなかった自分は

目標の石川高専を諦めようとしていました。

正直自分でも

「もう無理やろ。」

と思っていました。



でも、先生との面談で

「諦めるのは簡単やぞ。」

と言われて、心の中で

「諦めたくない。」

と思いました。



自分でもよく分からないけど、

その面談が自分が変わった

『きっかけ』だったと思います。

それから僕は

さらに自習に行くようになり、

勉強に対する意識が上がりました。



そして年末大特訓の日がやって来ました。

お知らせの紙をもらった時は

「不安」と「楽しみ」の両方でした。

でも終わってみると

達成感が大きかったです。



1月の模試で点数が上がった時は

嬉しかったです。

自分のやっていることは

無駄じゃないんだと思いました。

もっと努力をして

点数を上げたいと思いました。



そして、私立の受験、金沢高校。

特進コースを希望しました。

しかし、結果は進学コース。

高校生になれるという喜びもあったけど、

悔しさの方が大きかったです。

けど、次は石川高専なので

頑張ろうと思いました。



そこからは高専に向けて努力しました。

過去問を解きました。

難しい所も多くありました。

でも、自分が目標にしていた高校だったので

頑張りました。



そして高専の受験がやって来ました。

自分の全てを出しました。

しかし、結果はダメでした。

悔しかったです。



けど、落ちたその日に自習に行きました。

先生と話して

「どの高校に行っても努力次第で人は変われる。」

という言葉をもらいました。

その時僕は、

「まだ次があるから頑張ろう!」

という気持ちになりました。

また1つ『きっかけ』が増えました。



この塾に通い始めて

自分は前よりも成長したと思いました。

それは、自分が変わるための多くの

『きっかけ』

があったからだと思います。

その一番初めの『きっかけ』をくれたのは友達です。

だから僕は友達に感謝したいです。

また、多くの『きっかけ』をくれた

塾と先生にも感謝したいです。

もちろん親にも感謝したいです。



最後の公立受験。

悔いのないようにしたいです。





「成績アップ、小松高校・高専合格ならおまかせください!!」

星輝進学スクールの HPはこちらです

http://www.seiki-shingaku-school.com/

春期スタートダッシュ講座3月25日(月)開講

新規入塾生(新小1生〜新中3生)募集中です☆彡


posted by ほりA at 18:13| Comment(0) | 卒塾作文

「第8期生・卒塾作文」そのA

【Uくんの卒塾作文:塾を通じて】

塾に通い始めたばかりの頃は

先生から出された宿題しかしておらず、

なかなか予習することはありませんでした。

部活動もあり、

疲れから集中が足りないこともありました。



しかし、

部活動の大会や学校の運動会に

応援に来てくれている先生を見て、

先生が一生懸命に接してくれているのに

自分が真剣に取り組まないのはダメだ

と思うことが何度もありました。



土曜日の過去問演習+自習を始めると

とても時間が長く嫌に感じましたが、

何度も行うことでだんだんと慣れてきて

長時間勉強するということが身についてきました。

そのおかげで、

参加したくないと思っていた

年末大特訓にも挑戦し、

楽しくみんなで勉強することができました。

ほとんどの人が一回も寝ようとせずに

集中していたのはすごいと思いました。



年を越してからは

私立高校に向けての準備で

気合いがより高まりました。

学校では自分と同じ学校を受ける人が

例年に比べてとても少なく、

不安な気持ちもあり

自信がありませんでした。

それでも今までの努力を信じて

頑張っていました。

結果は、自分の希望していたコースに

合格しており安心しました。



しかし、その安心は一瞬だけであり

次は本当の目標である公立高校への対策が

本格的に始まりました。

何度も過去問をするうちに

自分の各教科の弱点が分かってきました。

先生が解答用紙に書いてくれる

アドバイスを見るたびに、

「しっかり全員の答えを全て見てくれているのだ。」

と感じ、ありがたいと思います。



公立本番まで残り約2週間となり、

塾に通い始めてからもう1年ほど経ちます。

長いようでとても短く感じました。

残りの短い時間を大切にし、

今まで先生に教えてもらったことを振り返り、

「最後に信じられるものは

 自分が積み重ねてきた努力」

ということを忘れずに、

今回の高校受験だけでなく

大学受験にもつなげていきたいです。



中学校3年生になってから通い始めたのは

遅かったですが、

この塾での経験や学んだことが

中学校3年間の一番の思い出です。





「成績アップ、小松高校・高専合格ならおまかせください!!」

星輝進学スクールの HPはこちらです

http://www.seiki-shingaku-school.com/

春期スタートダッシュ講座3月25日(月)開講

新規入塾生(新小1生〜新中3生)募集中です☆彡


posted by ほりA at 17:39| Comment(0) | 卒塾作文

「第8期生・卒塾作文」その@

【Mくんの卒塾作文:先生の存在】

今日で本当にこの塾をやめることに

僕も正直驚いていますが、

先生も驚いていることだと思います。

まずは、4年間本当にありがとうございました。



全く成績を伸ばすことができなくて

本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

とても手厚く指導してくれたにも関わらず

先生の期待に応えることが

できなかったことも悔しいです。



しかし、先生はいつも僕に声をかけ

分からないところがあれば

丁寧に教えてくれたり、

学校での出来事など

何かと僕のことを気にかけてくれて

色んな話をしましたね。



そう言えば、

初めてこの塾に来たのは

小学4年生でしたが、

その時は入塾することはなく

本格的に入塾したのは

小学6年生の頃でした。

苦手な算数を克服するために

ひたすら塾の教材と

週3日闘っていました。



塾に入ってからの1年は

あっという間でした。

中学生になって部活も始まって

大変な時期がやってきました。

しかし、そんな時に塾に行くと

先生は僕のことを気にかけてくれて、

「部活は大変かい?」

「勉強と両立できてるか?」

そんな心配な声がありつつも、

明るく前向きに勉強、部活動を

両立させるための原動力は

家族はもちろん、

先生もその1人だったと思います。



やがて、またあっという間に

1年が過ぎました。

中学2年生になりました。

当時は塾の中で僕の成績が1番悪く、

先生もショックだったと思います。

自分も正直その頃は

勉強が2で部活が8の割合でした。

いかに自分の勉強の仕方が

疎かだったのか後々気づいて

後悔しましたが遅かったです。

何だかんだでこの1年も

あっという間に終わり、

中学3年生になりました。



最後の総体に向けて

4月、5月、6月と忙しい時期で、

全くと言っていいほど勉強することがなく、

1日1日を過ごしていました。

気が付けば塾内の人数がどんどん増えていき、

先生はもうこんな僕を

かまうことはないだろうと思いましたが、

人数が増えても相手にしてくれました。



また、総体の時に試合を見に来てくれたこと、

自分が団長を務める中で

運動会を見に来てくれたこと、

今でも忘れないくらい嬉しかったのを

覚えています。



僕は思います。

塾生をこんな大切にしてくれる先生は

他にいないと思います。

僕のことを応援してくれたこと、

そして、いつでも

僕のことを気にかけてくれたこと、

勉強だけではなく

学校生活を心配してくれたことなど

他にもたくさんのことがありましたが、

どれもこれも思い出です。

そして、絶対にそれらのことを忘れません。



この塾に通って学んだことは

勉強だけでなく、

忍耐力、メンタル、継続力、集中力など…

まだまだたくさんありますが、

これらをバネにして

この塾で学んだことを活かしながら

高校生活を送りたいと思います。



最後に1つ…。

また次回の大晦日に

時間があれば顔を出します。

また、僕が20歳になったら

美味しいお酒を飲みに行きましょ!!



この作文を書いていると

涙が止まらなくなってきたので、

この辺で終わりたいと思います。

スイマセン…(笑)



本当に長い間お世話になりました。

ありがとうございました。

また高校で成長した僕に会うのを

楽しみにしておいてください!!






「成績アップ、小松高校・高専合格ならおまかせください!!」

星輝進学スクールの HPはこちらです

http://www.seiki-shingaku-school.com/

春期スタートダッシュ講座3月25日(月)開講

新規入塾生(新小1生〜新中3生)募集中です☆彡


posted by ほりA at 15:27| Comment(0) | 卒塾作文