2017年03月18日

第3期生Kくんの北海道大学合格体験記

一昨日の夕方、

北海道大学に合格した第3期生のKくんが

合格の報告に直接やって来てくれた。



Kくんの表情からは

これまでの努力から滲み出る

真の喜びが伝わってきた。

やはり、難関の大学受験を乗り越えた表情は

一味も二味も違う。



Kくんには中学生たちの前で

合格までの道のりについて

直接スピーチしてもらいたかったが、

まだ夕方だったので小学生しかおらず、

中学生はだれもいない…。

そんな状況を察知したKくんは

親切にも“合格体験記”を書いてくれた。


↓     ↓     ↓     ↓     ↓

***************************

☆Kくんの北海道大学合格体験記☆

【高校・大学受験の共通点】


僕はこの星輝進学スクールに入るまでは

ほとんど勉強をしてこなかった

ある意味“おちこぼれ”的な存在でした。



親の友人を通してこの塾の存在を知り、

11月末という入試直前期に入塾して

ここで勉強のやり方を教えてもらった気がします。



ここで教えてもらった勉強法は、

回数を重ねること

そして

実践を想定して勉強すること

でした。

この勉強方法は大学入試でも通じることが

多々あったと思います。



僕は高校入試と大学入試を通して

ある共通点を発見しました。

それは、

「志望校に合格したい!」という情熱を持つこと

志望校に見合った勉強法をすること

そして

受験勉強を通して自分に自信を持つこと

だと思いました。



どんなに潜在能力があろうとも、

勉強する方法を知らなければ

勉強方法を知っている人との差は

受験期間を通してだんだんと開いてくるものです。

その差は、合格・不合格が分かってからでは

もう埋めることはできません。



また、勉強方法を知っていたりしても

自分の視点でその方法がその人に

合っているか合っていないかを見極めることは

難しいと思います。



だからこそ、

勉強方法を教えてくれた堀江先生と共に

受験期を戦った塾生たちは

先生に感謝してもしきれないと思います。



受験は、両親・家族の支えがあったことも

自分が合格した要因の1つでした。

金銭的にも、精神的にも、身体的にも、

主な柱となったのは当たり前のことですが

大きな要因でした。

日々送り迎えをしてもらい、

温かい食事を用意してくれ、

イライラして当たっても

何も言わずに受け止めてくれた家族に

感謝したいです。



高校・大学受験を通して

自分が得たものを今後の糧として、

次のステージでも輝けるように

日々、一所懸命勉学に勤しみ、

多種多様な経験を積みたいです。



平成29年3月16日
第3期卒塾生 K

***************************


合格体験記を書き終わったKくんと

しばらくの間話していたが、

時間はあっという間に過ぎていった…。

Kくんが帰る時、

「またいつでも遊びに来てな。飯でも食べに行こう!」

と誘うと、こんな返事が返ってきた…。



「北海道は遠いんで、

 交通費のこともありますけど、

 北海道大学は1回生の終了時に

 学部試験(学科を決定する試験)があって、

 勉学に集中したいので

 1年間は戻ってきません…(苦笑)。」



このKくんの返事を聞けた時、

私は驚きと共に、本当に胸が熱くなった。



Kくんが信念を持って

遠く離れた北海道大学に進学したこと、

私が伝え続けてきた

「合格がゴールではなく、

その先にも大切なものが待ち構えている。」

ということを理解し実践してくれていることを

肌で感じることができたからだ。

本当に嬉しかった。



なるほど、どうりでKくんが

現役で北海道大学に合格できたわけだ。

しかも、高校3年間塾に通うことなしに…。



Kくんへ…

星輝を卒塾しても

高校3年間で大きく成長してくれたこと、

そして、そんな君なら

これからもさらに成長し続けられると思えて、

先生は本当に嬉しいよ。


改めて、

北海道大学合格おめでとう!!

今後、益々の活躍を期待しています☆彡







「成績アップ、小松高校・高専合格ならおまかせください!!」

星輝進学スクールの HPはこちらです

http://www.seiki-shingaku-school.com/


posted by ほりA at 16:40| Comment(0) | 日記

2017年03月17日

「第6期生・卒塾作文」そのQ

【Sさんの卒塾作文:塾に通って】


私は中学3年生の夏期講習から入塾しました。

入塾する前は、

「塾には行っても何も変わらない。」

と思っていました。

しかし、この塾に入って

自分を大きく変えることができました。



最初は時間が経つのが

すごく長く感じました。

でも、だんだん慣れてきて、

最後にはあっという間に

授業が終わった感じがしました。



また、周りの人は

勉強ができる人ばかりなので

自分の勉強の甘さを知ることができました。

少しでもみんなに追いつこうと思い、

宿題をする前はノートに書いたことを思い出し、

見直す習慣がつきました。



夏期講習は時間が長く内容も濃いので、

とてもよかったです。

この塾に通っていなかったら

勉強時間も短く、

内容が濃い勉強ができなかったと思います。



そして、何より自分を変えられたのは

『年末大特訓』があったからだと思います。

最初はすぐにギブアップしてしまうと思い、

不安しかありませんでした。



でも、実際やってみると

何回か睡魔におそわれたけど、

みんなに負けたくないと思い

頑張ることができました。

自分が予想していたよりも

頑張ることができてすごく嬉しかったし、

達成感を感じました。



また、晩御飯では

先生が作ってくれた

おいしいカレーも食べることができたし、

おやつもたくさんあり、

みんなでカウントダウンをして

楽しく過ごすこともでき、

とても充実していました。

普段あまり話さない人とも

話すことができてよかったです。



このように塾で

充実した日々を過ごせたことにより、

1月までは模試の結果もよかったです。

しかし、2月の模試では

結果がすごく悪くなってしまい

落ちこんでいました。



でも、先生がアドバイスをくれて、

「頑張ろう!」

という気持ちになりました。

また、先生が添削してくれたプリントを

見直し、復習したことで自信がつきました。

そして、小松高校に合格することができました。



合格できたのは、

星輝進学スクールで整った環境で

内容の濃い授業を受けることができ、

そして、仲間に会うことができたからこそだと思います。



今まで支えて下さった

両親、仲間、先生に感謝したいです。

本当にありがとうございました。






「成績アップ、小松高校・高専合格ならおまかせください!!」

星輝進学スクールの HPはこちらです

http://www.seiki-shingaku-school.com/


posted by ほりA at 15:49| Comment(0) | 卒塾作文

2017年03月16日

平成29年度高校入試結果

昨日は公立高校一般入試の合格発表の日。

正午が過ぎ、

1人、また1人と塾生から結果報告をもらった。



今年の塾生たちの第1志望校に対する

熱い思いやチャレンジ精神が凄かった。

全員が自分の意思を貫き、

塾生たちは入試本番に向けて

最後まで本当によく頑張っていた。

だから、塾生たち全員の合格を

ずっと、ずっと、祈っていた。



しかし、残念ながら

全員合格とはならなかった。

合否の結果こそ分かれたが、

全ての塾生が最後まで

第1志望校合格に向けて果敢に挑戦し、

入試を通して大きく成長してくれた。



だからこそ、

その成長を無駄にしてしまうような高校生活を

送ってほしくはない。

次のステージでも輝き続けていてほしいから。



合格できたからといつまでも浮かれることなく、

不合格だったからといつまでも落ち込むことなく、

3年後の大学受験などに向けて

気持ちを切り替えて、

新たなスタートをきってほしい。

これからも戦いは続いていくのだから。





最後に…

これまで一緒に頑張ってくれた塾生たちに

心から言いたい。

「本当にありがとう!!」

君たちと共に学び、

苦楽を共にできたことは

私の一生の宝物です。





【平成29年度 高校入試合格実績】

◇公立高校◇

小松高校:12名

小松明峰高校:3名

◇国立高専◇

石川高専:2名

◇私立高校(専願)◇

金沢学院高校:1名







「成績アップ、小松高校・高専合格ならおまかせください!!」

星輝進学スクールの HPはこちらです

http://www.seiki-shingaku-school.com/

posted by ほりA at 09:17| Comment(0) | 星輝の授業・生徒の様子