2018年02月27日

「第7期生・卒塾作文」そのJ

【Gくんの卒塾作文:人生で最も短かった半年】


私がこの塾に入塾したのは

昨年の6月頃でした。

きっかけは

その頃に返されたテストが

悪かったことでした。

そのテストの結果では

志望校を受けさせてもらえないのではないかと

焦り始めました。



そのため勉強しようと思ったのですが、

自分1人では

どのように勉強したらよいか分からず、

親に相談すると

この塾の体験授業を受けることを

提案されました。



私は、とりあえず受けてみようと思い

体験授業を受けました。

体験授業では

周囲の人が自分よりとても優秀に感じ、

授業についていくので精一杯でした。



私は、この塾に入った後

授業についていけるか

心配になっていましたが、

志望校に合格するためには

このまま自分だけ勉強していても

勉強の質などが足りないと思い、

入塾させてもらいました。



それから私は

「絶対に成績を上げ、

 志望校に受かってやる。」

という思いで勉強しました。



授業では堀江先生が

細かく教えてくれることを

聞き逃さないようにし、

自習は入塾前の家庭学習時間の

倍以上に取り組みました。



すると次のテストでは

5教科で100点ほど上がり、

「これまで何もしていなかったんだな。」

という反省と、

「100点も上がった。」

という喜びがこみ上げてきました。



そして夏期講習があり

「人生で一番勉強した夏休みだったな。」

と思いました。

そして、夏期講習が終わってから

ふと気づいたことは、

時間の流れが速く感じることです。

今までの6月〜9月頃までの時間の流れが

入塾前の倍以上に速く感じました。




それから約3か月後に

冬期講習がありましたが、

やはり夏期講習が終わった後から

冬期講習が始まるまでの3ヶ月と比べて

より一層速く感じ、

私はさらに焦りました。



冬期講習で

『年末大特訓』

というものがあると聞いた時は、

私にできるのかと

不安になっていましたが、

いざ始まってみると

意外と勉強することができました。



しかし、朝の3時頃は

睡魔とも戦わなければいけなくなり、

かなり大変な行事でした。

終わった時には

「私は約1日勉強した。」

という表現し難い達成感に満ちていました。



入塾してから約半年過ぎましたが、

今までの人生で最も勉強し

最も短く感じた半年だったと思います。



この塾でたくさんのことを

学ぶことができましたが、

それは先生の懇切丁寧な指導と

何よりもこの塾に通わせてくれた親、

送迎を協力してくれた姉と祖父母のおかげです。

とても感謝しています。

本当にありがとうございました。








「成績アップ、小松高校・高専合格なら
おまかせください!!」


小松市の進学塾・星輝進学スクールの
HPはこちらです☆彡

http://www.seiki-shingaku-school.com/

☆2018年度・新学年授業は
3月5日(月)スタート!☆

新入塾生募集中です!!



posted by ほりA at 18:36| Comment(0) | 卒塾作文

「第7期生・卒塾作文」そのI

【Yさんの卒塾作文:塾に通って】


私は中3の夏期講習から

この塾に入りました。



初めは、自分の志望する高校への

成績が大幅に足りず

塾に入る前は勉強自体を

諦めかけていました。



しかし、ある日のこと

学校で私の心友と話していた時、

気持ちの変化がありました。

彼女は私に、

「私、小松高校行きたい。

 それで、Yピーと一緒に高校生活をenjoyしたい!」

と言ってきました。

私もその人と同じ高校に行けたらいいなと思い、

勉強を頑張ろうと思えるようになりました。



でも、このままでは

絶体絶命の不合格ということを分かっていたので、

親に塾に行きたいと言いました。

親は反対気味でしたが、

自分の誠意を手紙で示し、

納得してもらいました。



夏期講習の期間は約1ヶ月。

私の場合、志望校はとてもハイレベルで、

人一倍の努力が必要でした。

だから、今まで怠ってきた勉強を真面目にやり、

自習にもたくさん行きました。

そして、勉強のやり方も進歩しました。

今まではダラダラとやっていたけど、

時間を決めて有効活用しました。



間違えたところは赤で書きなぐるだけじゃなくて、

解説も読みました。

分からない所は放っておかず、

先生や親に聞きました。

基本中の基本が分からない時は

整研を読み返しました。

親は、

「やってないやろ?」

と、ブツくさ言ってきましたが、

しっかりやりました。



そして夏期講習が終わり

8月の確認テストの日がきました。

テストの中には、

「あっ、これ授業であった!」

という問題がいつくかあり、

スラスラ解けました。

でも結果は、

4月の確認テストがたまたま良かったのか

あまり変わりませんでした。

でも、苦手な国語が結構上がったので

嬉しかったです。



まだ伸びしろがありそうだったので、

塾は続けることにしました。

しかし、現実は厳しいものでした。

テストの結果は

上がったり、下がったり、変わらなかったり…

を繰り返し、

とうとう落ちるところまで落ちてしまいました。



2学期くらいから

テストの内容は難しくなってきました。

そこで分かったのは

基礎問題ばかりやって成績を上げようとし、

応用問題を避けていたことです。

その時、もっと早く気がつけばよかったと

嘆いていました。



三者面談の時期に入り、

担任には

「圏外です。」

と言い迫られました。

2回目の時も言われ、

もう無理なのかなぁと思いましたが、

私と同じ高校を目指しているある友達が

「結構上がった!」

と言ってきて、

「まだやれる!」

と思いました。



ある日、親も私のことを諦めかけてきて、

「もう志望校を下げろ。」

と言ってきました。

自分でも絶対に無理とは分かっていました。

でも、ずっと目指してきたものを

どうしても諦めきれませんでした。



そこで親との対立が始まり、

毎晩のように言い合いしました。

とても困り果てて

塾の先生に相談してみると、

やはり

「小松高校は厳しい。」

という言葉が返ってきました。

「明峰は大丈夫。」

と言われましたが、

親には

「倍率が高いのに無理だ。」

と言われていました。



後日、塾の先生が

「挑戦してもいいし、

 他の高校を選ぶのも悪い道ではないよ。」

と言いました。

私は少し考えましたが、

小松高校が頭に浮かび、

その夜に親とじっくり相談しました。




次の日の朝、

志願変更ができる日がきて、

親は

「どうするん?」

と言ってきました。

私はランクを下げ、

「明峰を頑張る。」

と言いました。

「明峰も無理じゃない?」

と言われるかと思ったら、

お母さんが

「明峰を受けて落ちるより、

 小松高校を受けて落ちた方がいい。」

と言いました。



なぜ、いきなり

許す気持ちになったのかは分かりませんが、

あと少ししかないけど

ぶっ飛ばして頑張ろうと思いました。

夏期講習や冬期講習で

やらなかったページをしっかりやり、

塾でもらったワーク類を

率先してやるようにしました。



私はこの塾に通って

自分の苦手ポイントをたくさん見つけ、

それを克服できるように

たくさん苦手ポイントをつぶしていきました。

学校では教えてもらえない

裏技的な解き方も習い、

避けていた応用問題にも

手をつけるようになりました。



もしこの塾に入っていなかったら

私は今頃、

路頭に迷っているナマケモノでした。

だから今は、

自分で決めた道を

まっすぐ進んでいこうという

前向きな気持ちでいるし、

志望校に万が一落ちても

悲観的な気持ちにならず、

そこからまた踏み台にして

もっと頑張ろうと思っています。



もうすぐ入試本番。

今までの勉強の成果を発揮する大舞台。

本番は落ち着いて、

一番肝心な体調管理もしっかりして、

挑みたいと思います。







「成績アップ、小松高校・高専合格なら
おまかせください!!」


小松市の進学塾・星輝進学スクールの
HPはこちらです☆彡

http://www.seiki-shingaku-school.com/

☆2018年度・新学年授業は
3月5日(月)スタート!☆

新入塾生募集中です!!



posted by ほりA at 18:11| Comment(0) | 日記

「第7期生・卒塾作文」そのH

【Yくんの卒塾作文:気持ちは大切】


私は2年生の秋ぐらいにこの塾に入って

毎日自習室があり

学校より速い授業をしていて、

これなら今までより

成績やテストの点数は上がる

と思っていたけど、

それは違った。



2年生の冬に冬期講習があり、

その時はまだ授業のことは何も考えておらず、

学校から出た宿題と塾から出る宿題をやっていれば

少しは上がると思っていたけど、

3学期になって学校のテストをやったが

点数が上がらず3年生になった。



部活も最後の大会で練習がハードで

その後に塾があり、

つらかったし、めんどくさかった。

私は毎日自習しに塾へ来るが、

部活の後であったため

あまり気持ちが入らず

ただ勉強しているだけだった。

それからのテストの点数もあまり上がらず、

部活が終わり何もすることがなく、

ゲームばっかりしていた。



夏期講習が始まり

授業が週に4回あって、

週に4回もあれば

テストの点数が上がると思っていたけど、

数学の点数は上がったが

あとの4教科は上がらず

その後の学校のテストや模試などは

上がったり下がったりで良い成績ではなかった。




冬期講習があり

そこでは一生懸命頑張ろうと思って、

塾の授業や自習をしていた。

毎年行われている年末大特訓のイベントで

1日中勉強して、

クラッカーと同時に年を越したのは

何年後も忘れないと思う。



3年の3学期が始まり

塾では公立の過去問をやっていたけど、

その点数も上がらず

何が足りないのか分からなかった。



考えてみると、今まで

「ただ、勉強しておけば大丈夫。」

と思ってやっていただけだった。

だからテストの点数が上がらなかったと思った。



だから、これからの人生の中で

勉強したり、仕事でのことは

気持ちを大切にして生きていきたいと思う。



まずは入試までの間

気持ちを込めて

これからの勉強をしていきたいと思う。









「成績アップ、小松高校・高専合格なら
おまかせください!!」


小松市の進学塾・星輝進学スクールの
HPはこちらです☆彡

http://www.seiki-shingaku-school.com/

☆2018年度・新学年授業は
3月5日(月)スタート!☆

新入塾生募集中です!!



posted by ほりA at 17:32| Comment(0) | 卒塾作文